MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヒラマサ&ブリ、カンパチブレイク中!!【南伊豆・神子元島周り】

ヒラマサ&ブリ、カンパチブレイク中!!【南伊豆・神子元島周り】

南伊豆下田沖に鎮座する神子元島。磯釣りでは超一級のポイントが多いことで有名だが、黒潮の影響が濃く出るこの島の周りには、大型青物たちが回遊することでも知られる。その様子は、ダイバーたちによって連日インターネット上に詳細に紹介されている。

当日は神子元島前のカンパチはラインブレイク1度のみで、その沖の根周りのベイト反応を狙うとブリとヒラマサがヒット

南伊豆沖に浮かぶ、神子元島に黒潮が流入! ヒラマサ&ブリたちが大挙して回遊中だ。

朝いちの神子元島前。島周りにはカンパチが回遊中。その様子はダイバーたちの画像で確認できるほど。

戦陣を切ったのは、この9㎏のブリ。イワシを追っていた。

7.5kgヒラマサ!

200gのセグロにヒットが集中。ベイトがイワシだからだろう。

8.2㎏のヒラマサをキャッチした小田原市の奥津泰久さん。こちらもヒットジグは200gセグロ。

杉並区の山木淳一さんはブリ9.8㎏をキャッチ。

3人の釣果がコレ。神子元島周りはいまがチャンス。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・弓ヶ浜「惠丸」。

ここ数年は、東伊豆沖のルアーマグロ船として強烈な印象がついている弓ヶ浜「惠丸」だが、もとは地先の神子元島周りの青物ジギングを得意としていたルアー船。西から暖かい潮が流れ込むゴールデンウイーク前後は、カンパチ&ヒラマサの絶好シーズン。この機を逃すまいと、連日好釣果を上げている。
「カンパチはいつも同じところで釣れます。時合にヒットするので粘りが大切。しかし、今回のヒラマサは意外なところにいましたね。トリヤマ目指して動いたのですが、それが功を奏して、トリの下の根周りにヒラマサとブリ、ワラサが着いていました。魚影はかなり濃いのでしばらくは期待できます」とは、「惠丸」の良川福一船長。
当日は、神子元島前のカンパチはラインブレイク1度のみで、その沖の根周りのベイト反応を狙うとブリとヒラマサがヒット。どうにも止められない大型のバラシもあり、青物フィーバーという感じだった。
「惠丸」の今後の予定は、御蔵島と神子元島の青物ジギング、マグロのキャスティングの3本立てという。伊豆の底力を知るには絶好のこのシーズンをルアーマンは逃すな!!

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
ジギングは、ロッドは長さ6フィート前後、ラインはPE2〜3号、リーダーはフロロの40〜60Lb。キャスティングは、ロッドは長さ7フィート前後、ラインはPE2号、リーダーはナイロンの40Lb。
東京湾のタチウオゲームがトップシーズンを迎えている。しかも、この時期のタチウオは良・大型揃い! みな指3.5~5本オーバーのメーター前後で、指2~2.5本という小型は1本たりともまじらなかった。
「魚探に反応はしっかり出ているんですけどね。よほどなにかを嫌っているんでしょう。口を使ってくれませんね」と、状況を教えてくれたのは川崎「つり幸」の村上船長。言葉のやり取りがあったのは、昨年の暮れ。
“タルイカ”。北陸で呼ばれている名だが、東日本では聞きなれない名前のイカだろう。標準和名はソデイカ。このイカが昨年、一昨年の秋から冬に、山陰から北陸にかけて大発生。大きくなると20㎏を超えるという。
爆発的人気! とは言えないが、年を追うごとに着実にファンを増やしているのが、南伊豆出船で狙う新島沖のキンメダイゲームだ。新島沖のキンメダイは、数こそ望めないものの、2㎏クラスは当たり前、狙いは3㎏!
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読