沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

釣り記事一覧


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

活性が高ければダブルも! 東京湾のイシモチ釣り(新健丸)

秋の行楽シーズン、紅葉狩りや温泉もいいけれど、気持ちのいい洋上で「イシモチ釣り」はいかがだろう?


秋の銭州はカンパチ&ヒラマサ狙い! ウメイロも(南伊豆忠兵衛門丸)

秋の銭州はカンパチ&ヒラマサ狙い! ウメイロも(南伊豆忠兵衛門丸)

今期の銭洲は空前のカンパチラッシュでにぎわっているが、相手は魚、潮の流れ方や水温によって日ムラは否めないのも確かだ。しかし、この秘境にいけば、必ずといっていいほど、高級魚が釣れる。大物釣りの聖地を呼ばれる所以はここにある。


アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

「落ち」のシーズンを前に、東京湾のシロギス釣りがおもしろくなっている。今回、金沢八景「荒川屋」の午前シロギス船を取材したが、その釣果はトップが51匹。同日の午後船のトップの釣果は61匹で、通しで乗った乗船客が101匹と束釣りを達成した。


フラッシャーサビキ五目からのオニカサゴ仕掛け&釣り方(勝丸)

フラッシャーサビキ五目からのオニカサゴ仕掛け&釣り方(勝丸)

使用するFサビキ仕掛けは、外房用の一般的なものでOKだと陽平船長。推奨しているのは、先糸および幹糸が6号(フロロカーボン・以下同)でエダスが4号の8本バリ。枝長13㎝で幹間80㎝の全長7.2m。ハリは丸セイゴ13号にピンクとホワイトのフラッシャーが交互に巻かれているものとなる。


一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

一度来たらヤミツキ! 美味な走水沖の絶品アジを釣る!(関義丸)

周年楽しめる走水沖のブランドアジは、9月に入ると数型ともに好調で、連日トップ50匹も珍しくなかった。走水港「関義丸」の取材当日も、丸々太ったジャンボサイズであっと言う間にクーラーはズッシリ満タン。


今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

「三喜丸」では、タックルはノーマル、ライトというシバリはないが、長時間誘い続けられるという点から、やはり軽量のライトタックルが主流。ただ、注意して欲しいことがある、と河野秀照船長は話す。


キャスティング&ジギングで狙う! 東京湾奥のシーバス(小峯丸)

キャスティング&ジギングで狙う! 東京湾奥のシーバス(小峯丸)

千葉・寒川港「小峯丸」では、ジギングでの攻略をメインとする一般的なシーバスルアー乗合船とは異なり、キャスティングも行う。しかもその比率はかなり高い。


関東ブレイク間近⁉︎ ケンサキイカメタルスッテゲーム(幸栄丸)

関東ブレイク間近⁉︎ ケンサキイカメタルスッテゲーム(幸栄丸)

メタルスッテの条件はタナの水深が100m以浅であること。できれば、タナは浅いほどよい。軽いメタルスッテ、極細PE使用のライトタックルだからだ。さらにいうと西日本のデータからは、ケンサキイカにはかなり有効な釣法であることが分かっている。


浅場のビッグゲーム! 東京湾シーバス釣り(アイランドクルーズ FC)

浅場のビッグゲーム! 東京湾シーバス釣り(アイランドクルーズ FC)

東京湾にビッグシーバスシーズンが到来している! 一年で最も90㎝オーバーに近い時期、それがまさに今! なのだ。「10月中旬くらいからスタートするのが例年のパターン。ぜひ、90㎝オーバーを狙ってもらいたいですね」と話す、横浜新山下「アイランドクルーズFC」の遠藤正明船長。


ポイントは難易度Dの魚礁周り! 飯岡沖テンヤマダイの仕掛け(幸丸)

ポイントは難易度Dの魚礁周り! 飯岡沖テンヤマダイの仕掛け(幸丸)

タックルは標準的なひとつテンヤ用でOK。大型がヒットしているので、ふだん使い慣れたタックルで臨むのがいいだろう。ポイントの水深は20m台〜30m台。潮が速くても10号ぐらいまでのテンヤがあれば底立ちがわかるだろう。そのため10号ぐらいまでのテンヤに対応したひとつテンヤ専用竿があればOK。


目指せ10kg! ボトム狙いでイージーに大ダイをGET!(大貫丸)

目指せ10kg! ボトム狙いでイージーに大ダイをGET!(大貫丸)

秋の日立沖は大型マダイのチャンスいっぱいだ。「夏の終わりごろ、シラスやイワシなどの小魚を追って10mぐらいの浅場に入ってきた大型マダイが、秋になって少しずつ深場に落ちていき、30~40m前後で落ち着きます。そこで、タイが荒食いすると大ダイが連発することが多いんです」と、そう話すのは日立久慈港「大貫丸」の大貫翔平船長。


アマダイが開幕から釣れて好調! 仕掛けと釣り方(山天丸釣船店)

アマダイが開幕から釣れて好調! 仕掛けと釣り方(山天丸釣船店)

道糸の先にオモリを装着したテンビンをつなぎ、その先に仕掛けをつなぐ。アマダイ仕掛けはハリス3号、全長2〜2.2mの2本バリが標準仕様。ハリはチヌバリの3〜4号。


潮次第で好釣果が期待できる! 川津沖のひとつテンヤマダイ(とみ丸)

潮次第で好釣果が期待できる! 川津沖のひとつテンヤマダイ(とみ丸)

外房・川津沖のひとつテンヤマダイは、秋口からたびたび好釣果を記録している。アタリが多いときは2〜5㎏の大ダイ、中ダイが取り込まれているほか、ヒラマサやワラサなどの青物もまじっている。


チャンスタイムを逃すな! 大型アカムツの仕掛けをご紹介(明進丸)

チャンスタイムを逃すな! 大型アカムツの仕掛けをご紹介(明進丸)

タックルはノーマル、ライトどちらでもOKだ。ノーマルの場合はオモリは120号、ライトはオモリ80~100号だ。ノーマルの場合は、2m前後のアカムツ竿、ビシアジ竿、中深場竿等を使用する。リールは小型電動でPEは3号が標準。


  • 1
  • ...

ランキング


>>総合人気ランキング