MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、カイワリという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、カイワリという魚を知ろう!

カイワリは、スズキ目アジ科に属する海水魚の一種。インド太平洋の暖海域に分布するアジで、食用に漁獲される。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

カイワリ(スズキ目アジ科カイワリ属)の生態

北海道から九州南岸までの日本各地、東シナ海、インド洋、太平洋の温帯域から亜熱帯域の水深200mよりも浅場に生息。
標準和名は東京都での呼び名。アブラナ科の植物が発芽した状態を「貝割」という。これは二枚貝の貝殻を開けた形に似ているからだ。このアブラナ科の二葉を真横から見た形に本種の尾鰭が似ているためだとされている。神奈川県相模湾では「かくあじ」、銀色の体色から「めっき(金属などの鍍金)」や「ぴっかり」などというところもある。日本各地にたくさんの呼び名があるのは、あまりまとまってとれる魚ではないが、非上に味がよく、産地周辺でほとんどが食べられているためのようだ。確かに神奈川県などではスーパーでも見かけるが都内ではめったに見かけない。

カイワリの値段は?

築地場内では、入荷する多くが小振りなので超がつくほどの高値はつかない。それでも1㎏あたり卸値1600円~2000円はするので間違いなく高級魚だ。今回の主役、すし職人たかさんの手量りで300gサイズの1尾480~600円は、卸値としては高いなと思う。過去に築地場内で全長30cm弱、1㎏近いものが並んでいて、恐るべし、1㎏あたり卸値7000円だったことがある。

「カイワリ」の寿司…まろやかな味だ、こくがあるのに後味がいい

池袋での打合わせに来た女性がノースリーブだった。そう言えばボクも上着は手に持ったままだ。額に汗を浮かせていたら、彼女がそっと濡れティッシュを渡してくれた。

「恋に落ちてしまいそうだった」

たかさんに彼女の話をすると。

「向こうはなんとも思ってないよ」

「わかってるよ。とても可愛い、という意味で言っただけでしょ」

目の前のネタケースに、色合いからするとブリ系の冊がある。

「たかさん、これマサかな」

「そう。マサ、だぜー」

「買ったの?ヒラマサは説明しないと売れないから嫌いって言ってたでしょ」

「(常連の)Mさんが釣ったヤツ。昨日、初めて釣りましたって興奮してさ、舞い上がって、うれしそうにフラメンコ踊ってた。オー、レッ!」

刺身と握り二かんを食べたら、矢鱈に、ものすごく、スーパープレミアムにうまい。千葉県は外房ものだというが、そろそろヒラマサの季節なんだな、と実感する。

実は、京都府の日本海側、丹後半島のカイワリを持って来ていた。なんとなく出しづらくなった。

「あのー、こんなものがあるんだけど。下ろして握ってくださいな」

「あら、カイワリじゃない。どこ産?丹後ってどこ?」

「京都の日本海側だよ」

「へー、カイワリって日本海にもいるんだね。六十年以上生きてきたけど初めて知ったよ」

「カイワリってどこでとれると思っていたわけ?」

「そりゃ相模湾でしょ」

今春は来る日も来る日も市場の釣り師たちが持ってくるアマダイ釣りの脇役、ヒメコダイやカイワリを、たかさんが不満たらたらで下ろしていた。確かに「カイワリ=相模湾」と思い込んでも仕方がないかも。

鱗もぬめりもほとんどない魚を、すし職人の言葉で「きれいな魚」というらしい。カイワリはその代表格である。十二尾下ろすのにほんの十数分しかかからない。

「重さは三百(グラム)くらいかな。小さいのに脂があるね」

まずは刺身で試食する。

「同じアジ科なのにヒラマサとはまったく違う味だね。うま味が上品だけど濃いというか、ねっとりした舌触りでうまさが後々まで続くね」

「ヒラマサがセンターだとしたらその他大勢だと思ってたけど、カイワリはセンター以上かもね」

「なに?そのセンターって」

「バカだね、知らないの。AKBとかSKEとかSDNとか乃木坂とかの真ん中にいる可愛い子のこと」

「AKBはいいとしても、むやみに並べるんじゃねーの。いい年なんだからさ。あ、にやけてるー!」

閑話休題。

この刺身が「ものすごく」とか「非常に」とかではなく、「うるわしい」味だった。「端正」と言ってもよいかも知れない。握りが待ち遠しい。

間髪入れず握りが来たー!

「あれれ、口に入れた途端、うまいとか感じる以前に喉の奥に消えた」

「あと、なんかん」

両手を広げたら、「もっと太ったら大変だろう」と言いながら五かん。

「たかさん、このさ、均整の取れたというかさ、きめ細やかなというかさ、鋭角的ではなくてまろやかな味というかさ、こくがあるのに後味がいいというか。困っちゃうなこれ」

「NMBの渋谷凪咲ちゃんみたいだろ。控えめだけど美しい」

「それ、今どきのアイドルなんじゃないだろうね。児島玲子一筋って言ってたくせに、浮気ものが」

さて、知り合いの丹後の漁師さんが釣ったカイワリに感動してたら、今度は相模湾のも食べたくなった。

「待ってますよ! 相模湾の釣り師のみなさーん!」

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2017年6月15日号の掲載情報です。

関連記事
オニヒラアジはスズキ目アジ科ギンガメアジ属。和歌山県から九州南岸の太平洋沿岸、鹿児島県南さつま市笠沙の東シナ海、屋久島、琉球列島。台湾、西太平洋、インド洋に広く生息域をもつ。全長1m前後の大型魚だ。
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。
オオグチイシチビキはスズキ目フエダイ科イシフエダイ属。長崎県壱岐と五島・千葉県館山以南、インド洋、太平洋の熱帯域から温帯域に生息している。相模湾、駿河湾には幼魚が多い。
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
スズキはスズキ目スズキ科スズキ属。北海道から九州、朝鮮半島南岸・西岸。内湾、汽水域、淡水域にも侵入する。
最新記事
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル