沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

“マグロの楽園”久米島はいよいよベストシーズンへ!【久米島】

“マグロの楽園”久米島はいよいよベストシーズンへ!【久米島】

ズバリ言って、久米島に行けば、よほどのことがない限りデカキハダを我が手に抱くことができる。チャーターなので、ゆったり、のんびり。自然豊かな島の雰囲気もいい。遠征ならではの、旅行気分もいい。お金と時間をかけた分、そこには “非日常”の、まさに別世界が待っているのである。


心も体もリフレッシュしながら、存分にキハダと格闘

沖縄といえば、蒼い海と白い砂浜! 釣り以外にももちろん観光も楽しい! 家族で訪れるのもオススメだ。

武田稔さんと内田典孝さんは二人とも大の相模湾キハダフリーク。そんなふたりをして「キハダは相模湾でも釣れるから…と最初は思っていましたが、来てみたら別世界。相模湾も最高ですが、また違った魅力がありますね。すっかり久米島ファンになりました。また来たい!」

20㎏のキハダがダブルヒット! 次から次へと竿が絞り込まれる。

大物釣りに精通する佐々木誠さんは20㎏オーバーのビンチョウ。「初めて久米島に来ましたが、本当に来てよかったです!」重くて顔が引きつってます。

久米島のパヤオにはキハダの他、現地で“ウシ”“ウシシビ”と呼ばれる200~300㎏のクロマグロや、メバチ、ビンチョウ、そしてカジキなども回遊する。

このキハダもジギングで。状況ではキャスティングにもヒットする。

船上では太一船長がキメジをさばいてヅケにしてくれた。これがマジうまい!

これで一日の釣果! 武田さんたちのポリシーであるスタディングファイトですべてキャッチした。

青い空。白い雲。燦々と降り注ぐ太陽。そして蒼い海。一歩足を踏み入れれば、そこはもう別世界――。
沖縄県久米島。沖縄本島から西へ約100㎞。東シナ海にポツンと浮かぶ、人口約8000人の小さな島である。
この小さな島の周囲には全15基のパヤオが設置され、マグロ類やカジキなど大型魚をはじめ、カツオやシイラなど多くの魚たちが回遊して来る。
そんなパヤオでのメインターゲットはキハダ。20~30㎏は当たり前、50㎏オーバーも珍しくない。久米島が“マグロの楽園”と呼ばれる所以である。
ここ数年は夏から秋にかけて相模湾にも毎年大型キハダが回遊してくる。そのため、「そこまでわざわざ行かなくても…」と考える人が多いだろう。だが実際に行ってみると、やっぱりその規模は大きく異なる。
そしてその雰囲気。近海の釣りにはない、遠征ならではの“非日常”という言葉がぴったりの時間が流れている。
心も体もリフレッシュしながら、存分にキハダと格闘する。心から笑顔になれる時間が、ここにある。

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


キハダマグロ 久米島

関連する投稿


アカムツを高確率でキャッチする方法、教えます【波崎沖カンネコ根】

アカムツを高確率でキャッチする方法、教えます【波崎沖カンネコ根】

ゴールデンウィークの犬吠埼沖水深250mの大型アカムツ大フィーバーは記憶に新しいが、さらに、今季は最新アカムツ釣法が生まれた波崎沖カンネコ根がすでに開幕し好調だ。年末まで楽しめるはず。そこで、必ず釣りたいあなたのために、Q&Aで疑問に答え、ズバッと釣り方を教えます!


エサ釣りタチウオ入門編! 仕掛け&釣り方まで解説(平作丸)

エサ釣りタチウオ入門編! 仕掛け&釣り方まで解説(平作丸)

東京湾のタチウオ釣りは、ライトタックルで狙うのが主流になりつつある。海面下100mを超す深いタナでも、細い道糸と60号前後のオモリを使ってライトタックルで狙う船宿が多くなっている。リールは手巻きの小型両軸か小型電動。道糸はPEラインの2号以下を使用するのが最近の主流。仕掛けはシンプルな1本バリが主流。


アマダイはシーズン初期の釣り方で!【東京湾・剣崎〜久里浜沖】

アマダイはシーズン初期の釣り方で!【東京湾・剣崎〜久里浜沖】

アマダイというと冬の魚のイメージだが、ここ東京湾口では秋の始まりとともに開幕を迎える。この時期の剣崎周辺は潮が速くなる。その中でどうやってアマダイを食わせるかがおもしろいのだ。この時期は普段竿頭を取るような人がボウズで、初めてやった人が竿頭になることも多い。さぁ、価値ある1匹を手にしよう! シーズンはこれからだ。


アジ好調、アジを泳がせればブリ&ワラサもヒット【相模湾・瀬ノ海】

アジ好調、アジを泳がせればブリ&ワラサもヒット【相模湾・瀬ノ海】

剣崎松輪「一義丸」は、剣崎周辺では珍しいビシアジの乗合船を出している。剣崎沖のアジは11月から好調が続いており、トップ60匹台を記録することも珍しくない。さらには11月18日に102匹という束釣りを記録している。また、今年の剣崎沖周辺ではワラサ&ブリの魚影が濃く、ビシアジ仕掛けにアジがヒットすると奪い取られることも


ワラサ&イナダ、kg級の爆釣が続く!【東京湾口・剣崎沖】

ワラサ&イナダ、kg級の爆釣が続く!【東京湾口・剣崎沖】

8月に入っても依然、釣れ続く剣崎沖のワラサ、イナダ。7月中旬ぐらいからは連日のように爆釣し、多くの船が早揚がりするという状況が続いている。5時30分出船で9時に早揚がりでも、トップ30本以上や40本以上を記録する船もあるほどだ。


最新の投稿


沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が取材した【剣崎松輪港・棒面丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。マダイ、カサゴ、ワラサなどがターゲット。


バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

ライトジギングやタイラバなどのライトゲームに最適なベイトリールシリーズ「ELAN」の新モデルをご紹介!


派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

東京湾のイシモチは、近場で手軽に数釣りが楽しめ、食べても美味しいターゲットだ。9月の後半になり、水温の低下とともにトップ40~60匹の好釣果が続いている、数ある沖釣りターゲットの中でも安定感は抜群の釣りだ。


タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

東京湾口のアマダイのタックルはノーマルタックルで狙うのが基本だ。竿はオモリ80号を背負えて、穂先でアタリの取りやすい、8対2調子から7対3調子のものが扱いやすい。底を取り直して、タナを小まめに調整する必要があるので、あまり軟らかい竿は向かないので注意しよう。長さは一日手持ちでやるので2m前後が扱いやすいだろう。


船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

軽量&コンパクトで小物釣りに便利な3本バリ対応のマグネット板!使い勝手抜群なフックプレートのご紹介です。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読