MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
春本番! 食い本番! 浦賀沖のビシアジ【東京湾・浦賀沖】

春本番! 食い本番! 浦賀沖のビシアジ【東京湾・浦賀沖】

3月も半ばを過ぎて、すっかり春めいてきた。この記事が掲載される頃、読者の方はゴールデンウィークの釣行の予定を立てておられる頃だろう。連休におすすめしたい安定度抜群の釣り、いや鉄板の釣りと言っても過言ではないのが、浦賀水道のアジ釣りだ。

トップは110匹、2番手は105匹と2名が束越え。もうクーラーに入らないから、と途中で道具を仕舞った人もいたほど

脂が乗った食べごろサイズが空振り無しで釣れ上がる!

東京湾浦賀沖でアジが入れ食い! 束釣りも珍しくないぞ。

春は潮が濁ってクロムツがまじることも多い。

この日は100匹超えが2人。クーラー満タンで早じまいした人もいたほど。

掛かったアジにマトウが食いついた。マダイやヒラメが食うこともあるので油断できない。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・浦賀「前田丸」。

春本番。水温も徐々に上昇し、浦賀水道のアジが絶好調状態に突入、春の訪れを待ってました、とばかりの食いっぷりが続いている。
浦賀港の「前田丸」は周年東京湾口のアジを狙う専門船だ。「前田丸」のポイントは浦賀水道一帯になるが、季節、潮回りや潮色によってアジの釣れる場所は変わってくる。アジのポイントを知り尽くしている前田悦男船長がこの日に選んだのは行程20分の浦賀沖90mだった。
開始からいきなり良型アジの3点掛けが飛び出した。タナを合わせると空振りなしでアタリがくる。20㎝から30㎝と食べ頃サイズのアジがそろい、クーラーはどんどん埋まっていった。
外道にまじったのはクロムツやマサバ。日によってはアジの仕掛けにマダイ、ヒラメ、青物が食ってくることもあるので油断は禁物。強い引きがきたら慎重に上げよう。
アジの食いは衰えないまま沖揚がりを迎え、トップは110匹、2番手は105匹と2名が束越え。もうクーラーに入らないから、と途中で道具を仕舞った人もいたほどだ。
5月は春アジのベストシーズン、今年もアジの魚影は濃く、好釣果が期待できる。釣ってよし、食べてよしの浦賀沖アジは、ゴールデンウィークにイチ押しの釣りだ。

以上の記事は「つり丸」2018年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
最新記事
12月1日(日)、「第12回いすみ市大原港ふぐカットウ釣大会」(主催:夷隅東部漁業協同組合大原遊漁船部会)が千葉県大原港で参加者207人で開催された。
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
大栄丸(小湊港)の釣果情報を掲載
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読