沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

人気釣り情報一覧


マダイや青物も! アジ五目は最高です【相模湾・鎌倉沖〜城ケ島沖】

マダイや青物も! アジ五目は最高です【相模湾・鎌倉沖〜城ケ島沖】

この時期、相模湾のビシアジはサイドメニューが豊富。小坪港「洋征丸」では「アジ&マダイ五目」で出船している。このメニューはイワシミンチコマセでアジ、マダイを狙うというもの。アジは一般的なビシアジだが、マダイは通常のビシアジ仕掛けを太くして、サバの切り身エサで狙う。アジのポイントで掛かるマダイはサイズがいいのが特徴だ。


中毒性激高! 中毒者続出! ハマるマゴチのルアーゲーム【東京湾】

中毒性激高! 中毒者続出! ハマるマゴチのルアーゲーム【東京湾】

いま、東京湾では非常に熱いゲームが密かに盛り上がっている。“マゴチ”のルアーゲームだ。この釣りが東京湾で本格的にスタートしてからはまだ浅く、そのため専用タックルやルアーは極一部。そして楽しませてくれる船自体もまだ少ないとあって、話題に出ることもあまりない。だが、やってみるとこれが本当に楽しい!


味もピカイチな剣崎沖のワラサ&イナダが激釣RUSH【東京湾・剣崎沖】

味もピカイチな剣崎沖のワラサ&イナダが激釣RUSH【東京湾・剣崎沖】

7月に入ると本格化した剣崎沖のワラサ&イナダ。今シーズンの開幕直後は、ワラサとイナダの中間サイズがメイン。それでも引きは強烈で、トップ10本以上は当たり前というような日が続いている!


ズバリ激アツ! 夜スルメイカ、シーズン開幕【岩手県・大船渡市湾】

ズバリ激アツ! 夜スルメイカ、シーズン開幕【岩手県・大船渡市湾】

岩手の夏の風物詩、夜スルメイカが開幕した。イカの好漁場、三陸沖を目前にする岩手県では、イカは地元密着の超人気釣り物。初夏にスルメイカが接岸するようになると、陸からエギングやエサ巻きスッテの浮き釣りが盛んに行われるほど。もちろん、夕方に出船する沖釣りも大人気だ。


興奮のエビメバル! 東京湾にはメバルが春を連れてきた!!【東京湾】

興奮のエビメバル! 東京湾にはメバルが春を連れてきた!!【東京湾】

東京湾のエビメバル。開幕の声を聞くと春を大いに感じさせてくれる釣りだ。「長い冬もようやく終わりだ」、こんな気分にさせてくれる。とは言っても、開幕の2月はまだまだ厳冬期。ちょっぴり沖に出るのはツライ季節だけど、それをガマンしてでも行きたいのがまたこのエビメバル釣りなのである。


大型アカムツの実績は超高いぞ!【茨城・日立沖〜高萩沖】

大型アカムツの実績は超高いぞ!【茨城・日立沖〜高萩沖】

日立久慈出船のアカムツは大型が数釣れることで、急激に人気を高めている。シーズンは9月中旬から11月ごろまで。これから後半戦に入るが、北西の強風が吹かなければまだまだチャンスがある。


「平塚港・庄三郎丸」のキハダ釣り【相模湾】

「平塚港・庄三郎丸」のキハダ釣り【相模湾】

平塚港から出船する「庄三郎丸」は、連日2隻または3隻でキハダ・カツオ狙いに出船し、大型キハダがバンバン上がっている! 20〜30㎏クラスが、1日で7本も8本も上がる日もある。


秋の外房でカンパチ五目が好釣、トップ40匹越え!【外房・小湊沖】

秋の外房でカンパチ五目が好釣、トップ40匹越え!【外房・小湊沖】

四季を通して独特な釣りが楽しめる小湊港、そこで旬のターゲットを釣らせているのが「寿々木丸」だ。夏から秋口にはカンパチを主体に五目釣りで出船しているが、今年はカンパチの魚影がすこぶる濃いと聞き、久しぶりにカッタクリ道具を引っ張りだした。


ショートLTアジで大アジを釣る! 仕掛け&タナの取り方(黒川丸)

ショートLTアジで大アジを釣る! 仕掛け&タナの取り方(黒川丸)

金沢八景周辺にはこの短時間のLTアジで出船する船宿が多いが、「午前船」と呼ばれ、昼前に沖揚がりする半日船が主流だ(午後の半日船もある)。それとは少しちがった「ショート船」というシステムで出船しているのが、金沢八景「黒川丸」だ。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


