MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
水深120mでムシガレイが釣れてます!【新潟・上越沖】

水深120mでムシガレイが釣れてます!【新潟・上越沖】

新潟県上越沖はいまの時期、湿度が80%を越すムシムシした日が続く。そんな頃の鉄板の釣り物がムシガレイ。40㎝を超える個体は、ヒラメさながらの引きをみせて釣り味抜群だ。

ムシガレイは煮付けや塩焼きで食すと大変美味でございます

軽快に沖へ走行する「さとみ丸」。ポイントまでは約1時間前後。

着底後すばやく竿いっぱい仕掛けを上げます。仕掛けの絡み防止と誘いの意味があります。

水深120m程度のポイントを釣るので、追い食いさせて数を延ばそう。

「本間釣具上越店」の小林洋さん。店舗内放送用のビデオ撮りの合間に良型をゲット。

良型3点掛けともなれば重量感はものすごい。小型電動リールではブレーカーが落ちまくります。PE6号300m巻きクラスの中型を使いましょう。

「さとみ丸」の船宿仕掛け。一見シンプルだが篠原船長のこだわりが随所に施されている。

付けエサは1㎝幅位にカットしたサバの切り身。

天気が良ければ中小型サイズは干してみましょう。旨さが一段と進みます。

お土産十分で全員ホクホク顔。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・有間川漁港「さとみ丸」。

ムシガレイの身はやや水っぽいものの、煮付けや塩焼きで食すと大変美味である。天気が良ければ船上干しも最高の酒の肴となる。40㎝オーバーは刺身か昆布締めで食すのが最高。
有間川漁港所属の「さとみ丸」の篠原弘船長は、数釣りよりも大型、良型ムシガレイを狙って水深120mのポイントを探る。
この釣りのポイントをたずねると、
「カレイだからと仕掛けを底に這わす様な釣り方はNG。ムシガレイは他のカレイと比べて泳力があるので大型ほど底から高い位置のエサに食いついて来る。うちの船宿仕掛けは全長1.6mの5本バリ仕様なので、着底後に仕掛けの長さ分を巻き上げて魚信を待つ方法で小型を避けて良型を釣り分けてます」とのこと。
常連さんによれば、8月に入ると40㎝オーバーの個体との遭遇確率が高くなるそうである。なんと50㎝オーバーもいると言う。
開始当初から例年になく脂の乗りが良い今年のムシガレイだが、お盆に向けてさらに脂が乗って激うまとなる事は間違いない。

以上の記事は「つり丸」2014年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
大原沖のヒラメは好シーズンに突入!今後、イワシの群れがくれば良型の数釣りが期待できる!まだイワシパターンには突入していないが、「富久丸」では、今年の初出船でトップ6枚。3.6kgの大型もまじっている。
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
最新記事
大原沖のヒラメは好シーズンに突入!今後、イワシの群れがくれば良型の数釣りが期待できる!まだイワシパターンには突入していないが、「富久丸」では、今年の初出船でトップ6枚。3.6kgの大型もまじっている。
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読