MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
コウナゴ&エビの生きエサで釣るスズキ&マダイ【愛知・伊勢湾口】

コウナゴ&エビの生きエサで釣るスズキ&マダイ【愛知・伊勢湾口】

伊勢湾は東京湾と同じく、湾口部が狭まっていて、干満の差で激しい潮の流れが生じる。その潮の流れと湾内に流れ込む栄養分をたっぷりと含んだ大型河川の水が海の生き物たちをはぐくんでいるのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》コウナゴ&エビの生きエサで釣るスズキ&マダイ【愛知・伊勢湾口】の画像をチェック! navigate_next

釣り方は、胴付き仕掛けやテンビンを使って、生きたコウナゴやエビをエサにする

伊勢湾内の遊漁船は、ルールが定められている。定時に目的のポイントへ向けて各船一斉にスタートする。

伊勢湾のブランド魚であるスズキ(マダカ)。刺身で最高においしい。

いち早くその日の手繰りスピードを見つけよう!!

脂乗り乗り激うまスズキがターゲット。

知多半島の先端、三河湾口から伊勢湾口の伊良湖沖まで広範囲を攻める。そのすべてのポイントでこのスズキ(マダカ)が狙える。

渥美半島の先端に立つ灯台沖が超一級ポイントの伊良湖沖。

これらの魚はみな船長さんたちが絞めてくれて、クーラーにしまってくれる。船宿の人たちのきめの細いサービスに誰もが大満足。

伊勢湾口の魚はみなおいしいと評判だ。東京湾と同じく、大型河川が湾内に流入し栄養分が豊富で、干満の差で潮の流れが生じて速いことがその理由だ。
とくに、マダカと呼ばれているスズキは別格。臭みは全くなくこれからの時期は脂のりのり。マダイもエビやコウナゴを補食しているので、かなりうまいという。
そんな高級魚を釣らせてれる船宿が軒を連ねているのが、愛知県知多半島の先端、師崎(もろざき)港だ。
愛知県内ではコマセ釣りが禁止されているため、釣り方は、胴付き仕掛けやテンビンを使って、生きたコウナゴやエビをエサにする。
船はカカリ釣りをしたり流し釣りをしたりとポイントによってさまざまだが、この釣りは生きエサだからといって、じっと置き竿にしていてはダメ。タイラバのようにリールを巻き続けるのがカギなのだ。
タナを効率よく探り、活性の高い個体を釣り上げる、というのが目論見だという。だから、その日の当たり手繰りスピードをいち早く見つけるのがコツだというのだ。
しばらくの間は、コウナゴとエビエサの両方を使えるが、7月以降はウタセエビといわれている生きたサルエビがメインのエサとなる。「ウタセマダイ」とは、このサルエビをエサにした釣りのこと。ボトム周辺がタナのため、軽いオモリをつかって胴付き仕掛けを潮に乗せて釣るという。
江戸前とは一風異なるが、やってみると実に奥の深い伊勢湾内の釣り。この機会にぜひ、師崎港に足を伸ばしてみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル