MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
泳がせカンパチシーズン開幕! 高級魚五目も楽しめるぞ!!【銭洲】

泳がせカンパチシーズン開幕! 高級魚五目も楽しめるぞ!!【銭洲】

4月1日、待望の銭洲が解禁した。解禁直後は黒潮の流路内にあり、例年より早く20度以上の高水温下に銭洲はあった。そのため、解禁日は銭洲遠征船各船、のっけから10㎏を超える大型ヒラマサやカンパチヒットに盛り上がった。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

当日は、サバの泳がせでカンパチをキャッチ。黒潮の流路次第で水温が上がり安定すれば、カンパチの爆釣も期待できる

サバの泳がせでキャッチされたカンパチ。

名礁“ネープルス”前でカンパチがヒット中!

高水温の今期。カンパチ当たり年の予感! 出撃準備はOK!?

黒潮の海に浮上した大型魚はカンパチ! 大物釣り師はみなこの魚にあこがれる。銭洲のカンパチは浅場で釣れるので価値があるのだ。

銭洲周辺のマダイも乗っ込み中。シマアジ仕掛けに5㎏オーバーがヒット。

メジナ。

ウメイロ。

シマアジ。

ヒレナガカンパチ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田「龍正丸」。

4月1日に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”。解禁直後は黒潮の本流がこの海域に流入していたため、高水温を維持。いきなり、10㎏を超えるカンパチやヒラマサヒットに盛り上がった。
だがその後、黒潮は蛇行し銭洲周辺冷水塊内に。とはいうものの、まったく魚がいなくなったのではない。急激な水温の変化の影響による食い渋りだと考えられる。
例年なら4月中は水温が低くベイトが少ないため、カンパチ狙いではジギングなどルアーが有利だが、今期は水温が高いため、いきなり生きエサの泳がせ釣りが可能だ。
エサはアカイカがベストだが、現場周辺で釣れるサバやムロアジで泳がせ釣りができる。
「今期のカンパチの群れは例年どおりでよさそうですよ。反応はたくさんありますから。潮の流れ次第かな」とは、銭洲遠征船のベテラン船長、下田「龍正丸」の鈴木豊さん。
当日は、サバの泳がせでカンパチをキャッチ。黒潮の流路次第で水温が上がり安定すれば、カンパチの爆釣も期待できるとのこと。
潮の流れは一日でガラリと変化する。現場に行ってみなくてはわからないのが現状だ。
小物狙いでは、マダイ、ウメイロ、メジナ、ヒメダイ、アオダイなどの高級魚の五目釣りが確実に楽しめるので、まずお土産には困らない。
まさにシーズンはこれからの銭洲。ドラマを作るのはあなただ。

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
最新記事
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル