MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
目指せ2束、3束! 戸田沖の夜ムギイカ好調!!【戸田沖】

目指せ2束、3束! 戸田沖の夜ムギイカ好調!!【戸田沖】

小麦の花穂が見られるようになるとムギイカが釣れ始まる。一年を通じて様々なイカが我々を楽しませてくれるが、その年度初めを感じさせるのがムギイカだと私は思う。3月末日、西伊豆は戸田港「福将丸」でイカ釣り師待望の夜ムギイカが始まり、4月に入るといきなり三束もの釣果を叩き出した。

perm_media 《画像ギャラリー》目指せ2束、3束! 戸田沖の夜ムギイカ好調!!【戸田沖】の画像をチェック! navigate_next

毎年5月になると、夕方便だけの釣果でもトップが200杯から250杯はほぼコンスタントに釣れる!

このサイズがおいしいんだよなあ~。

港からも富士山を望める。

後半に時合がきて盛り上がった。

竿釣りも誘って乗せるので楽しい。

今宵はコイツをアテに冷酒で一献。

アンカーを入れてイカが回遊してくるのを待つ釣りだ。

船長の手釣り用直結仕掛け(ハリス10号、布まきスッテ2.5号が10本、オモリ80号、水中ライトは白)

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・戸田港「福将丸」。

いよいよ待望のムギイカが釣れだした。3月末に夜ムギイカ船を始めた戸田港「福将丸」では、4月に入るといきなり三束もの爆釣が記録された。
沼津沖や土肥沖を狙う「福将丸」の夜ムギイカは、17時出船の夕方便と、23時出船の深夜便があり、通しで乗ることも可能なのだが、毎年5月になると、夕方便だけの釣果でもトップが200杯から250杯はほぼコンスタントに釣れるという。さらに他船の深夜便の記録は、なんと驚愕の700杯!!
例年通りならゴールデンウイーク前後にピークを迎え、6月いっぱいまでは釣れ続くとのことだ。サイズも、エンピツサイズからムギイカサイズへ、ムギイカサイズからニセイカサイズへ、さらにスルメイカの一歩手前くらいのサイズへと、時の経過に伴って型も良くなっていくとのことなので、一回ぽっきりの釣行ではもったいないだろう。
戸田港から正面に見える富士山に爆釣を祈り、星空の下でムギイカを爆釣し、朝焼けに染まる富士山を背に帰港する。これはもう、至高のゴールデンウイークプランと言っても過言ではないだろう。さらに、子供たちに人気の高いイカ飯に使われるイカは通常ムギイカなので、5月5日の子供の日にもうってつけだ。
さあ、いつ行くの? 「今でしょう!」

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル