沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

剣崎沖は乗っ込みマダイがベストシーズン、数、型ともに◎【剣崎沖】

剣崎沖は乗っ込みマダイがベストシーズン、数、型ともに◎【剣崎沖】

「剣崎沖の乗っ込みは、例年だと5月に入ってから本格的になってくるんですが、今年は4月から乗っ込みに入ってます。5月は、さらによくなるかもしれませんね」。こう話すのは、剣崎間口港「喜平冶丸」の鈴木麻毅生船長。


取材当日は、乗っ込みらしい体色のマダイも多く、最大は3・75㎏。今後はさらに大型も期待できる

マダイの好ポイント剣崎沖で乗っ込みが本格的になってきた。これからしばらく、大型、そして数釣りが楽しめそうだ。

激しく抵抗をみせたが、海面近くでボコン! と浮いてきた。「いいタイだー!」

いかにも乗っ込み! というルックスの3.75㎏。このところ3㎏オーバーの乗っ込み大ダイも多くなってきた。

こちらも乗っ込みカラーの良型。

お腹がパンパン! まさに乗っ込みのマダイだ。白子、真子が入っていたら、煮付けや塩焼きでおいしくいただこう。

1~2㎏前後主体に、いい日はトップ7枚という日もある。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口港「喜平治丸」。

今まさにベストシーズンといえるのが、剣崎沖の乗っ込みマダイだ。
「例年だと5月から本格的になってくるんですが、今年は4月上旬の段階で、すでに乗っ込み気配濃厚です」。
こう話すのは剣崎沖にマダイ乗合で出船する剣崎間口港「喜平冶丸」の鈴木麻毅生船長。
「喜平冶丸」ではこのところ、いかにも乗っ込み、という黒ずんだ体色の大型が数まじるようになり、トップ5~7枚と数釣れる日も多くなってきた。
まじりでワラサ、ブリが食っており、7㎏のブリも上がっている。それら青物にハリスを切られることもあるが、明らかに大ダイらしきハリス切れも少なくないという。
「大きいのが食ったら、決して無理をしないで。走らせるだけ走らせて、止まったら巻くように。大ダイの可能性も高い時期です。慎重にやり取りしてくださいね」と鈴木船長。
取材当日は、乗っ込みらしい体色のマダイも多く、最大は3・75㎏。今後はさらに大型も期待できるだろう。
トップ4~7枚と数釣れる日が多く、大型の確率も高い。まさに乗っ込みベストシーズンだ!

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


遊動式カブラで数釣り体感! 飯岡沖のマダイ絶好調(梅花丸)

遊動式カブラで数釣り体感! 飯岡沖のマダイ絶好調(梅花丸)

「お盆ころから初秋までは、水深10m台でマダイがよく釣れていたのですが、いまは水深30m前後がメインになりました。しかし、水温がまだ20度近くあります。高いですよね。だから、まだまだ、エサ取り魚の活性も高いので、早い手返しが釣果を伸ばすカギになります」と話す、飯岡港「梅花丸」の若船長梅花亮佑さん


変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、オーソドックスなコマセマダイ用があれば楽しめる。竿は80号のビシに対応したコマセマダイ用がオススメ。長さは2.7〜3.3mが扱いやすいだろう。


魚影の濃さはケタ外れ! テンヤマダイ仕掛けと攻略法(大さん弘漁丸)

魚影の濃さはケタ外れ! テンヤマダイ仕掛けと攻略法(大さん弘漁丸)

タックルは、一般的なテンヤマダイ専用ロッドに軽量中型スピニングリールをセットするスタイルでOK。道糸にPE0.8〜1号を巻いて挑もう。使用テンヤは、3〜8号が中心となるので多目に持参すること。当地は岩礁地を攻めるのでハリ先が痛みがち。替えバリの用意も忘れずに。


ドンっと来るマダイにご注意を! コマセマダイ仕掛け&誘い(竜一丸)

ドンっと来るマダイにご注意を! コマセマダイ仕掛け&誘い(竜一丸)

南房エリアのコマセマダイ釣りは、ハリス長6〜7mの短めのものを使うのが主流。オキアミコマセもドバまきが基本だ。コマセ釣りの原点のようなもので、タナ付近でコマセと付けエサを同調させて、コマセのなかに入ってきた活性の高い個体を釣り上げるというものである。


大型マダイを狙うなら広範囲を探ろう! 仕掛け&釣り方(太幸丸)

大型マダイを狙うなら広範囲を探ろう! 仕掛け&釣り方(太幸丸)

竿はひとつテンヤ用の2.4〜2.7mが扱いやすいだろう。これに小型のスピニングリールを組み合わせる。リールはとにかくドラグ性能がいいものを選ぶこと。大ダイや中ダイが掛かったときは、ラインを出さないと、まず取り込むことはできない。


最新の投稿


遊動式カブラで数釣り体感! 飯岡沖のマダイ絶好調(梅花丸)

遊動式カブラで数釣り体感! 飯岡沖のマダイ絶好調(梅花丸)

「お盆ころから初秋までは、水深10m台でマダイがよく釣れていたのですが、いまは水深30m前後がメインになりました。しかし、水温がまだ20度近くあります。高いですよね。だから、まだまだ、エサ取り魚の活性も高いので、早い手返しが釣果を伸ばすカギになります」と話す、飯岡港「梅花丸」の若船長梅花亮佑さん


第8回 「鋸南町カワハギフェスティバル」大会結果報告!

第8回 「鋸南町カワハギフェスティバル」大会結果報告!

11月3日(土)に開催された「第8回 鋸南町カワハギフェスティバル」の結果報告です。


ヒラメは「根の釣り」ピンポイントに攻めろ!ヒラメ仕掛け(福田丸)

ヒラメは「根の釣り」ピンポイントに攻めろ!ヒラメ仕掛け(福田丸)

仕掛けは普通のヒラメ仕掛けでO‌K。ただし、孫バリはトレブルフックをすすめている。「特に慣れていない人はトレブルフックがオススメです。これだとどこかに掛かれば取れますので」もちろん、孫バリはシングルフックでしっかりと食わせて取りたい、という人はシングルを使えばいいだろう。


釣り方色々で楽しい! LTウイリー五目の仕掛けと釣り方(庄三郎丸)

釣り方色々で楽しい! LTウイリー五目の仕掛けと釣り方(庄三郎丸)

コマセ釣りの竿は30〜40号のオモリに対応できるライト用、7対3調子の2m前後がおすすめ。リールは手巻きの小型両軸か超小型電動を組み合わせる。道糸はPEラインの2号以下を200mは巻いておこう。


2018テイルウォークカップ『北村秀行』チャーマスフェスティバルIN波崎 11月25日開催 参加者募集

2018テイルウォークカップ『北村秀行』チャーマスフェスティバルIN波崎 11月25日開催 参加者募集

11月25日に波崎沖大根周辺海域で開催される「2018テイルウォークカップ 『北村秀行』チャーマスフェスティバル 」の参加者募集内容です。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読