沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

剣崎沖は乗っ込みマダイがベストシーズン、数、型ともに◎【剣崎沖】

剣崎沖は乗っ込みマダイがベストシーズン、数、型ともに◎【剣崎沖】

「剣崎沖の乗っ込みは、例年だと5月に入ってから本格的になってくるんですが、今年は4月から乗っ込みに入ってます。5月は、さらによくなるかもしれませんね」。こう話すのは、剣崎間口港「喜平冶丸」の鈴木麻毅生船長。


取材当日は、乗っ込みらしい体色のマダイも多く、最大は3・75㎏。今後はさらに大型も期待できる

マダイの好ポイント剣崎沖で乗っ込みが本格的になってきた。これからしばらく、大型、そして数釣りが楽しめそうだ。

激しく抵抗をみせたが、海面近くでボコン! と浮いてきた。「いいタイだー!」

いかにも乗っ込み! というルックスの3.75㎏。このところ3㎏オーバーの乗っ込み大ダイも多くなってきた。

こちらも乗っ込みカラーの良型。

お腹がパンパン! まさに乗っ込みのマダイだ。白子、真子が入っていたら、煮付けや塩焼きでおいしくいただこう。

1~2㎏前後主体に、いい日はトップ7枚という日もある。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口港「喜平治丸」。

今まさにベストシーズンといえるのが、剣崎沖の乗っ込みマダイだ。
「例年だと5月から本格的になってくるんですが、今年は4月上旬の段階で、すでに乗っ込み気配濃厚です」。
こう話すのは剣崎沖にマダイ乗合で出船する剣崎間口港「喜平冶丸」の鈴木麻毅生船長。
「喜平冶丸」ではこのところ、いかにも乗っ込み、という黒ずんだ体色の大型が数まじるようになり、トップ5~7枚と数釣れる日も多くなってきた。
まじりでワラサ、ブリが食っており、7㎏のブリも上がっている。それら青物にハリスを切られることもあるが、明らかに大ダイらしきハリス切れも少なくないという。
「大きいのが食ったら、決して無理をしないで。走らせるだけ走らせて、止まったら巻くように。大ダイの可能性も高い時期です。慎重にやり取りしてくださいね」と鈴木船長。
取材当日は、乗っ込みらしい体色のマダイも多く、最大は3・75㎏。今後はさらに大型も期待できるだろう。
トップ4~7枚と数釣れる日が多く、大型の確率も高い。まさに乗っ込みベストシーズンだ!

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ポイントは難易度Dの魚礁周り! 飯岡沖テンヤマダイの仕掛け(幸丸)

ポイントは難易度Dの魚礁周り! 飯岡沖テンヤマダイの仕掛け(幸丸)

タックルは標準的なひとつテンヤ用でOK。大型がヒットしているので、ふだん使い慣れたタックルで臨むのがいいだろう。ポイントの水深は20m台〜30m台。潮が速くても10号ぐらいまでのテンヤがあれば底立ちがわかるだろう。そのため10号ぐらいまでのテンヤに対応したひとつテンヤ専用竿があればOK。


目指せ10kg! ボトム狙いでイージーに大ダイをGET!(大貫丸)

目指せ10kg! ボトム狙いでイージーに大ダイをGET!(大貫丸)

秋の日立沖は大型マダイのチャンスいっぱいだ。「夏の終わりごろ、シラスやイワシなどの小魚を追って10mぐらいの浅場に入ってきた大型マダイが、秋になって少しずつ深場に落ちていき、30~40m前後で落ち着きます。そこで、タイが荒食いすると大ダイが連発することが多いんです」と、そう話すのは日立久慈港「大貫丸」の大貫翔平船長。


潮次第で好釣果が期待できる! 川津沖のひとつテンヤマダイ(とみ丸)

潮次第で好釣果が期待できる! 川津沖のひとつテンヤマダイ(とみ丸)

外房・川津沖のひとつテンヤマダイは、秋口からたびたび好釣果を記録している。アタリが多いときは2〜5㎏の大ダイ、中ダイが取り込まれているほか、ヒラマサやワラサなどの青物もまじっている。


葉山沖のコマセマダイ、嬉しいゲストも豊富だ!(正一丸)

葉山沖のコマセマダイ、嬉しいゲストも豊富だ!(正一丸)

葉山芝崎「正一丸」では10月からマダイ五目乗合を開始。スタートからマダイの好釣果が続き、乗船者全員が型を見ることも珍しくない。嬉しいゲストもまじっている。


6.9kgも上がった⁉︎ 浅場で大ダイのチャンス!(一之瀬丸)

6.9kgも上がった⁉︎ 浅場で大ダイのチャンス!(一之瀬丸)

昨年晩秋11月に突然フィーバーした八景沖のマダイ。4~5㎏級の大ダイが水深20mタナ10m前後の超浅場で、それこそバホバホと食ったのには驚いた。


最新の投稿


茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

関東最北端の港、茨城県平潟港に今年もやってきたマダラの季節。9月1日、今や多くの深場釣り師の間で常識となった「マダラは夏は身肉、晩秋以降は白子が魅力」を知らしめた「第十五隆栄丸」の鈴木和次船長.


東北のヒラメパラダイスへようこそ! 大型狙いで坊主なし(大海丸)

東北のヒラメパラダイスへようこそ! 大型狙いで坊主なし(大海丸)

仙台湾の秋を代表する釣り物といえばヒラメ。初夏のシーズンインから初冬まで続き、秋が最盛期となる。特に南部の亘理沖はヒラメのポイントが水深20〜50mのラインに広がり、ベイト豊富で魚影は抜群。塩釜や名取閖上の釣り船も、ヒラメ釣りには亘理まで走ってくることもある。


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読