MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヒラマサ&ブリ、カンパチブレイク中!!【南伊豆・神子元島周り】

ヒラマサ&ブリ、カンパチブレイク中!!【南伊豆・神子元島周り】

南伊豆下田沖に鎮座する神子元島。磯釣りでは超一級のポイントが多いことで有名だが、黒潮の影響が濃く出るこの島の周りには、大型青物たちが回遊することでも知られる。その様子は、ダイバーたちによって連日インターネット上に詳細に紹介されている。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

当日は神子元島前のカンパチはラインブレイク1度のみで、その沖の根周りのベイト反応を狙うとブリとヒラマサがヒット

南伊豆沖に浮かぶ、神子元島に黒潮が流入! ヒラマサ&ブリたちが大挙して回遊中だ。

朝いちの神子元島前。島周りにはカンパチが回遊中。その様子はダイバーたちの画像で確認できるほど。

戦陣を切ったのは、この9㎏のブリ。イワシを追っていた。

7.5kgヒラマサ!

200gのセグロにヒットが集中。ベイトがイワシだからだろう。

8.2㎏のヒラマサをキャッチした小田原市の奥津泰久さん。こちらもヒットジグは200gセグロ。

杉並区の山木淳一さんはブリ9.8㎏をキャッチ。

3人の釣果がコレ。神子元島周りはいまがチャンス。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・弓ヶ浜「惠丸」。

ここ数年は、東伊豆沖のルアーマグロ船として強烈な印象がついている弓ヶ浜「惠丸」だが、もとは地先の神子元島周りの青物ジギングを得意としていたルアー船。西から暖かい潮が流れ込むゴールデンウイーク前後は、カンパチ&ヒラマサの絶好シーズン。この機を逃すまいと、連日好釣果を上げている。
「カンパチはいつも同じところで釣れます。時合にヒットするので粘りが大切。しかし、今回のヒラマサは意外なところにいましたね。トリヤマ目指して動いたのですが、それが功を奏して、トリの下の根周りにヒラマサとブリ、ワラサが着いていました。魚影はかなり濃いのでしばらくは期待できます」とは、「惠丸」の良川福一船長。
当日は、神子元島前のカンパチはラインブレイク1度のみで、その沖の根周りのベイト反応を狙うとブリとヒラマサがヒット。どうにも止められない大型のバラシもあり、青物フィーバーという感じだった。
「惠丸」の今後の予定は、御蔵島と神子元島の青物ジギング、マグロのキャスティングの3本立てという。伊豆の底力を知るには絶好のこのシーズンをルアーマンは逃すな!!

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル