いよいよベストシーズンへ! 外房のヒラマサ&ワラサ【外房】

いよいよベストシーズンへ! 外房のヒラマサ&ワラサ【外房】

「こんな貧果は正直そうはないです。いくら渋いといっても、もう少しは釣れると思ったんですが…」と頭を抱えるのは、その名を全国に馳せる「山正丸」の山口徹船長。


春は初心者の方も釣りやすい時期、ぜひチャレンジして欲しい

午前、午後と通しで乗船し、ずーっとアタリもなかった常連の石原さん。山口船長の「ラスト1投」のアナウンスでなんとヒット! 取材日唯一のヒラマサに、石原さんも山口船長も思わずガッツポーズ。

「山正丸」女将の花ちゃんこと智絵さんは、キャスティングでヒラマサ。

深場ではイナダがヒット。本来であれば、このサイズであれば船中バタバタとヒットするハズだが…。

ルアーメーカー「サプライズ」の椙尾さんはブルージャックのニューモデルでヒラマサとイナダを。

深い場所を攻めることもあるので、ジグは80〜300gまでと幅広く用意しよう。

キャスティング品川店の海野さんもヒラマサ!

大人気のオシアペンシル山正丸カラーは船で販売中!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」。

「山正丸」の山口徹船長。実は、取材前までヒラマサを追い求めてなんとプライベートでニュージーランドまで出かけていたほど、その魚に対して非常に熱い情熱を持っている。そんな山口船長操る「山正丸」であるから、本格シーズン前の走りで釣果は安定していなかったが、記事を作るぐらいは釣れるだろう…という軽い気持ちで3月の下旬に訪れてみると、まさかの超激渋…。午前はなんと船中ゼロ。午後はジギングでイナダ1、キャスティングでヒラマサ1という結果に終わってしまった。
ところが、である。釣りとは、というか自然とは本当に分からないもので、取材の二日後は(取材翌日はシケで出船中止)、ヒラマサやワラサ・イナダ、そしてマダイなどが次々ヒット!
「本格化すればこれ以上に期待できますよ。春は初心者の方も釣りやすい時期ですので、ぜひチャレンジお待ちしています!」と山口船長。
外房の春の青物ゲームは、例年ゴールデンウイーク前後にピークを迎え、夏前まで楽しめる。この海域では10㎏オーバーのヒラマサは珍しくない。さあ、万全の態勢で挑もう!

以上の記事は「つり丸」2018年5月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


丸々太って美味しいワラサを釣りに行こう!(ゆたか丸)

丸々太って美味しいワラサを釣りに行こう!(ゆたか丸)

東伊豆エリアのワラサは、9月中旬過ぎから初島沖で開幕。その数日後、川奈沖でも開幕した。10月前半の時点では初島沖でも川奈沖でも釣れている。まだ爆釣はしていないが、トップ2〜4本という日が目立つ。サイズは3㎏前後がアベレージで、イナワラサイズから4㎏オーバーの良型もまじっている。


カッタクリ&泳がせで狙う! カンパチ五目釣り(寿々木丸)

カッタクリ&泳がせで狙う! カンパチ五目釣り(寿々木丸)

一度の釣行で、いろいろな釣りを楽しみつつ、狙った獲物も高確率で仕留めたい…。そんな、欲張り派の釣り人にもってこいで、さらに、さまざまな魚が顔を出す五目釣りが外房・小湊沖で展開されている!


水深浅く、釣り味抜群! 飯岡沖のヒラメの釣り方&仕掛け(梅花丸)

水深浅く、釣り味抜群! 飯岡沖のヒラメの釣り方&仕掛け(梅花丸)

6月から開幕している外房・飯岡沖のヒラメ。今年は開幕から良型、大型が取り込まれるのが目立っている。今回取材した飯岡港「梅花丸」も開幕から大型をコンスタントに取り込んでいる。開幕初日、二日目と5kgオーバーを取り込み、その後も4kg台の大型を何枚も取り込んでいるのだ。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読