MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
プラスαがウレシイ!! 相模湾のアジ&中深場五目【相模湾】

プラスαがウレシイ!! 相模湾のアジ&中深場五目【相模湾】

今回届いた取材ミッションは片瀬江ノ島港「島きち丸」のアジ&中深場五目。聞けばビシアジ道具のままで深場も狙う釣りだとか。これなら船長に呆れられたり笑われたりしないわけで、懐かしさも手伝いいつも以上に期待に胸躍らせての釣行となった。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

アジのお土産をキープしたら、あとはじっくり深場でサプライズゲストに期待

相模湾のアジ釣りが食い活発! 数釣りが楽しめそうだが、それにプラスアルファで中深場の根魚も狙える釣りがあるのだ!

お土産十分!!

アジは活発! 2点か、3点掛けだ。

ビシアジタックルのテンビン、ビシはそのまま、仕掛けだけ替えれば、ほら、キンメが釣れました!

クロムツやシロムツなど、深場のおいしい魚たちが食ってくる。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・片瀬港「島きち丸」。

湘南のシンボル江の島。その付け根にある片瀬港の「島きち丸」がアジ&中深場五目乗合いを開始した。
『アジ五目』は他船でも聞くが、「島きち丸」のそれはビシアジを狙った後(もしくは前)に、タックルはそのままにテンビンから先の仕掛けだけを付け替えて、250m前後の中深場を狙い、メダイやムツ、キンメを始めとした様々な美味しい中深場の魚達を釣っちゃおうというものだ。
「春先のアジが不安定な時期にやり始めたんですけど、アジ道具のままでできるっていうところがウリですかね。最近は、一日アジばっかりだと飽きちゃうとか、アジばかり50匹も60匹も要らない、って人も増えて来ているので、この釣りが結構な人気なんですよ」とはアジ五目船を担当する池田勝船長だ。
アジはこのところ好調で土産には困らないが、深場の方は濁り潮と潮の流れが鍵。
「適度に濁った潮が入って来れば、深場にいる魚達も250m前後に上がってきて口を使います」と船長。
取材日は潮が澄み厳しい状態だったが、いい潮になればアラやアカムツなども期待出来るという。アジのお土産をキープしたら、あとはじっくり深場でサプライズゲストに期待する。釣り人の欲張り心を満たすなんとも楽しい釣り物だ。

以上の記事は「つり丸」2018年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
最新記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル