MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
洲崎沖のイサキはこれからが数釣り本格シーズン!【南房・洲崎沖】

洲崎沖のイサキはこれからが数釣り本格シーズン!【南房・洲崎沖】

春の訪れとともに、釣果の知らせを聞く「イサキ」。まず南房総で最初の声を聞き、徐々にそのイサキ前線は房総半島に沿って北上していく。本日お邪魔した「早川丸」が宿を構えるのは洲崎栄ノ浦港。房総半島最南端、東京湾の入り口の洲崎灯台の麓に位置し、まさに南房イサキのスタート地点。今年も3月1日に開幕を迎えた。

perm_media 《画像ギャラリー》洲崎沖のイサキはこれからが数釣り本格シーズン!【南房・洲崎沖】の画像をチェック! navigate_next

いつ爆釣に転じてもおかしくない。Xデーは近いぞ!

どのポイントも反応は濃い!

洲崎沖〜波佐間沖の水深40〜70mを狙った。

食いが立てば一荷もある!

付けエサは細かく切ったイカタン。

30cm以上の良型が多い!

「早川丸」の仕掛け。

洲崎沖のイサキは、これからがベストシーズン。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・洲崎栄ノ浦港「早川丸」。

例年より1週間以上も早く都内の桜は満開を迎えて、すっかり春爛漫。釣り人にとって春の訪れを実感する釣り物とは何だろうか?
気温の上昇とともに人気も過熱する、春の釣り物の代表格は「イサキ」だろう。シーズン開幕の声をまず南房総で聞き、じょじょに房総半島に沿って北上していく。3月に開幕を迎えたイサキの好漁場の一つ「洲崎沖」の様子はどうだろうか?
イサキ釣りに精通した洲崎栄ノ浦港「早川丸」の早川元樹船長の話では、「3月1日の開幕早々にちょっと釣れる日があったが、その後は東京湾から流れてくる冷たい雪解け水の影響なのか、底潮がまだ冷たくてボチボチという状況。でも、魚群探知機にはびっちりとイサキの反応が写っているから、いつ爆釣に転じてもおかしくないよ。Xデーは近いんじゃないかな?」とのこと。
釣行日はまだまだ水温も安定せずに、定数の50匹に達するというほどの爆釣ではなかった。しかし場所によっては良型イサキが入れ食い。そして何より、魚探に映し出される20m幅のイサキの反応には期待せずにはいられない。
イサキはちょうど梅雨の頃が、白子や真子を抱えてベストシーズン。さあ、これからいよいよ本格シーズンに突入する!

以上の記事は「つり丸」2018年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル