MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
波崎沖のメヌケ釣りは深海釣りの真骨頂を体感できる【茨城・波崎沖】

波崎沖のメヌケ釣りは深海釣りの真骨頂を体感できる【茨城・波崎沖】

TEAM OKAMOTOが咲かせる大輪の緋花! アブラボウズまじりで今後も期待十分だ!!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

そして手にしたビッグワン! ビッグサイズまじりの提燈行列!!

TEAM OKAMOTOのメンバーとともにメヌケを狙ったディープマスターテル岡本。「魚がかたまりだして、これから狙い目ですよ!」

グッドサイズ! これ1匹でもお土産は十分。今後はこんなサイズの提灯行列も期待できる。

この日は3点掛けまでだったが、これからはズラズラズラ~っと連なってくれるだろう。

この日は3点掛けまでだったが、これからはズラズラズラ~っと連なってくれるだろう。

テル岡本が持参したのは、新型リール「コマンドZ‐15 キンメスペシャル」。キンメ漁師のプロユースにも対応する高性能、高耐久深海リールだ。

「ディープオデッセイ モデルR」が海底からのシグナルを明確に伝えてくれる。しっかり底ダチが取れて、なおかつ竿先が敏感な竿が理想だ。

仕掛けは「フジッシャー毛鈎」「激臭匂い玉」「マシュマロボール」でドレスアップ。それぞれ効果があるので、ぜひお試しを。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「仁徳丸」。

巻き上げも終盤を迎える頃、垂直だったラインの角度が浅くなる。良型、または多点掛けで魚が付いている証拠だ。
ざわめき始めるのは船上の釣り人と洋上のアホウドリ。
水深数百メートルの底から待つ事十余分。電動リールの巻き上げがストップした途端にラインは一気に走り出し、はるか前方に弾ける緋花に歓声が上がる。
紺碧の海面に花開いた大輪。青と赤の鮮やかなコントラストを気の済むまで眺めていたいところだが、そうもいかない。浮いた魚の周りに瞬く間に舞い降りるアホウドリたち。その嘴を突き立てられたら瞬く間に大輪は萎んでしまう。そんな不安も抱えつつ、勝利の余韻を噛みしめながら一手、また一手、緋色の華を手繰り寄せる。
そして手にしたビッグワン!
ビッグサイズまじりの提燈行列。ヘビータックル深海釣りの真骨頂を体感できるのが波崎港「仁徳丸」のメヌケ釣り。
この日は4㎏を頭に船中9本に8㎏弱のアブラボウズ2本。
今期釣況が遅れ気味で「やっと魚がかたまり始めたイメージ」だと三橋正幸船長。
メヌケの腹に負けぬ程、「爆釣」に期待膨らむ波崎沖だ。

以上の記事は「つり丸」2018年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル