MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
銚子沖のメヌケ釣り、本格シーズンインの兆し!【千葉・銚子沖】

銚子沖のメヌケ釣り、本格シーズンインの兆し!【千葉・銚子沖】

今年はやや遅れ気味だった犬吠埼沖のメヌケ釣りがここにきて上向いている。銚子外川港から出船している「福田丸」では、3~4㎏前後の良型主体に5㎏オーバーの大型もまじりで6点掛けなど、「提灯行列」も見られるようになってきた。

perm_media 《画像ギャラリー》銚子沖のメヌケ釣り、本格シーズンインの兆し!【千葉・銚子沖】の画像をチェック! navigate_next

4~5㎏級連発! そろそろ大型多点掛けも!!

今回メヌケを狙った「侍ドクター」近藤惣一郎。取材当日はあいにくの食い渋りだったが、大型の本命をゲット! 「深海釣りは楽しいですね。しかもメヌケは食味も最高!次回は提灯行列を狙いますよ!」

船ベリにマグネット版が埋め込まれており、そこに仕掛けを並べて投入するのが基本形。トモから順番にひとりずつ投入するので、トラブルのないよう準備しておこう。

どやさ!

ドクター近藤がこの日持参したタックルは、竿が「マッドバイパー深海H-195」リールは「シーボーグ1200MJ」。「マッドバイパー」が、この日はとても貴重だった本命のアタリを明確に伝えてくれた。「シーボーグ1200MJ」は「マリンパワー3000」と同等のモーターを搭載したパワフル使用。キハダや深海釣りで大活躍してくれる。

この日は4〜5㎏級が連発だった。

オモリは500号が基本(潮が速いときは800号も)。仕掛けは10本バリ。仕掛けやエサは船宿で購入できる。

4月に入り提灯行列が増えてきた!! 

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・外川港「福田丸」。

「今年は潮がおかしくてね、なかなか食いがよくならなかったんだけど、4月に入ってよくなってきましたよ。これからおもしろくなってきますよ!」と「福田丸」福田 稔船長。「侍ドクター」近藤惣一郎が乗船した日は食いが上昇する前の3月下旬だったが、それでも単発ながら大型メヌケが次々と上がった。
「深場釣りは巻き上げのときのワクワク感がたまりませんね!」とドクター近藤。
「福田丸」は6月ごろまでメヌケ乗合で出船予定。本番はこれからだ!

以上の記事は「つり丸」2018年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
アカムツ全国大ブレイクの聖地“カンネコ根”が乗っ込みシーズン開幕!!最高のメタボボディと激うま求めて基本テクニックを磨こう!
関東で、生きイワシ釣りのヒラメが解禁!沖の魚礁とツブ根をラン&ガンで攻める夏ビラメは、エサの扱いと投入のスムーズさがカギ!高水温&高活性の釣りを楽しもう!
外房大原の根魚五目!今シーズンは開幕からキントキが絶好調!多点掛け連発の爆釣も!釣って良し、食べて良し!マハタも掛かって大満足だ!
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
いよいよ夏タチ本番!上向き傾向!!アジは安定して数釣り好調!!一度の乗船で2倍楽しめる!鴨居大室港「福よし丸」の東京湾タチウオ&アジリレーを紹介!
最新記事
アカムツ全国大ブレイクの聖地“カンネコ根”が乗っ込みシーズン開幕!!最高のメタボボディと激うま求めて基本テクニックを磨こう!
関東で、生きイワシ釣りのヒラメが解禁!沖の魚礁とツブ根をラン&ガンで攻める夏ビラメは、エサの扱いと投入のスムーズさがカギ!高水温&高活性の釣りを楽しもう!
シノビテングハギ(スズキ目ニザダイ科テングハギ属)北限は伊豆諸島利島沖。三重県志摩市でも見つかっているが、鹿児島県屋久島以南では珍しい魚ではないだろう。
感度と操作性にこだわった次世代ひとつテンヤロッド「がま船 ひとつテンヤ真鯛3」
東京湾の夏といえば、江戸川放水路「林遊船」が提案する“カスタム和船”で攻める湾奥マゴチゲーム!“新江戸前の釣り”の本番はこれからだ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル