MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
絶好調そのものだ! 片貝沖のハナダイ五目がすごくイイ!!【片貝沖】

絶好調そのものだ! 片貝沖のハナダイ五目がすごくイイ!!【片貝沖】

気温が上がり、水温も上昇していよいよ沖釣りの本格シーズンに突入した。好調な釣り物は数あれど、「絶好調」なものは意外に少ない? そんな中、絶好調の釣り物がありました。それが、片貝沖のハナダイ五目だ。そんな情報を得て、4月17日に「直栄丸」に急行した。

perm_media 《画像ギャラリー》絶好調そのものだ! 片貝沖のハナダイ五目がすごくイイ!!【片貝沖】の画像をチェック! navigate_next

「えっ! これで小さいなんて!」という良型がダブル、トリプルで釣れあがってくる

現在の片貝沖は、30cm前後の良型主体で規定数(50枚)続出! とにかくサイズがよくて数も出る!

当日最大は40㎝オーバーの大型。

千葉市の飯高さんは見事な手さばきでダブル、トリプルを連発!

ポイントは航程40分前後の魚礁周り。

ダブルは確実だよ!」。タイの引きが楽しい。

筆者は2時間で18リットルクーラーが満タンに。

アジは40cm前後だと「小さいほう」だとか。しかし、このサイズのアジは脂の乗りが抜群だ。

アミコマセのコマセ釣り。

仕掛けは空バリのものが良いという。

タナは20mから上を探る。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「直栄丸」。

好調や絶好調という言葉は良く聞くが、実際にその場に居合わせることって、意外に少ないのではないだろうか。しかし、ここ片貝沖のハナダイ五目は、かなりの高確率でそんな状況に遭遇することができる。
「朝は大アジと大型のハナダイを狙って、その後はハナダイの数釣りになりますが、アジもハナダイもとにかくサイズが良いんです。手の平サイズはほとんどいません」と、片貝旧港「直栄丸」の山本義雄船長は言う。
取材日は、朝から大アジがおもしろいように竿を曲げる。
「いまのアジは脂が乗って最高にうまいですよ。毎週のようにきていますが、最近はいつもいい思いをさせてもらっています」と常連さん。
朝方はアジが多いものの、30㎝オーバーのハナダイもまじり出す。そして、40㎝オーバーのビッグも顔を出す。数釣りのポイントに移動してからもハナダイが食いまくり。
「今日は、いつもより型が小さい」と船長。「えっ! これで小さいなんて!」という良型がダブル、トリプルで釣れあがってくる。
「いまは、エサバリでやったほうが食いが良いね。本当にいいときはカラーバリが一番ですよ」
“絶好調”な釣りを楽しみたいなら、マジでハナダイ五目を推します!!

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル