MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗っ込みマダイのピークは、 いまだっ!!【駿河湾・御前崎沖】

乗っ込みマダイのピークは、 いまだっ!!【駿河湾・御前崎沖】

乗っ込みマダイの聖地、御前崎沖のオモリ&カド根がハイシーズンに突入! ってことで、4月の中旬、今期の様子を伺うべく「増福丸」へ向かった。

perm_media 《画像ギャラリー》乗っ込みマダイのピークは、 いまだっ!!【駿河湾・御前崎沖】の画像をチェック! navigate_next

コマセのポロ出しでカド根を攻略! G・Wに素敵な想い出を!!

竿頭となった坪内さん。「潮色が悪いと感じたので蛍光玉を付けるなどの工夫もした」そう。基本のストレート仕掛けだ。

型にとらわれず、最初の一枚は丁寧にタモですくおう! 取り込むことで、その日の流れにも乗れるからね。

「朝イチで食わせたマダイです」

「潮が速くなったので4段テーパーで釣りました」

上窓はオキアミが1匹出る程度に開け、下窓は水が入る程度に開ける。

潮が速い時に備えて、仕掛けのウエイトとなるサルカンなども用意しておこう。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・御前崎「増福丸」。

「この前もカド根で3.2㎏が上がったように順調だよ。シケの影響でマダイが浮いたり、底べったりだったりするけど、いつも通りの釣り方でいいからね。オモリは潮が速くて釣りにならないからカド根に行くから。朝イチがゴールデンタイムだから、手返し良く釣って下さいね」と増田久雄船長が出船時に話す。
比較的、数が釣れるカド根は、根が荒く、その根際にいるマダイをコマセで平場に誘導(浮かす)して釣るのがセオリー。コマセをドカまきせず、ポロポロと出すのがキーポイントとなる。
この日最初にマダイをゲットした釣り人も、それを実戦。ストレートの軽い仕掛けでヒットさせ、終日、同じ仕掛けを使用。納竿までに5枚の取り込みに成功した。「潮が速い場合は、ガン玉やテーパー仕掛けで探ってみるのも効果的」と増田船長。
バッグには忍ばせておくべき装備と言えるだろう。
カド根の釣りは、岩礁帯を流して釣るだけに、ゲストもにぎやか。それゆえ、エサのチェックもマメに行うことが、さらなる釣果への道となると覚えておこう!

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル