MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
手軽で美味! 金沢八景沖のLTアジ【東京湾・金沢八景沖】

手軽で美味! 金沢八景沖のLTアジ【東京湾・金沢八景沖】

すっかり定着したLT(ライトタックル)の釣り。オモリが軽く、魚釣りにおいて一番の醍醐味である魚本来の引きを楽しめる。なかでも代表的なLTの釣り物と言えるのがアジ。そのアジを狙って、金沢八景「黒川丸」に釣行してきた。

perm_media 《画像ギャラリー》手軽で美味! 金沢八景沖のLTアジ【東京湾・金沢八景沖】の画像をチェック! navigate_next

よい日には平均で30〜40匹、トップは60匹を超える釣果も!

今夜の晩酌のツマミであります。

LTはアタリがわかりやすく、魚の引きも楽しめる!

このアジがとても美味しい。

超小型電動リールを組み合わせたLTで狙うのもアリだ。

LTアジは手軽に楽しめるのが魅力だ!

「黒川丸」で使用するビシは40号。コマセはイワシミンチ。

イシモチが多数まじる日も多い。

アオイソメエサにはシロギスもよく掛かる。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「黒川丸」。

金沢八景「黒川丸」の「ショートLTアジ」で使うビシは40号。ビシが軽いので、魚の引きがダイレクトに感じられる人気の釣り物だ。
今年は、とにかく風の吹く日が多い。気候が不安定なことから、状況にはムラがあるようだ。それでも、よい日には平均で30〜40匹、トップは60匹を超える釣果も出ている。
また金沢八景沖で釣れるアジは、とくに美味しいと言われる「金アジ」。これに今シーズン好調なイシモチのほか、ポイントによってカサゴやシロギス、時にはクロダイも釣れてくる。さまざまなゲストがまじるので、アタリは多く飽きることはない。
「難しい釣りではないので、気軽に挑戦してください。ファミリーやカップルでの釣りにオススメです。わらないことがあれば何でも聞いてください」とは親切で頼りになる貝塚英明船長。
「黒川丸」では、貸し道具が常備され、仕掛けも購入できる。道具がなくても挑戦できるので、まずは釣行しておもしろさを体験してみよう!

以上の記事は「つり丸」2013年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル