MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗っ込み本番開始! 大ダイに加え、ゲストが超豪華【外房・大原沖】

乗っ込み本番開始! 大ダイに加え、ゲストが超豪華【外房・大原沖】

大原沖のマダイは4月後半になってようやく乗っ込みの気配が出てきた。数は多くないものの、4㎏、5㎏といった大ダイが顔を出し始めている。

perm_media 《画像ギャラリー》乗っ込み本番開始! 大ダイに加え、ゲストが超豪華【外房・大原沖】の画像をチェック! navigate_next

マダイだけでなくゲストもかなり豪華。ヒラメ、マハタ、ハナダイ、ホウボウとにぎやかだ

沖揚がり前に食ってきた2㎏前後の中ダイ。「探見丸に反応が出てスグに食ってきました」

ポイントは岩船〜大原沖の40〜60mダチ。乗っ込み初期は根周りで食い、本番になると砂地で食うという。

この日は、反応が出た直後に誰かしらにアタリがあった。いずれもメスダイだったのは、本番はこれからということか。

何が食うかわからない! そんな魅力もある。

バリバリ食いそうな雰囲気の日だったが、マダイは今ひとつ活性が上がらなかったようだ。

エサは冷凍エビ。

「LT広布号」オリジナルカブラ。カブラを使用することから「カブラマダイ」の名に。

ホウボウ。

ヒラメ。

マハタ。

「型物が釣れだしたのは4月後半になってからです。まだ釣れ出しの特徴である根周りで釣れていますから、本番は5月に入ってからでしょう」と、大原港「LT広布号」の野島幸一船長は言う。
通常、「ひとつテンヤマダイ」と呼ばれるが、「LT広布号」ではカブラをメインに使うことから、「ひとつカブラマダイ」と呼んでいる。テンヤに比べ落下速度が速いことから、潮が速い大原沖にマッチしている。もちろん、テンヤと使い分けるのもOKだ。
この日は、岩船沖の根周りからスタート。適度な潮の流れ、濁り気味の潮色、天気が悪くなる直前という、かなり期待できそうな条件がそろったが、どういうわけかマダイの反応はいまひとつ。それでも2㎏級などまずまずのサイズが出た。
大原沖のおもしろいところは、マダイだけでなくゲストもかなり豪華なところ。ヒラメ、マハタ、ハナダイ、ホウボウとにぎやかだ。さらに沖には青物も大挙しているから、こちらの期待も持てる。
「水温が17、18度くらいになってくると本番です。大ダイが期待できます」
レンタルタックルもいいものがそろっているので、「これからやってみたい」という人も、ドンドン挑戦してみよう。ビギナーズラックがある釣りだよ! 初挑戦大ダイも夢じゃない!

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル