MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
視界良好! 数釣りの期待大! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ【飯岡沖】

視界良好! 数釣りの期待大! 飯岡沖のひとつテンヤマダイ【飯岡沖】

アタリが多く、ベテランからエントリークラスまでが楽しめる外房・飯岡沖のひとつテンヤ。そのアツい時期がついにやって来た! 本命のマダイが乗っ込みの気配を見せ始め、徐々に数が揚がっているのだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

乗っ込んできた時に攻める水深は、平均10~20m。イージーに釣れる時期はズバリ、いまだっ!

ひとつテンヤ歴2度目と言う末松姉妹は、ハナダイまじりでトータル13枚をゲット。右上の清水さんは、船中第一枚となるマダイを仕留めた。

ゴキゲンな引きでアツくなれる!!

2日間シケで、海は底荒れ状態だった当日。シケ後の午前船は食わないと言うジンクスを見事打破して数を伸ばした工藤さん。

抜き上げる瞬間も実にエキサイティング!

状況はイマイチだったが、食ってきたマダイの活性は高くガッチリ食いこんでいた。

この日の水深は30~50mと深かったが、海底はフラットでテンヤが根掛かることは一度もなかった。使用したテンヤは平均8号。2号から12号までは用意したい。

エサ付けご覧の通りで、詳しい釣り方は『船宿クロニクル』で紹介してます!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡「幸丸」。

「4月の上旬くらいから、その兆しが出始めましたね。婚姻色を出したオスが何枚か揚がりましたから。この感じで行くと例年通りGW頃がハイシーズンになるんじゃないかな」と取材で訪れた飯岡港「幸丸」の向後恵一船長が見通しを語ってくれた。
この釣りは、底ダチさえきちんと取れれば、釣果は自ずとついてくる。が、ナチュラルにエサを落とす軽いテンヤでは、なかなか底を取るのが…とお嘆きのアングラーもいるハズ。そこで朗報だ。嬉しいことに飯岡沖は、他のエリアより比較的、潮が緩めで、またそのほとんどが砂底。つまり底ダチ取りが楽にでき、根掛かりの心配もなくガンガン攻めることができるのだ。
「ストイックに軽いテンヤにこだわって底が取れないんじゃ意味がありません。確実に底が取れるテンヤを使って、ぜひ楽しんで欲しいですね。ここは重めのテンヤでも釣れますから。例年、最低でもハナダイまじりで10枚は釣れますよ」と恵一船長。
乗っ込んできた時に攻める水深は、平均10~20m。イージーに釣れる時期はズバリ、いまですよ!

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル