いよいよベストシーズンへ! 外房のヒラマサ&ワラサ【外房】

いよいよベストシーズンへ! 外房のヒラマサ&ワラサ【外房】

「こんな貧果は正直そうはないです。いくら渋いといっても、もう少しは釣れると思ったんですが…」と頭を抱えるのは、その名を全国に馳せる「山正丸」の山口徹船長。


春は初心者の方も釣りやすい時期、ぜひチャレンジして欲しい

午前、午後と通しで乗船し、ずーっとアタリもなかった常連の石原さん。山口船長の「ラスト1投」のアナウンスでなんとヒット! 取材日唯一のヒラマサに、石原さんも山口船長も思わずガッツポーズ。

「山正丸」女将の花ちゃんこと智絵さんは、キャスティングでヒラマサ。

深場ではイナダがヒット。本来であれば、このサイズであれば船中バタバタとヒットするハズだが…。

ルアーメーカー「サプライズ」の椙尾さんはブルージャックのニューモデルでヒラマサとイナダを。

深い場所を攻めることもあるので、ジグは80〜300gまでと幅広く用意しよう。

キャスティング品川店の海野さんもヒラマサ!

大人気のオシアペンシル山正丸カラーは船で販売中!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」。

「山正丸」の山口徹船長。実は、取材前までヒラマサを追い求めてなんとプライベートでニュージーランドまで出かけていたほど、その魚に対して非常に熱い情熱を持っている。そんな山口船長操る「山正丸」であるから、本格シーズン前の走りで釣果は安定していなかったが、記事を作るぐらいは釣れるだろう…という軽い気持ちで3月の下旬に訪れてみると、まさかの超激渋…。午前はなんと船中ゼロ。午後はジギングでイナダ1、キャスティングでヒラマサ1という結果に終わってしまった。
ところが、である。釣りとは、というか自然とは本当に分からないもので、取材の二日後は(取材翌日はシケで出船中止)、ヒラマサやワラサ・イナダ、そしてマダイなどが次々ヒット!
「本格化すればこれ以上に期待できますよ。春は初心者の方も釣りやすい時期ですので、ぜひチャレンジお待ちしています!」と山口船長。
外房の春の青物ゲームは、例年ゴールデンウイーク前後にピークを迎え、夏前まで楽しめる。この海域では10㎏オーバーのヒラマサは珍しくない。さあ、万全の態勢で挑もう!

以上の記事は「つり丸」2018年5月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


10kgクラスも出現! 初夏のヒラマサジギング好機!(松鶴丸)

10kgクラスも出現! 初夏のヒラマサジギング好機!(松鶴丸)

4日くらい前から黒潮が入ってきたね。ちょっと潮が澄んで手強いけど、流れているから食うよ。昨日は7人で9本キャッチかな。アベレージは2〜3㎏と小振りだけど、まさに初夏のヒラマサって感じだよね」と話すのは、大原港「松鶴丸」のオキさんこと、中村洋行船長。船長の言葉通り、外房沖は初夏マサシーズンまっさかり、という状況だった。


「ヒラマサ」の寿司…うま味も強いし、ほどよい酸味で食感もよい

「ヒラマサ」の寿司…うま味も強いし、ほどよい酸味で食感もよい

『市場寿司』でお茶を飲んでいたら、「はいよ!」とお茶請けにぶり大根ならぬヒラマサ大根が出た。冷やしてあって、散らした青い実山椒がきれいだ。その上、たかさんが珍しく「実山椒もそろそろ終わりだね」なんて風情のあることまで言う。また雨が降らなければいいが……。これをお裾分けしてもらって、冷や酒をいっぱい。


カモシ釣りでマダイ好シーズン! 加えてヒラマサも好調(不動丸)

カモシ釣りでマダイ好シーズン! 加えてヒラマサも好調(不動丸)

外房勝浦沖のカモシ釣りが好スタートを切っている。カモシ乗合で出船している川津港「不動丸」では、マダイの1〜3㎏主体に4〜5㎏級もまじりトップ3枚前後、それにヒラマサの2〜5㎏前後が数まじるという、ウレシイ状況が続いている。


ジギング&キャスティングともに絶好調! 外房ヒラマサ(松鶴丸)

ジギング&キャスティングともに絶好調! 外房ヒラマサ(松鶴丸)

パワー全開のスピードランが、多くのファンを集める外房沖のヒラマサ。近年では周年のターゲットとして、各地のアングラーを惹きつけているが、やはり春から初夏にかけての、いわゆる「春マサ」シーズンはおおいに盛り上がる。黒潮の影響を受けた南からの潮、「真潮」が勢力を増し、多くのヒラマサを外房沖に送りこんでくる。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読