MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
遠征シマアジ&イサキ五目を堪能せよ【東伊豆・網代南沖】

遠征シマアジ&イサキ五目を堪能せよ【東伊豆・網代南沖】

欲張り派はもちろん、グルメ志向の釣り師達がこぞって大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。その初日、二日目の様子をチェックしてきたので、さっそく報告していこう。

perm_media 《画像ギャラリー》遠征シマアジ&イサキ五目を堪能せよ【東伊豆・網代南沖】の画像をチェック! navigate_next

気軽にエントリーできるプチ遠征釣りが好発進!

二流し目に3㎏の良型を仕留めた荻原愛斗さん。「ここには10㎏を超すオオカミも潜んでいますからね。侮れないですよ」とのこと。

激うまと言われるアカハタもいる。

泳力が強いシマアジ。ドラグ設定は緩めが基本で、走らせてから締め上げよう。

釣行レポートでお馴染みの芝真也さんも解禁直後の様子をチェック。良型イサキを連発させていた。

シーズン初期のシマアジは、食べごろサイズの1〜1.5㎏がアベレージ。

口が弱く、ハリ穴もすぐに大きくなるシマアジ。取り込みはハリスのテンションを保ち、必ずタモで掬ってもらうこと。

シーズン初期のシマアジは、食べごろサイズの1〜1.5㎏がアベレージ。

ウハウハですわ!

多点掛けのイサキを抜き上げる時は、エダスの結び目を持ってイッキに引き抜くこと。躊躇すると船べりに当たるなどでミスするので要注意。ちなみにポイントの水深は、40〜60mが中心。

ダブル、トリプル連発、入れ食いモードも味わえる!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・網代港「ゆたか丸」。

「毎年、開幕直後は海水温が低く、シマアジはもちろん、どの魚も本来の食いを見せないんだけど、今期はすでに水温が高いと聞いているから期待が持てるんじゃないかな」と出船前に明るい見通しを語ってくれたのが、遠征五目釣りにアツい情熱を注ぐ網代港「ゆたか丸」の森野孝船長だ。
すでに写真を見て、お分かりだと思うが、この船長の読みはズバリ! 的中。仕掛け投入一投目からシマアジがヒットする展開に、お客さんたちも大興奮。お土産のイサキはもちろん、本来はGWあたりから釣れ出す良型マダイまで浮上するなど、二日間とも終始笑顔の釣行が楽しめたのだ。
「幸先良すぎる感もあるけど、この水温が続けばこのままイッキに本格化(良型のヒラマサやカンパチなどが出る)もあるんじゃないかな」と微笑んだ。ちなみに釣り方は、オキアミを使用したコマセ釣りだ。
「遠征って言うと、敷居が高いイメージがあるけど、南沖はその入門コースで、マダイ釣りの延長(タックルも流用できる)と考えてもらって良いからね。ぜひ釣れている今、チャレンジしてみて! 良い思いができると思うよ」と船長が締めた。

以上の記事は「つり丸」2018年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル