MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
目指せ2束、3束! 戸田沖の夜ムギイカ好調!!【戸田沖】

目指せ2束、3束! 戸田沖の夜ムギイカ好調!!【戸田沖】

小麦の花穂が見られるようになるとムギイカが釣れ始まる。一年を通じて様々なイカが我々を楽しませてくれるが、その年度初めを感じさせるのがムギイカだと私は思う。3月末日、西伊豆は戸田港「福将丸」でイカ釣り師待望の夜ムギイカが始まり、4月に入るといきなり三束もの釣果を叩き出した。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

毎年5月になると、夕方便だけの釣果でもトップが200杯から250杯はほぼコンスタントに釣れる!

このサイズがおいしいんだよなあ~。

港からも富士山を望める。

後半に時合がきて盛り上がった。

竿釣りも誘って乗せるので楽しい。

今宵はコイツをアテに冷酒で一献。

アンカーを入れてイカが回遊してくるのを待つ釣りだ。

船長の手釣り用直結仕掛け(ハリス10号、布まきスッテ2.5号が10本、オモリ80号、水中ライトは白)

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・戸田港「福将丸」。

いよいよ待望のムギイカが釣れだした。3月末に夜ムギイカ船を始めた戸田港「福将丸」では、4月に入るといきなり三束もの爆釣が記録された。
沼津沖や土肥沖を狙う「福将丸」の夜ムギイカは、17時出船の夕方便と、23時出船の深夜便があり、通しで乗ることも可能なのだが、毎年5月になると、夕方便だけの釣果でもトップが200杯から250杯はほぼコンスタントに釣れるという。さらに他船の深夜便の記録は、なんと驚愕の700杯!!
例年通りならゴールデンウイーク前後にピークを迎え、6月いっぱいまでは釣れ続くとのことだ。サイズも、エンピツサイズからムギイカサイズへ、ムギイカサイズからニセイカサイズへ、さらにスルメイカの一歩手前くらいのサイズへと、時の経過に伴って型も良くなっていくとのことなので、一回ぽっきりの釣行ではもったいないだろう。
戸田港から正面に見える富士山に爆釣を祈り、星空の下でムギイカを爆釣し、朝焼けに染まる富士山を背に帰港する。これはもう、至高のゴールデンウイークプランと言っても過言ではないだろう。さらに、子供たちに人気の高いイカ飯に使われるイカは通常ムギイカなので、5月5日の子供の日にもうってつけだ。
さあ、いつ行くの? 「今でしょう!」

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル