剣崎沖は乗っ込みマダイがベストシーズン、数、型ともに◎【剣崎沖】

剣崎沖は乗っ込みマダイがベストシーズン、数、型ともに◎【剣崎沖】

「剣崎沖の乗っ込みは、例年だと5月に入ってから本格的になってくるんですが、今年は4月から乗っ込みに入ってます。5月は、さらによくなるかもしれませんね」。こう話すのは、剣崎間口港「喜平冶丸」の鈴木麻毅生船長。


取材当日は、乗っ込みらしい体色のマダイも多く、最大は3・75㎏。今後はさらに大型も期待できる

マダイの好ポイント剣崎沖で乗っ込みが本格的になってきた。これからしばらく、大型、そして数釣りが楽しめそうだ。

激しく抵抗をみせたが、海面近くでボコン! と浮いてきた。「いいタイだー!」

いかにも乗っ込み! というルックスの3.75㎏。このところ3㎏オーバーの乗っ込み大ダイも多くなってきた。

こちらも乗っ込みカラーの良型。

お腹がパンパン! まさに乗っ込みのマダイだ。白子、真子が入っていたら、煮付けや塩焼きでおいしくいただこう。

1~2㎏前後主体に、いい日はトップ7枚という日もある。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口港「喜平治丸」。

今まさにベストシーズンといえるのが、剣崎沖の乗っ込みマダイだ。
「例年だと5月から本格的になってくるんですが、今年は4月上旬の段階で、すでに乗っ込み気配濃厚です」。
こう話すのは剣崎沖にマダイ乗合で出船する剣崎間口港「喜平冶丸」の鈴木麻毅生船長。
「喜平冶丸」ではこのところ、いかにも乗っ込み、という黒ずんだ体色の大型が数まじるようになり、トップ5~7枚と数釣れる日も多くなってきた。
まじりでワラサ、ブリが食っており、7㎏のブリも上がっている。それら青物にハリスを切られることもあるが、明らかに大ダイらしきハリス切れも少なくないという。
「大きいのが食ったら、決して無理をしないで。走らせるだけ走らせて、止まったら巻くように。大ダイの可能性も高い時期です。慎重にやり取りしてくださいね」と鈴木船長。
取材当日は、乗っ込みらしい体色のマダイも多く、最大は3・75㎏。今後はさらに大型も期待できるだろう。
トップ4~7枚と数釣れる日が多く、大型の確率も高い。まさに乗っ込みベストシーズンだ!

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


チャンスは5月後半にアリ! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ【鹿島沖】

チャンスは5月後半にアリ! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ【鹿島沖】

毎年数々のメモリアルサイズが上がる鹿島沖のひとつテンヤマダイ。今年も4月に入り開幕。多少の波はあるものの、すでに5㎏級が何枚も上がっていると聞き、鹿島港(現在は鹿島新港より出船中)の「清栄丸」にお世話になった。


遠征シマアジ&イサキ五目を堪能せよ【東伊豆・網代南沖】

遠征シマアジ&イサキ五目を堪能せよ【東伊豆・網代南沖】

欲張り派はもちろん、グルメ志向の釣り師達がこぞって大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。その初日、二日目の様子をチェックしてきたので、さっそく報告していこう。


初島周りのマダイ乗っ込み本格スタート!!【初島周り】

初島周りのマダイ乗っ込み本格スタート!!【初島周り】

マダイ狙いで初島周りに出船した宇佐美港「富八丸」。この日は「エイテック」若手社員のみなさんの沖釣り研修会で、仕立での出船。講師役として、「ディープマスター・テル岡本」こと、エイテック・テスター岡本光央さんも乗船し乗っ込みマダイを狙った。


厳寒期から好調続き! 春の大ダイチャンスに突入!!【茨城・鹿島沖】

厳寒期から好調続き! 春の大ダイチャンスに突入!!【茨城・鹿島沖】

今年の鹿島沖のテンヤマダイは、厳寒期(1〜3月前半)でも例年になく好調だった。そして、3月中旬ぐらいから大型マダイもまじるようになってきた。


視界良好! 数釣りの期待大! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ【飯岡沖】

視界良好! 数釣りの期待大! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ【飯岡沖】

アタリが多く、ベテランからエントリークラスまでが楽しめる外房・飯岡沖のひとつテンヤ。そのアツい時期がついにやって来た! 本命のマダイが乗っ込みの気配を見せ始め、徐々に数が揚がっているのだ。


最新の投稿


明確なアタリと力強い引きが楽しめる! 鴨居沖のカサゴ【鴨居沖】

明確なアタリと力強い引きが楽しめる! 鴨居沖のカサゴ【鴨居沖】

4月29日、今回お世話になった船宿は横浜横須賀道路浦賀インターからすぐの鴨居大室港「五郎丸」。ここでは午前と午後のカサゴが出船中で、半日船とは思えない好釣果が続いているので期待に胸が膨らむ。また、ゴールデンウイークとあって、元気なちびっ子の姿も微笑ましい。


チャンスは5月後半にアリ! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ【鹿島沖】

チャンスは5月後半にアリ! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ【鹿島沖】

毎年数々のメモリアルサイズが上がる鹿島沖のひとつテンヤマダイ。今年も4月に入り開幕。多少の波はあるものの、すでに5㎏級が何枚も上がっていると聞き、鹿島港(現在は鹿島新港より出船中)の「清栄丸」にお世話になった。


遠征シマアジ&イサキ五目を堪能せよ【東伊豆・網代南沖】

遠征シマアジ&イサキ五目を堪能せよ【東伊豆・網代南沖】

欲張り派はもちろん、グルメ志向の釣り師達がこぞって大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。その初日、二日目の様子をチェックしてきたので、さっそく報告していこう。


誰でも異次元の体験可能! 相模湾のシマガツオ【相模湾】

誰でも異次元の体験可能! 相模湾のシマガツオ【相模湾】

シマガツオ。その釣りやすさと強烈な引きは独特の釣趣を持っている。食べても癖のない白身はいろいろな料理に合うのでもっと人気が出ても良さそうな魚なのだが、いまひとつマイナーの域を出ない釣り物だ。そんなシマガツオの魅力を探ってみようと、佐島港へと向かった。


東京湾のマゴチ釣り、この面白さはやらなきゃわからん! 【東京湾】

東京湾のマゴチ釣り、この面白さはやらなきゃわからん! 【東京湾】

まだ見ぬ魚との駆け引きに全神経を集中させた。「行け!」と竿先を凝視しながら心の中で叫ぶと、唐突にグイっと竿先が引き込まれた。「今だ!」竿を大きく煽るとロッドがぐにゃりと曲がりこんだ。「乗った!」ガンガンと竿を叩くこいつとの勝負。渾身の力を込めてリールを巻く。この暴れっぷりは間違いなく本命マゴチだ!


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読