MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マダイ乗っ込み盛期突入! イサキもデカイぞ!【南房・千田沖】

マダイ乗っ込み盛期突入! イサキもデカイぞ!【南房・千田沖】

南房・千田沖でマダイの乗っ込みがスタートし、良型~大型マダイが連日のように釣れていたのだ。4月中旬。ところが、春は天候も海況も安定しにくいとはいえ、まさかの取材日直前水温低下…。しかし、取材後は再びマダイの釣果が上向き、トップ7枚という釣果も出ている。

perm_media 《画像ギャラリー》マダイ乗っ込み盛期突入! イサキもデカイぞ!【南房・千田沖】の画像をチェック! navigate_next

二兎追うものは二兎得られちゃう! これはマジで魅力的、本命はマダイでジャンボイサキも!!

最後の流しにヒットした1㎏クラスの奇麗なマダイ。その前には明らかに大型と思われるアタリもあった。

開始早々にヒットした800gクラス。その後も順調にヒットすると思われたが…。

ポイントは千田沖30~50m前後。ポイント数は多く、ベテラン的場船長が的確に案内する。

「いいイサキですね!」児島玲子さんもこのイサキの大きさにはビックリ。

イサキ、デカッ!

コマセもオキアミ。ビシは60(80)号。

各地でマダイの乗っ込みが最盛期を迎え、ここ南房・千田沖も例外ではない。4月に入って連日のように良~大型マダイが取り込まれたのだ。それを受け、4月中旬に出掛けてみたが…。
「悪いときに来ちゃったね。水温が下がって模様がよくなくなっちゃったよ」と船長。釣りではよくあることとはいえ…。
しかし、4月下旬には早くも回復傾向!! 2.8㎏頭にトップ7枚! という釣果も出た。
「定置網にはマダイがかなり入っているので、これから期待できますよ!」多少上下動はしながらも、これからますます上向くのは間違いないだろう。
そしてもうひとつ、ここ千田沖の魅力がジャンボイサキ。どうですこのサイズ! これは選んで撮ったのでない。つまり、みんなこのサイズ! もちろん専門で狙うこともできるが、「マダイ狙いでも十分釣れるから、ウチはマダイ狙いで出船することが多いね」
乗っ込みマダイもジャンボイサキも両方釣りたいなら、迷わず千田沖だ!

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
太東沖のイサキは、大型の比率が高い!LTタックルの感度と操作性で釣れるパターンを探り出し「北限の大型」を獲る!リレー釣り片貝沖のハナダイも復活!
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
最新記事
幸昌丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ヒシダイ(スズキ目ヒシダイ科ヒシダイ属)国内では福島県でも見つかっているが、千葉県外房以南、富山湾以南に生息。
マルイカやイワシ類に付いた野性的なマダイを狙うのが「たいぞう丸」の「タイラバ五目」。広大なポイントを片舷限定のドテラ流しで攻められるメリットを生かして、年々新たなポイントが開拓されている。
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル