MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
いよいよベストシーズンへ! 外房のヒラマサ&ワラサ【外房】

いよいよベストシーズンへ! 外房のヒラマサ&ワラサ【外房】

「こんな貧果は正直そうはないです。いくら渋いといっても、もう少しは釣れると思ったんですが…」と頭を抱えるのは、その名を全国に馳せる「山正丸」の山口徹船長。

perm_media 《画像ギャラリー》いよいよベストシーズンへ! 外房のヒラマサ&ワラサ【外房】の画像をチェック! navigate_next

春は初心者の方も釣りやすい時期、ぜひチャレンジして欲しい

午前、午後と通しで乗船し、ずーっとアタリもなかった常連の石原さん。山口船長の「ラスト1投」のアナウンスでなんとヒット! 取材日唯一のヒラマサに、石原さんも山口船長も思わずガッツポーズ。

「山正丸」女将の花ちゃんこと智絵さんは、キャスティングでヒラマサ。

深場ではイナダがヒット。本来であれば、このサイズであれば船中バタバタとヒットするハズだが…。

ルアーメーカー「サプライズ」の椙尾さんはブルージャックのニューモデルでヒラマサとイナダを。

深い場所を攻めることもあるので、ジグは80〜300gまでと幅広く用意しよう。

キャスティング品川店の海野さんもヒラマサ!

大人気のオシアペンシル山正丸カラーは船で販売中!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」。

「山正丸」の山口徹船長。実は、取材前までヒラマサを追い求めてなんとプライベートでニュージーランドまで出かけていたほど、その魚に対して非常に熱い情熱を持っている。そんな山口船長操る「山正丸」であるから、本格シーズン前の走りで釣果は安定していなかったが、記事を作るぐらいは釣れるだろう…という軽い気持ちで3月の下旬に訪れてみると、まさかの超激渋…。午前はなんと船中ゼロ。午後はジギングでイナダ1、キャスティングでヒラマサ1という結果に終わってしまった。
ところが、である。釣りとは、というか自然とは本当に分からないもので、取材の二日後は(取材翌日はシケで出船中止)、ヒラマサやワラサ・イナダ、そしてマダイなどが次々ヒット!
「本格化すればこれ以上に期待できますよ。春は初心者の方も釣りやすい時期ですので、ぜひチャレンジお待ちしています!」と山口船長。
外房の春の青物ゲームは、例年ゴールデンウイーク前後にピークを迎え、夏前まで楽しめる。この海域では10㎏オーバーのヒラマサは珍しくない。さあ、万全の態勢で挑もう!

以上の記事は「つり丸」2018年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
関東屈指の大ダイ場で、乗っ込みマダイが開幕だ!勝浦川津港「とみ丸」ではプレシーズンで大ダイが爆釣中!夢の大ダイを狙ってみよう!
ソフトルアーを使って海底付近を攻める東京湾のチニングゲーム!ターゲットはキビレ&クロダイ。注目の新釣法!ぜひ挑戦をおすすめしたい、NEWスタイルだ!
東京湾のシーバスがシーズン終了まであともう少し!水温も上昇に転じ、高活性化する時期!大型&数釣りも可能なジギングゲーム!ラストスパート!!
江戸川放水路の「林遊船」で大人気なのが「カスタム和船」と呼ばれるフラットボートによる湾奥のシーバスゲーム。新江戸前の釣りにぜひ挑戦してほしい。
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル