MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
春本番! 食い本番! 浦賀沖のビシアジ【東京湾・浦賀沖】

春本番! 食い本番! 浦賀沖のビシアジ【東京湾・浦賀沖】

3月も半ばを過ぎて、すっかり春めいてきた。この記事が掲載される頃、読者の方はゴールデンウィークの釣行の予定を立てておられる頃だろう。連休におすすめしたい安定度抜群の釣り、いや鉄板の釣りと言っても過言ではないのが、浦賀水道のアジ釣りだ。

トップは110匹、2番手は105匹と2名が束越え。もうクーラーに入らないから、と途中で道具を仕舞った人もいたほど

脂が乗った食べごろサイズが空振り無しで釣れ上がる!

東京湾浦賀沖でアジが入れ食い! 束釣りも珍しくないぞ。

春は潮が濁ってクロムツがまじることも多い。

この日は100匹超えが2人。クーラー満タンで早じまいした人もいたほど。

掛かったアジにマトウが食いついた。マダイやヒラメが食うこともあるので油断できない。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・浦賀「前田丸」。

春本番。水温も徐々に上昇し、浦賀水道のアジが絶好調状態に突入、春の訪れを待ってました、とばかりの食いっぷりが続いている。
浦賀港の「前田丸」は周年東京湾口のアジを狙う専門船だ。「前田丸」のポイントは浦賀水道一帯になるが、季節、潮回りや潮色によってアジの釣れる場所は変わってくる。アジのポイントを知り尽くしている前田悦男船長がこの日に選んだのは行程20分の浦賀沖90mだった。
開始からいきなり良型アジの3点掛けが飛び出した。タナを合わせると空振りなしでアタリがくる。20㎝から30㎝と食べ頃サイズのアジがそろい、クーラーはどんどん埋まっていった。
外道にまじったのはクロムツやマサバ。日によってはアジの仕掛けにマダイ、ヒラメ、青物が食ってくることもあるので油断は禁物。強い引きがきたら慎重に上げよう。
アジの食いは衰えないまま沖揚がりを迎え、トップは110匹、2番手は105匹と2名が束越え。もうクーラーに入らないから、と途中で道具を仕舞った人もいたほどだ。
5月は春アジのベストシーズン、今年もアジの魚影は濃く、好釣果が期待できる。釣ってよし、食べてよしの浦賀沖アジは、ゴールデンウィークにイチ押しの釣りだ。

以上の記事は「つり丸」2018年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
相模湾のターゲットを手軽にいろいろ釣って楽しむ!茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」LT五目!入門しやすく、ズバリ釣れる!シャクリとポーズをいろいろ試して五目釣りを満喫しよう!
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
最新記事
相模湾のターゲットを手軽にいろいろ釣って楽しむ!茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」LT五目!入門しやすく、ズバリ釣れる!シャクリとポーズをいろいろ試して五目釣りを満喫しよう!
鹿島沖のテンヤマゴチは、今一押しのターゲット。ガツンと強烈なアタリで40〜50㎝級が多く、60㎝級もまじる!暑さに負けず、照りゴチを満喫してほしい。
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読