MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
トップ80本超えも! 日中タチウオ開幕!【駿河湾・富士川沖】

トップ80本超えも! 日中タチウオ開幕!【駿河湾・富士川沖】

駿河湾の大人気ターゲット・タチウオが、いきなりなんとトップ60~80本以上という驚くべき釣果で開幕した。まさに大爆釣だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ときには1㎏オーバーのドラゴンサイズも姿を見せているので、油断はならないゾ!

夏シーズンのサイズは平均指2.5本と冬シーズンより少々小ぶりだが、こんな良型も時々まじる。1kgオーバーの大型もヒットしている!

取材当日は朝から大雨で4月下旬とは思えないほどの寒さのなか、前半はタチウオが高活性! ひと流し目からイレグイ状態!

当日はピンク系のジグにヒットが集中。カラーによって釣果に差が出る釣りなので、できるだけたくさんの色を用意しておこう。

ポイントは富士川沖周辺。日中なのでタナは50〜100m前後と夜より深めだ。

アタリの数は多く、こんなダブルヒットの光景は珍しくなかった。楽しい!

アベレージはこのサイズだが、かなり脂が乗っていて美味!

駿河湾のタチウオは甘みが強い。一度食べたらヤミツキになってしまう人が多いのも納得。

釣って楽しく食べておいしい駿河湾のタチウオ。刺身や塩焼きなど、どんな料理にしても最高です!

ジグは100〜200g、カラーも多めに用意しよう。

みなさんクーラーボックスはこんなかんじ! 大型クーラーボックス持参で出掛けよう!

釣り方はジギングが断然有利。エサでももちろん釣れているが、ジギングのほうが手返しがよいので、エサの釣果はジギングの半分程度となっている。
この時期は夜釣りではなく、日中の釣り。したがってタナは深め。水深50~80m、時には100m以上を攻めることもある。ジグは100~200gまで幅広く用意しておこう。
サイズは、冬シーズンよりは小ぶりで指2.5本前後が主体。それに指3~4本以上の良型がひとり数本程度まじっている。だが、ときには1㎏オーバーのドラゴンサイズも姿を見せているので、油断はならないゾ!
しかし、指2.5本サイズ平均といっても侮ることなかれ。このサイズでもビックリするほど脂が乗っており、甘みもあって非常に美味しいのが駿河湾のタチウオだ。
とくに雨が降った後、表層だけ濁りが入ったときは最高の条件だ。これから雨が多くなる季節。だからこそ釣果もいっそう上向くというわけだ。昨年は5月の開幕からそのまま今年の3月まで釣れ続いた。さあ、超ロングランシーズンのスタートだ!

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル