人気釣り記事一覧


アカムツを高確率でキャッチする方法、教えます【波崎沖カンネコ根】

アカムツを高確率でキャッチする方法、教えます【波崎沖カンネコ根】

ゴールデンウィークの犬吠埼沖水深250mの大型アカムツ大フィーバーは記憶に新しいが、さらに、今季は最新アカムツ釣法が生まれた波崎沖カンネコ根がすでに開幕し好調だ。年末まで楽しめるはず。そこで、必ず釣りたいあなたのために、Q&Aで疑問に答え、ズバッと釣り方を教えます!


ワラサ&イナダ、2㎏級の爆釣が続く!【東京湾口・剣崎沖】

ワラサ&イナダ、2㎏級の爆釣が続く!【東京湾口・剣崎沖】

8月に入っても依然、釣れ続く剣崎沖のワラサ、イナダ。7月中旬ぐらいからは連日のように爆釣し、多くの船が早揚がりするという状況が続いている。5時30分出船で9時に早揚がりでも、トップ30本以上や40本以上を記録する船もあるほどだ。


味もピカイチな剣崎沖のワラサ&イナダが激釣RUSH【東京湾・剣崎沖】

味もピカイチな剣崎沖のワラサ&イナダが激釣RUSH【東京湾・剣崎沖】

7月に入ると本格化した剣崎沖のワラサ&イナダ。今シーズンの開幕直後は、ワラサとイナダの中間サイズがメイン。それでも引きは強烈で、トップ10本以上は当たり前というような日が続いている!


アマダイはシーズン初期の釣り方で!【東京湾・剣崎〜久里浜沖】

アマダイはシーズン初期の釣り方で!【東京湾・剣崎〜久里浜沖】

アマダイというと冬の魚のイメージだが、ここ東京湾口では秋の始まりとともに開幕を迎える。この時期の剣崎周辺は潮が速くなる。その中でどうやってアマダイを食わせるかがおもしろいのだ。この時期は普段竿頭を取るような人がボウズで、初めてやった人が竿頭になることも多い。さぁ、価値ある1匹を手にしよう! シーズンはこれからだ。


イナダ! ワラサ! ブリ! 東京湾、秋の青物ゲーム開幕!!【東京湾】

イナダ! ワラサ! ブリ! 東京湾、秋の青物ゲーム開幕!!【東京湾】

不動の定番のイナダ&ワラサは安定好釣。加えて、今期はすでに11.5㎏のブリも出ているとのこと。数だけでなく、大物キャッチの報も度々届いている。俄に活気づく東京湾の青物。さぁ、ゲームの始まりだ。よっしょ、やったるで〜。


相模湾&駿河湾のキハダ&カツオ開幕!【相模湾&駿河湾】

相模湾&駿河湾のキハダ&カツオ開幕!【相模湾&駿河湾】

8月から相模湾のコマセ釣りによるキハダ&カツオが開幕した。初日は食いが渋かったが、二日目からは好調な食い。20㎏オーバーのキハダも取り込まれている。一方、駿河湾でもカツオ&キハダの群れがいくつも見られており、今後も好釣が期待される。さあ、相模湾と駿河湾の熱いシーズンがやってきたぞ! 


タチウオ&イナダ・ワラサが夏の東京湾のルアーターゲット【東京湾】

タチウオ&イナダ・ワラサが夏の東京湾のルアーターゲット【東京湾】

タチウオ&イナダ・ワラサは夏の東京湾の人気ルアーターゲットだ。気軽に青物の強烈なファイトが味わえる、湾内のルアーゲーム。さあ、刺激的な時間の始まりだ。


スミイカ釣法② スッテで釣る!【東京湾】

スミイカ釣法② スッテで釣る!【東京湾】

かつては、テンヤ釣りの仕掛けの上に付けて、「保険」的な使われ方をしていたスッテだが、このスッテオンリーでスミイカを狙う船もある。ライトなタックルを使用し、釣り方も比較的簡単、ビギナーでも数釣りが楽しめるのが特徴だ。スミイカ入門にオススメ。


秋の外房でカンパチ五目が好釣、トップ40匹越え!【外房・小湊沖】

秋の外房でカンパチ五目が好釣、トップ40匹越え!【外房・小湊沖】

四季を通して独特な釣りが楽しめる小湊港、そこで旬のターゲットを釣らせているのが「寿々木丸」だ。夏から秋口にはカンパチを主体に五目釣りで出船しているが、今年はカンパチの魚影がすこぶる濃いと聞き、久しぶりにカッタクリ道具を引っ張りだした。


ギガサイズのカワハギ、「ギガハギ」を狙え!【東京湾】

ギガサイズのカワハギ、「ギガハギ」を狙え!【東京湾】

「ピュア・フィッシング・ジャパン」から7月に発売された「アブ・ガルシア」ブランド初のエサ釣りロッド「黒船」シリーズ。リーズナブルな価格ながら、竿頭も狙える高性能を実現している。今回は、本誌ライターでカワハギ釣りを得意とする近藤加津哉が、「黒船」のカワハギロッドを東京湾でインプレッション!