手軽なカサゴ釣りを、半日船でさらに気軽に!【東京湾・本牧沖】

手軽なカサゴ釣りを、半日船でさらに気軽に!【東京湾・本牧沖】

カサゴは簡単に誰でも釣れるターゲットだが、それをさらに気軽にリーズナブルに楽しめるのが午前、午後の半日船だ。


ジャンボヤリイカ爆釣ルポ&ヤリイカ必釣ガイド 【伊豆・波勝崎沖】

ジャンボヤリイカ爆釣ルポ&ヤリイカ必釣ガイド 【伊豆・波勝崎沖】

これからが本番のヤリイカ。この釣りの魅力は、比較的簡単に「乗る」「釣れる」ことと、食べておいしく、料理も簡単なこと。保存もOKのヤリイカを初めての人でも簡単に多点掛けして、満足してもらうために、基本釣法を優しく紹介。ベテラン釣り師も基本をおさらいしていざ、ヤリイカ釣りへ!!


相模湾&駿河湾のキハダ&カツオ開幕!【相模湾&駿河湾】

相模湾&駿河湾のキハダ&カツオ開幕!【相模湾&駿河湾】

8月から相模湾のコマセ釣りによるキハダ&カツオが開幕した。初日は食いが渋かったが、二日目からは好調な食い。20㎏オーバーのキハダも取り込まれている。一方、駿河湾でもカツオ&キハダの群れがいくつも見られており、今後も好釣が期待される。さあ、相模湾と駿河湾の熱いシーズンがやってきたぞ! 


浅場で大型カサゴがガンガン釣れるから面白い!!【東京湾・久里浜沖】

浅場で大型カサゴがガンガン釣れるから面白い!!【東京湾・久里浜沖】

本格的な春の訪れとともに陸上が暖かくなると、それより少し遅れて海の中も暖かくなってくる。そうなると、俄然おもしろくなるのが東京湾の浅場で釣れる「カサゴ」だ。


相模湾のアマダイ、狙うは50㎝超えの特大サイズだ【相模湾・葉山沖】

相模湾のアマダイ、狙うは50㎝超えの特大サイズだ【相模湾・葉山沖】

相模湾のアマダイは、今シーズン絶好調。とくに西部は早い時期から「超」がつくほどの絶好調ぶりだったが、東部も本格化してきた。数釣れるだけでなく、50㎝オーバーもコンスタントに取り込まれている。


那珂湊沖のムラサキイカ、超絶ノリノリ絶好調!!【常磐・那珂湊沖】

那珂湊沖のムラサキイカ、超絶ノリノリ絶好調!!【常磐・那珂湊沖】

那珂湊港「かもめ丸」の岡部喜代治船長は今年のムラサキイカの状況についてこう話した。「昔は、スルメの終盤になるとまじりだして、8月になれば毎年いくらでも釣れたんだけど、最近はよくなかったよね。今年は久しぶりの当たり年です!」。「久しぶりの当たり年」…その当たりっぷりを確かめるために、いざ、那珂湊港へ!


ルアー釣りタチウオ入門編!仕掛け&釣り方までご紹介(こなや)

ルアー釣りタチウオ入門編!仕掛け&釣り方までご紹介(こなや)

夏タチウオは指3本前後の中・小型が主体で数が期待できるというイメージだが、「こなや」のルアータチウオは大型を中心に、状況で数も狙っていくというスタイルだ。


大型アカメフグ好釣! 抜群の釣り味と絶品の食味【東京湾・八景沖】

大型アカメフグ好釣! 抜群の釣り味と絶品の食味【東京湾・八景沖】

アカメフグ狙いで乗合を出船する「野毛屋」。もともとはショウサイフグにまじってポツポツ釣れていたアカメフグだが、その型のよさ、味のよさで人気は高かった。ならば、とアカメのポイント開拓を行い、専門乗合の出船を可能にしたのが、湾フグにこだわりを持ち、ほぼ周年フグ狙いで出船している「野毛屋」黒川健太郎船長だ。


マダラ&アラをスローピッチジャークで攻める!【新潟上越沖】

マダラ&アラをスローピッチジャークで攻める!【新潟上越沖】

マダラにアラ、激しく美味い高級魚が狙える真夏の新潟上越沖・中深海。そんな魅力いっぱいの漁場に、スローピッチジャークのパイオニアが釣行。さて、その釣果はいかに!?


納涼がてら、お手軽に夜スルメイカ釣りはいかが!?【鹿島沖】

納涼がてら、お手軽に夜スルメイカ釣りはいかが!?【鹿島沖】

最新釣法・ひとつスッテ、ビギナーOKなブランコ仕掛け、数釣り重視玄人好みの 直結仕掛けの手釣り、様々なアプローチが出来るのも魅力な夜スルメイカ釣り。 沢山釣れるし、飽きのこない美味しさだし、いいことばかりです。


ランキング


>>総合人気ランキング