MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
“マグロの楽園”久米島はいよいよベストシーズンへ!【久米島】

“マグロの楽園”久米島はいよいよベストシーズンへ!【久米島】

ズバリ言って、久米島に行けば、よほどのことがない限りデカキハダを我が手に抱くことができる。チャーターなので、ゆったり、のんびり。自然豊かな島の雰囲気もいい。遠征ならではの、旅行気分もいい。お金と時間をかけた分、そこには “非日常”の、まさに別世界が待っているのである。

perm_media 《画像ギャラリー》“マグロの楽園”久米島はいよいよベストシーズンへ!【久米島】の画像をチェック! navigate_next

心も体もリフレッシュしながら、存分にキハダと格闘

沖縄といえば、蒼い海と白い砂浜! 釣り以外にももちろん観光も楽しい! 家族で訪れるのもオススメだ。

武田稔さんと内田典孝さんは二人とも大の相模湾キハダフリーク。そんなふたりをして「キハダは相模湾でも釣れるから…と最初は思っていましたが、来てみたら別世界。相模湾も最高ですが、また違った魅力がありますね。すっかり久米島ファンになりました。また来たい!」

20㎏のキハダがダブルヒット! 次から次へと竿が絞り込まれる。

大物釣りに精通する佐々木誠さんは20㎏オーバーのビンチョウ。「初めて久米島に来ましたが、本当に来てよかったです!」重くて顔が引きつってます。

久米島のパヤオにはキハダの他、現地で“ウシ”“ウシシビ”と呼ばれる200~300㎏のクロマグロや、メバチ、ビンチョウ、そしてカジキなども回遊する。

このキハダもジギングで。状況ではキャスティングにもヒットする。

船上では太一船長がキメジをさばいてヅケにしてくれた。これがマジうまい!

これで一日の釣果! 武田さんたちのポリシーであるスタディングファイトですべてキャッチした。

青い空。白い雲。燦々と降り注ぐ太陽。そして蒼い海。一歩足を踏み入れれば、そこはもう別世界――。
沖縄県久米島。沖縄本島から西へ約100㎞。東シナ海にポツンと浮かぶ、人口約8000人の小さな島である。
この小さな島の周囲には全15基のパヤオが設置され、マグロ類やカジキなど大型魚をはじめ、カツオやシイラなど多くの魚たちが回遊して来る。
そんなパヤオでのメインターゲットはキハダ。20~30㎏は当たり前、50㎏オーバーも珍しくない。久米島が“マグロの楽園”と呼ばれる所以である。
ここ数年は夏から秋にかけて相模湾にも毎年大型キハダが回遊してくる。そのため、「そこまでわざわざ行かなくても…」と考える人が多いだろう。だが実際に行ってみると、やっぱりその規模は大きく異なる。
そしてその雰囲気。近海の釣りにはない、遠征ならではの“非日常”という言葉がぴったりの時間が流れている。
心も体もリフレッシュしながら、存分にキハダと格闘する。心から笑顔になれる時間が、ここにある。

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル