MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
コウナゴ&エビの生きエサで釣るスズキ&マダイ【愛知・伊勢湾口】

コウナゴ&エビの生きエサで釣るスズキ&マダイ【愛知・伊勢湾口】

伊勢湾は東京湾と同じく、湾口部が狭まっていて、干満の差で激しい潮の流れが生じる。その潮の流れと湾内に流れ込む栄養分をたっぷりと含んだ大型河川の水が海の生き物たちをはぐくんでいるのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》コウナゴ&エビの生きエサで釣るスズキ&マダイ【愛知・伊勢湾口】の画像をチェック! navigate_next

釣り方は、胴付き仕掛けやテンビンを使って、生きたコウナゴやエビをエサにする

伊勢湾内の遊漁船は、ルールが定められている。定時に目的のポイントへ向けて各船一斉にスタートする。

伊勢湾のブランド魚であるスズキ(マダカ)。刺身で最高においしい。

いち早くその日の手繰りスピードを見つけよう!!

脂乗り乗り激うまスズキがターゲット。

知多半島の先端、三河湾口から伊勢湾口の伊良湖沖まで広範囲を攻める。そのすべてのポイントでこのスズキ(マダカ)が狙える。

渥美半島の先端に立つ灯台沖が超一級ポイントの伊良湖沖。

これらの魚はみな船長さんたちが絞めてくれて、クーラーにしまってくれる。船宿の人たちのきめの細いサービスに誰もが大満足。

伊勢湾口の魚はみなおいしいと評判だ。東京湾と同じく、大型河川が湾内に流入し栄養分が豊富で、干満の差で潮の流れが生じて速いことがその理由だ。
とくに、マダカと呼ばれているスズキは別格。臭みは全くなくこれからの時期は脂のりのり。マダイもエビやコウナゴを補食しているので、かなりうまいという。
そんな高級魚を釣らせてれる船宿が軒を連ねているのが、愛知県知多半島の先端、師崎(もろざき)港だ。
愛知県内ではコマセ釣りが禁止されているため、釣り方は、胴付き仕掛けやテンビンを使って、生きたコウナゴやエビをエサにする。
船はカカリ釣りをしたり流し釣りをしたりとポイントによってさまざまだが、この釣りは生きエサだからといって、じっと置き竿にしていてはダメ。タイラバのようにリールを巻き続けるのがカギなのだ。
タナを効率よく探り、活性の高い個体を釣り上げる、というのが目論見だという。だから、その日の当たり手繰りスピードをいち早く見つけるのがコツだというのだ。
しばらくの間は、コウナゴとエビエサの両方を使えるが、7月以降はウタセエビといわれている生きたサルエビがメインのエサとなる。「ウタセマダイ」とは、このサルエビをエサにした釣りのこと。ボトム周辺がタナのため、軽いオモリをつかって胴付き仕掛けを潮に乗せて釣るという。
江戸前とは一風異なるが、やってみると実に奥の深い伊勢湾内の釣り。この機会にぜひ、師崎港に足を伸ばしてみてはいかがだろう。

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
太東沖のイサキは、大型の比率が高い!LTタックルの感度と操作性で釣れるパターンを探り出し「北限の大型」を獲る!リレー釣り片貝沖のハナダイも復活!
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
最新記事
幸昌丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ヒシダイ(スズキ目ヒシダイ科ヒシダイ属)国内では福島県でも見つかっているが、千葉県外房以南、富山湾以南に生息。
マルイカやイワシ類に付いた野性的なマダイを狙うのが「たいぞう丸」の「タイラバ五目」。広大なポイントを片舷限定のドテラ流しで攻められるメリットを生かして、年々新たなポイントが開拓されている。
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル