“マグロの楽園”久米島はいよいよベストシーズンへ!【久米島】

“マグロの楽園”久米島はいよいよベストシーズンへ!【久米島】

ズバリ言って、久米島に行けば、よほどのことがない限りデカキハダを我が手に抱くことができる。チャーターなので、ゆったり、のんびり。自然豊かな島の雰囲気もいい。遠征ならではの、旅行気分もいい。お金と時間をかけた分、そこには “非日常”の、まさに別世界が待っているのである。


心も体もリフレッシュしながら、存分にキハダと格闘

沖縄といえば、蒼い海と白い砂浜! 釣り以外にももちろん観光も楽しい! 家族で訪れるのもオススメだ。

武田稔さんと内田典孝さんは二人とも大の相模湾キハダフリーク。そんなふたりをして「キハダは相模湾でも釣れるから…と最初は思っていましたが、来てみたら別世界。相模湾も最高ですが、また違った魅力がありますね。すっかり久米島ファンになりました。また来たい!」

20㎏のキハダがダブルヒット! 次から次へと竿が絞り込まれる。

大物釣りに精通する佐々木誠さんは20㎏オーバーのビンチョウ。「初めて久米島に来ましたが、本当に来てよかったです!」重くて顔が引きつってます。

久米島のパヤオにはキハダの他、現地で“ウシ”“ウシシビ”と呼ばれる200~300㎏のクロマグロや、メバチ、ビンチョウ、そしてカジキなども回遊する。

このキハダもジギングで。状況ではキャスティングにもヒットする。

船上では太一船長がキメジをさばいてヅケにしてくれた。これがマジうまい!

これで一日の釣果! 武田さんたちのポリシーであるスタディングファイトですべてキャッチした。

青い空。白い雲。燦々と降り注ぐ太陽。そして蒼い海。一歩足を踏み入れれば、そこはもう別世界――。
沖縄県久米島。沖縄本島から西へ約100㎞。東シナ海にポツンと浮かぶ、人口約8000人の小さな島である。
この小さな島の周囲には全15基のパヤオが設置され、マグロ類やカジキなど大型魚をはじめ、カツオやシイラなど多くの魚たちが回遊して来る。
そんなパヤオでのメインターゲットはキハダ。20~30㎏は当たり前、50㎏オーバーも珍しくない。久米島が“マグロの楽園”と呼ばれる所以である。
ここ数年は夏から秋にかけて相模湾にも毎年大型キハダが回遊してくる。そのため、「そこまでわざわざ行かなくても…」と考える人が多いだろう。だが実際に行ってみると、やっぱりその規模は大きく異なる。
そしてその雰囲気。近海の釣りにはない、遠征ならではの“非日常”という言葉がぴったりの時間が流れている。
心も体もリフレッシュしながら、存分にキハダと格闘する。心から笑顔になれる時間が、ここにある。

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


キハダマグロ 久米島

最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読