MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヒラマサ&ブリ、カンパチブレイク中!!【南伊豆・神子元島周り】

ヒラマサ&ブリ、カンパチブレイク中!!【南伊豆・神子元島周り】

南伊豆下田沖に鎮座する神子元島。磯釣りでは超一級のポイントが多いことで有名だが、黒潮の影響が濃く出るこの島の周りには、大型青物たちが回遊することでも知られる。その様子は、ダイバーたちによって連日インターネット上に詳細に紹介されている。

当日は神子元島前のカンパチはラインブレイク1度のみで、その沖の根周りのベイト反応を狙うとブリとヒラマサがヒット

南伊豆沖に浮かぶ、神子元島に黒潮が流入! ヒラマサ&ブリたちが大挙して回遊中だ。

朝いちの神子元島前。島周りにはカンパチが回遊中。その様子はダイバーたちの画像で確認できるほど。

戦陣を切ったのは、この9㎏のブリ。イワシを追っていた。

7.5kgヒラマサ!

200gのセグロにヒットが集中。ベイトがイワシだからだろう。

8.2㎏のヒラマサをキャッチした小田原市の奥津泰久さん。こちらもヒットジグは200gセグロ。

杉並区の山木淳一さんはブリ9.8㎏をキャッチ。

3人の釣果がコレ。神子元島周りはいまがチャンス。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・弓ヶ浜「惠丸」。

ここ数年は、東伊豆沖のルアーマグロ船として強烈な印象がついている弓ヶ浜「惠丸」だが、もとは地先の神子元島周りの青物ジギングを得意としていたルアー船。西から暖かい潮が流れ込むゴールデンウイーク前後は、カンパチ&ヒラマサの絶好シーズン。この機を逃すまいと、連日好釣果を上げている。
「カンパチはいつも同じところで釣れます。時合にヒットするので粘りが大切。しかし、今回のヒラマサは意外なところにいましたね。トリヤマ目指して動いたのですが、それが功を奏して、トリの下の根周りにヒラマサとブリ、ワラサが着いていました。魚影はかなり濃いのでしばらくは期待できます」とは、「惠丸」の良川福一船長。
当日は、神子元島前のカンパチはラインブレイク1度のみで、その沖の根周りのベイト反応を狙うとブリとヒラマサがヒット。どうにも止められない大型のバラシもあり、青物フィーバーという感じだった。
「惠丸」の今後の予定は、御蔵島と神子元島の青物ジギング、マグロのキャスティングの3本立てという。伊豆の底力を知るには絶好のこのシーズンをルアーマンは逃すな!!

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
最新記事
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読