MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ライト&スロースタイルで満喫するヒラマサ&ワラサ【外房・御宿沖】

ライト&スロースタイルで満喫するヒラマサ&ワラサ【外房・御宿沖】

「どうぞ。水深は56mかな? だんだん浅くなって行きますよ。根のトップではヒラマサ、落ちたところではワラサって感じです」と船長がアナウンス。この船はライト&スローなスタイルにこだわって出船、人気を集めている船だ。

perm_media 《画像ギャラリー》ライト&スロースタイルで満喫するヒラマサ&ワラサ【外房・御宿沖】の画像をチェック! navigate_next

マトウダイ、キントキダイ、予想外のショゴ(カンパチの幼魚)ラッシュ! これにまじってヒラマサにイナダ!

新山下「アイランドクルーズ」家田シゲヒロ船長がスローピッチジャークで参戦中!!

西本康生さんが外房初釣戦!! 見事狙ってヒラマサをキャッチした。

西本さんにジグセレクト。ディープライナーのスロースキップシリーズから試していく。

「初めての釣り場だからこそ、釣りがいがある」と話す、西本さん。その実力はどんな場所でも発揮させられることを証明した。

カンパチラッシュだ! スローに好反応!!

ボトムをねちねちと誘うとチカメキントキがバイト。スローピッチでは魚種を選ぶことが可能だ。

取材日は4月中旬。それまでワラサ中心だった外房エリアに、数日前から広範囲にヒラマサの群れが回遊。大小サイズをまじえて、にわかに盛り上がりを見せ始めた、そんなタイミングだった。
三本松と呼ばれるファーストポイントは不発。20m近い強風もあって、不安を覚えるスタートだったが、勝浦沖に移動してからは一気に上昇。マトウダイ、キントキダイなどの脇役から顔を出し始め、予想外のショゴ(カンパチの幼魚)ラッシュ! これにまじってヒラマサ、イナダが顔を出す、というにぎやかな展開。
取材日はスローピッチで狙うアングラーが多かったが、むろん通常のジギングスタイルでもOKだ。
「PE2号を基本としたタックルをおすすめしています。でも、これからの時期はヒラマサの確率も高くなるので、不安な人はPE3号タックルを用意してもいいでしょう。どんな釣りを展開するかはアングラー次第です」と船長。
ヒラマサ回遊の報を受け、盛り上がりを見せる外房沖。好みのスタイルで楽しむことができる好期が到来している。

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
関東屈指の大ダイ場で、乗っ込みマダイが開幕だ!勝浦川津港「とみ丸」ではプレシーズンで大ダイが爆釣中!夢の大ダイを狙ってみよう!
ソフトルアーを使って海底付近を攻める東京湾のチニングゲーム!ターゲットはキビレ&クロダイ。注目の新釣法!ぜひ挑戦をおすすめしたい、NEWスタイルだ!
東京湾のシーバスがシーズン終了まであともう少し!水温も上昇に転じ、高活性化する時期!大型&数釣りも可能なジギングゲーム!ラストスパート!!
江戸川放水路の「林遊船」で大人気なのが「カスタム和船」と呼ばれるフラットボートによる湾奥のシーバスゲーム。新江戸前の釣りにぜひ挑戦してほしい。
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル