“マグロの楽園”久米島はいよいよベストシーズンへ!【久米島】

“マグロの楽園”久米島はいよいよベストシーズンへ!【久米島】

ズバリ言って、久米島に行けば、よほどのことがない限りデカキハダを我が手に抱くことができる。チャーターなので、ゆったり、のんびり。自然豊かな島の雰囲気もいい。遠征ならではの、旅行気分もいい。お金と時間をかけた分、そこには “非日常”の、まさに別世界が待っているのである。


心も体もリフレッシュしながら、存分にキハダと格闘

沖縄といえば、蒼い海と白い砂浜! 釣り以外にももちろん観光も楽しい! 家族で訪れるのもオススメだ。

武田稔さんと内田典孝さんは二人とも大の相模湾キハダフリーク。そんなふたりをして「キハダは相模湾でも釣れるから…と最初は思っていましたが、来てみたら別世界。相模湾も最高ですが、また違った魅力がありますね。すっかり久米島ファンになりました。また来たい!」

20㎏のキハダがダブルヒット! 次から次へと竿が絞り込まれる。

大物釣りに精通する佐々木誠さんは20㎏オーバーのビンチョウ。「初めて久米島に来ましたが、本当に来てよかったです!」重くて顔が引きつってます。

久米島のパヤオにはキハダの他、現地で“ウシ”“ウシシビ”と呼ばれる200~300㎏のクロマグロや、メバチ、ビンチョウ、そしてカジキなども回遊する。

このキハダもジギングで。状況ではキャスティングにもヒットする。

船上では太一船長がキメジをさばいてヅケにしてくれた。これがマジうまい!

これで一日の釣果! 武田さんたちのポリシーであるスタディングファイトですべてキャッチした。

青い空。白い雲。燦々と降り注ぐ太陽。そして蒼い海。一歩足を踏み入れれば、そこはもう別世界――。
沖縄県久米島。沖縄本島から西へ約100㎞。東シナ海にポツンと浮かぶ、人口約8000人の小さな島である。
この小さな島の周囲には全15基のパヤオが設置され、マグロ類やカジキなど大型魚をはじめ、カツオやシイラなど多くの魚たちが回遊して来る。
そんなパヤオでのメインターゲットはキハダ。20~30㎏は当たり前、50㎏オーバーも珍しくない。久米島が“マグロの楽園”と呼ばれる所以である。
ここ数年は夏から秋にかけて相模湾にも毎年大型キハダが回遊してくる。そのため、「そこまでわざわざ行かなくても…」と考える人が多いだろう。だが実際に行ってみると、やっぱりその規模は大きく異なる。
そしてその雰囲気。近海の釣りにはない、遠征ならではの“非日常”という言葉がぴったりの時間が流れている。
心も体もリフレッシュしながら、存分にキハダと格闘する。心から笑顔になれる時間が、ここにある。

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


キハダマグロ 久米島

関連する投稿


アカムツを高確率でキャッチする方法、教えます【波崎沖カンネコ根】

アカムツを高確率でキャッチする方法、教えます【波崎沖カンネコ根】

ゴールデンウィークの犬吠埼沖水深250mの大型アカムツ大フィーバーは記憶に新しいが、さらに、今季は最新アカムツ釣法が生まれた波崎沖カンネコ根がすでに開幕し好調だ。年末まで楽しめるはず。そこで、必ず釣りたいあなたのために、Q&Aで疑問に答え、ズバッと釣り方を教えます!


アマダイはシーズン初期の釣り方で!【東京湾・剣崎〜久里浜沖】

アマダイはシーズン初期の釣り方で!【東京湾・剣崎〜久里浜沖】

アマダイというと冬の魚のイメージだが、ここ東京湾口では秋の始まりとともに開幕を迎える。この時期の剣崎周辺は潮が速くなる。その中でどうやってアマダイを食わせるかがおもしろいのだ。この時期は普段竿頭を取るような人がボウズで、初めてやった人が竿頭になることも多い。さぁ、価値ある1匹を手にしよう! シーズンはこれからだ。


アジ好調、アジを泳がせればブリ&ワラサもヒット【相模湾・瀬ノ海】

アジ好調、アジを泳がせればブリ&ワラサもヒット【相模湾・瀬ノ海】

剣崎松輪「一義丸」は、剣崎周辺では珍しいビシアジの乗合船を出している。剣崎沖のアジは11月から好調が続いており、トップ60匹台を記録することも珍しくない。さらには11月18日に102匹という束釣りを記録している。また、今年の剣崎沖周辺ではワラサ&ブリの魚影が濃く、ビシアジ仕掛けにアジがヒットすると奪い取られることも


狙いは10㎏オーバーだ! 憧れの寒ブリを釣る!【相模湾・瀬ノ海】

狙いは10㎏オーバーだ! 憧れの寒ブリを釣る!【相模湾・瀬ノ海】

寒ブリが今期も瀬ノ海に回遊してきた。しかも、丸々と太っていて、デカイ。ヒットすれば8㎏を超す正真正銘ブリである確率が高く、10㎏オーバーも続々と取り込まれている。なにより、場所は「相模湾」。このことに価値がある。関東近郊の釣り人にとって、最高級の寒ブリを手にするまたとないチャンスなのだ。


LTウイリー五目、相模湾のイチオシ釣り物だ【相模湾・平塚沖】

LTウイリー五目、相模湾のイチオシ釣り物だ【相模湾・平塚沖】

数ある相模湾の釣り物で、この時期イチオシに挙げられる一つが「LTウイリー五目」だ。名前のとおりLT(ライトタックル)とウイリー仕掛けで多魚種を狙うコマセ釣りだ。これに、今の時期はプラスアルファとして楽しめるハモノ狙いもおすすめだ。


最新の投稿


パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

パワーファイト必至のカツオとバトル!仕掛けから釣り方まで(福将丸)

今期は少々遅れ気味だった駿河湾のカツオが、ついにスパーク。7月25日にご覧のような疾風怒濤の食いを見せ、開幕したのだ!!「6月の終わり頃から気配はあったんだけど、なかなか釣果に結びつかなくてさ。これでようやくスタートって感じだよね」と笑顔で語ったのが、西伊豆戸田港「福将丸」の眞野康臣船長の声だ。


今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

今シーズンも順調な釣れっぷり! コマセで釣るワラサ(大松丸)

ここ数年、剣崎沖のワラサは8月中にスタートして11月いっぱいぐらいまでロングランで続いている。今シーズンは8月中旬ぐらいからスタート。日によって釣果にムラがあるが、10月前半の時点でも釣れ続いている。


相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のルアーキハダ炸裂!フカセ釣り&一本釣りを解説(二宮丸)

相模湾のキハダ釣りはコマセ、ルアーが定番だが、イワシが入手できればフカセ釣りも極めて有効。カツオが散水に入れば一本釣りも満喫できる。カツオは3㎏級の良型が多く、キメジも10㎏級まで上がっている。


茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城のテンヤマダイのパイオニア船で釣りを楽しもう!(釣友丸)

茨城海域は近年ほぼ全域でマダイが釣れるようになった。とくに秋は数、サイズともに期待でき、誰にでも気軽にマダイがひとつテンヤ釣法で釣れる。このマダイ釣りのきっかけをつくったのが、今回乗船した日立久慈港「釣友丸」の若林正行船長だ。


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読