ズバリ激アツ! 夜スルメイカ、シーズン開幕【岩手県・大船渡市湾】

ズバリ激アツ! 夜スルメイカ、シーズン開幕【岩手県・大船渡市湾】

岩手の夏の風物詩、夜スルメイカが開幕した。イカの好漁場、三陸沖を目前にする岩手県では、イカは地元密着の超人気釣り物。初夏にスルメイカが接岸するようになると、陸からエギングやエサ巻きスッテの浮き釣りが盛んに行われるほど。もちろん、夕方に出船する沖釣りも大人気だ。


竹岡沖のカワハギは数釣り有望、肝パンパンです【東京湾・竹岡沖】

竹岡沖のカワハギは数釣り有望、肝パンパンです【東京湾・竹岡沖】

肝もたっぷり入って、いよいよカワハギのベストシーズンがやってきた。今回取材した竹岡沖は、海底が比較的平坦な砂地メインで、所々に根が点在している。水深は10~20mと浅く、根掛かりが少ないので初心者も釣りやすいのが特徴だ。カワハギのストック量も多く、トップ40~50枚という釣果は珍しくない。


ワラサ、入れ食いラッシュ突入!【久里浜~下浦沖】

ワラサ、入れ食いラッシュ突入!【久里浜~下浦沖】

次から次へと群れ来たる! 東京湾中に群れが入っているぞ! 栄養をたっぷり取ってうまさ抜群。今後の展開も期待十分。どこでも釣れているからロングランは間違いなしだっ。


アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・栂安政信編【波崎沖カンネコ根】

アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・栂安政信編【波崎沖カンネコ根】

波崎沖アカムツ釣りの大御所、栂安政信氏。シーズン中はこの釣りオンリーで週の3分の1は波崎へ通い詰めるという。ほとんどの名人が氏の釣法を見よう見真似で釣っている。その実績はすさまじい。なんと昨シーズンは、449匹のアカムツを釣り上げた。


静かな誘いで超美味魚・アカムツを誘惑しよう!【波崎沖カンネコ根】

静かな誘いで超美味魚・アカムツを誘惑しよう!【波崎沖カンネコ根】

連日船中複数の二桁釣果をマークするトップシーズンを迎えた「カンネコ根」のアカムツ。今や関東のメッカであり、全国各地のアカムツ釣り場がそのスタイルを意識する程の影響力を持つ釣り場となったのが「カンネコ根」だ。


アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・三沢育正編【波崎沖カンネコ根】

アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・三沢育正編【波崎沖カンネコ根】

三沢育正氏さんは銚子市に住む地元の若手アングラーだ。ルアーフィッシングにも精通し、テクニカルな攻めの釣りを好む。その考えがバッチリと当てはまったのがこのアカムツ釣りだという。


アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・泊政彦編【波崎沖カンネコ根】

アカムツ、俺ならこう釣る! 名人・泊政彦編【波崎沖カンネコ根】

安氏のライバルが泊 政彦氏だ。アカムツ釣りに8年前に東伊豆で出会い、この釣りに没頭。波崎で本格的にアカムツ乗合船がスタートしたと同時に波崎通いがスタート。栂安氏に出会って刺激され、現在の釣り方に落ち着く。最近は栂安氏をも凌ぐ釣果をタタキだすという、サラリーマン代表の達人である。


ワラサ&イナダが釣れすぎてゴメン!【東伊豆・初島周り】

ワラサ&イナダが釣れすぎてゴメン!【東伊豆・初島周り】

東伊豆の一級ワラサポイント初島周りで、7月下旬ごろからイナワラサイズ中心の数釣りが続いている。2㎏前後主体にトップ20本近く釣れる日もあり、大型クーラー満タンということも少なくない。


アマダイ釣り最高! 〝ビンゴ!〟の後のクンクン引きは格別【東京湾】

アマダイ釣り最高! 〝ビンゴ!〟の後のクンクン引きは格別【東京湾】

秋です。沖釣りに最高の季節がやって来た! 東京湾口の剣崎沖周辺では、アマダイがトップ5匹前後と好調に釣れている。入門にも最適なアマダイ釣り。さあ、みんなでチャレンジだ!!


味も引きも最高だっ! キハダがキターーーッ!!【相模湾】

味も引きも最高だっ! キハダがキターーーッ!!【相模湾】

今年も相模湾にキハダが回遊してきた! 7月現在はルアーキャスティングで主に20㎏クラスが取り込まれているが、今後はエサ釣りにも大いに期待がかかる。サイズについても、昨年のように50㎏オーバーがバンバンヒットする可能性も十分だ! さあ、相模湾の熱い熱い夏が始まったぞ!!


ランキング


>>総合人気ランキング