MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
LTで楽しさ倍増! 館山沖のイワシ泳がせ五目【館山沖】

LTで楽しさ倍増! 館山沖のイワシ泳がせ五目【館山沖】

館山の「鯨丸」を訪れたのは久しぶりだった。前回は2011年3月12日に釣行予定だったが、その前日はあの大地震、とても釣りどころではなく中止となった。あれから2年が経った4月13日、港に着くと唐沢進船長は相変わらず飄々とした様子で出船準備を進めていた。

次の瞬間、ズドンと竿が突き刺さる。竿を根もとから曲げるやりとりで浮いてきたのはキロオーバーのヒラメだった

泳がせのメインはヒラメ。このほかフィッシュイーターは何でも釣れる。

いい引きであがってきたのはホウボウだった。

マゴチやワニゴチも多い。

イワシにアタックしてきたマルイカ。マルイカ狙いもOKだ。

セグロイワシ(カタクチイワシ)の泳がせ釣りだ。

泳がせは置き竿に。手持ちでひとつテンヤマダイが船長のおすすめだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・館山港「鯨丸」。

イワシが暴れる気配が竿先に伝わった。華奢なライトゲームロッドは、小さなセグロイワシの動きも敏感に伝えてくれる。次の瞬間、ズドンと竿が突き刺さる。竿を根もとから曲げるやりとりで浮いてきたのはキロオーバーのヒラメだった。軽いオモリで浅場を狙う泳がせ釣りの釣趣は格別だ。
館山港「鯨丸」のイワシ泳がせ五目は手軽なタックルが特徴。35号のオモリを使い、水深は20〜40mを狙うのでライトゲームロッドに小型リールの組み合わせが最適。
湾内にイワシが回遊する春以降がこの釣りの本番になる。ターゲットは多彩で、本命のヒラメを始め、砂地ではマゴチ、ホウボウ、根周りではマハタ、カサゴなど多彩なフィッシュイーターたちが竿を曲げてくれる。何が食ってくるかがわからないことも泳がせ五目の楽しさだ。
また、泳がせ竿を置き竿にして、ひとつテンヤやシロギス、マルイカの仕掛けを出すという欲張りな狙いも可能だ。イワシの回遊状況やポイントによって釣れる魚は変わってくるので、まずは船長に問い合わせてみよう。
館山湾は風に強く、西の強風以外はほとんど出船できる。この日も湖のような海上でのんびりと過ごすことができた。ゴールデンウィークを利用してちょっと足を伸ばしてみたいという人におすすめしたい釣りだ。

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
6月1日に銚子・飯岡沖のヒラメ釣りが解禁!夏ビラメはピンポイント流しに有効なライトタックル釣法がおススメ!! 今期はライトで気軽にヒラメ釣りを満喫してはいかが。
初夏の数釣りを楽しむならコレ!東京湾のシロギス!明確なアタリと元気な引きが楽しくって夢中になってしまう!!数釣りシーズンはビギナーにもオススメ!
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
最新記事
なかなか釣りに行けない今こそ、魚のさばき方を勉強しておきましょう!! 今回は「平べったい系」の代表、ヒラメを5枚におろします!
6月1日に銚子・飯岡沖のヒラメ釣りが解禁!夏ビラメはピンポイント流しに有効なライトタックル釣法がおススメ!! 今期はライトで気軽にヒラメ釣りを満喫してはいかが。
巣ごもり企画として展開するアシストフックの作り方講座、短期連載の2回目は、ツインタイプのアシストフックの作り方を紹介しよう。
初夏の数釣りを楽しむならコレ!東京湾のシロギス!明確なアタリと元気な引きが楽しくって夢中になってしまう!!数釣りシーズンはビギナーにもオススメ!
レールシステムを搭載しよりコンパクトにより軽量になったライフジャケット!ダイワ「DF-2220(コンパクトライフジャケット)」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読