エサ釣り


エサ釣りの釣り記事一覧

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


LTウイリー五目、相模湾のイチオシ釣り物だ【相模湾・平塚沖】

LTウイリー五目、相模湾のイチオシ釣り物だ【相模湾・平塚沖】

数ある相模湾の釣り物で、この時期イチオシに挙げられる一つが「LTウイリー五目」だ。名前のとおりLT(ライトタックル)とウイリー仕掛けで多魚種を狙うコマセ釣りだ。これに、今の時期はプラスアルファとして楽しめるハモノ狙いもおすすめだ。


アマダイってこんなに釣れる魚だっけ?【相模湾・瀬の海】

アマダイってこんなに釣れる魚だっけ?【相模湾・瀬の海】

もはやこの時期の相模湾人気ナンバーワンターゲットと言っても過言ではないほどの地位を確立したアマダイ釣り。「庄治郎丸」では平日でも2隻出しが珍しくないほど人気だ。


模湾のアマダイ、今が本番! 50㎝オーバーも高確率!!【相模湾】

模湾のアマダイ、今が本番! 50㎝オーバーも高確率!!【相模湾】

「食べたくて釣りに行く」というファンも多いアマダイは、築地市場でも大変な人気。のっけから下世話な話で恐縮だが、魚全体が高値になる暮れにはキロ1万円以上の値が付くこともまれではないとか。だからと言うわけではないのだが、旨い魚に目がない私としては、毎年この時期に外せない釣り物になっている。


観音崎沖のタチウオ&アジのリレーが凄くイイんです!【観音崎沖】

観音崎沖のタチウオ&アジのリレーが凄くイイんです!【観音崎沖】

鴨居大室港を離れた「福よし丸」は観音崎沖へと波をかき分けて進んだ。このところの悪天候に3日ぶりとなる出船だ。はたしてタチウオ&アジたちはお腹をすかせて待っていてくれるだろうか。


深場にシロギス集結、テクニカルな落ちギス釣りを楽しもう【東京湾】

深場にシロギス集結、テクニカルな落ちギス釣りを楽しもう【東京湾】

木枯らしが吹きだす頃、東京湾のシロギスは深場に集まりだす。江戸前の冬の風物詩、落ちギスだ。


常磐沖全面解禁でヒラメ本格シーズンへ!【茨城・常磐沖】

常磐沖全面解禁でヒラメ本格シーズンへ!【茨城・常磐沖】

茨城ヒラメ全面解禁。やっぱり今年も当たり年! 数サイズとも絶好釣! 早めの釣行をオススメするぞ。


たくさん釣れて食味も最高だっ! 東京湾のLTアジ【東京湾】

たくさん釣れて食味も最高だっ! 東京湾のLTアジ【東京湾】

春先からずぅーと好調続きの東京湾のアジ、中でもライトタックルで狙う半日船なら安・近・短でビギナーや家族連れにも最適だ。


ハナダイ&マダイ、東京湾のウイリー五目は魚種多彩!!【東京湾】

ハナダイ&マダイ、東京湾のウイリー五目は魚種多彩!!【東京湾】

「野毛屋」のウイリー五目船が再開されたのは11月の半ば。今年はまだ水温が高くハナダイやマダイの釣果にはムラがあるが、それを補うようにカンパチ、イナダ、アジが活発な食いを見せ、まさに五目釣りならではの多彩な魚種が釣れている。ウイリーのシャクリ釣りはもう20年以上も通っている私の大好きな釣りのひとつ。早速、取材に向かった。


テンヤで釣るスミイカ、カリスマ船長に入門【東京湾】

テンヤで釣るスミイカ、カリスマ船長に入門【東京湾】

ドスン!! とくる手応えがたまらない。寒くなってますます熱くなるテンヤのスミイカ釣り。東京湾のカリスマ船長こと「鴨下丸」の望月亮英船長が、厳しくも優しくテンヤのスミイカ釣りをレクチャーしてくれるのだ。


東京湾のイシモチは、数釣れて、アタリは明確、ヒキも強い【東京湾】

東京湾のイシモチは、数釣れて、アタリは明確、ヒキも強い【東京湾】

秋から盛り上がってくる東京湾のイシモチが好調に釣れている模様。派手なアタリに強烈な引きが楽しめる人気のターゲットを狙って金沢八景「新健丸」に10月15日出かけてきた。


御宿沖のイサキ、絶好調宣言発令中!!【外房・御宿沖】

御宿沖のイサキ、絶好調宣言発令中!!【外房・御宿沖】

外房・御宿 岩和田港「義丸」のHPを見ると、「イサキ解禁!! 連日食い活発!」「絶好調!!」「チャンスですよ〜」と刺激的な文字が並ぶ。ところが、意外にも今年は釣り客が少ないという。これは狙い目!!


中型数釣りが楽しめる東京湾のマコガレイ【東京湾】

中型数釣りが楽しめる東京湾のマコガレイ【東京湾】

10月を迎えて東京湾マコガレイの秋シーズンが始まった。古くから江戸前の釣りとして親しまれているマコガレイ釣り、引きの強さと食味の良さが最大の魅力だ。例年、シーズン中に乗合を出船しているのは金沢八景の「荒川屋」だ。今年の調子はどんなものだろうと10月9日に伺った。


利島沖のメダイ釣り好機、ゲストは激ウマ大型ムツに期待【利島沖】

利島沖のメダイ釣り好機、ゲストは激ウマ大型ムツに期待【利島沖】

クリッとした大きな目が特徴で、青物のように引きが強いメダイ。そのメダイが好漁場として知られる利島沖で好調に釣れている。


晩秋の日本海…夜マダイ・ワラサを釣る【下越・粟島沖】

晩秋の日本海…夜マダイ・ワラサを釣る【下越・粟島沖】

7月中旬から2月中旬までの期間限定となる粟島沖の夜のマダイ・ワラサ釣り。今期はサメが非常に多かったため水温が低下した10月に入り今期初出船となった。


アカムツ&アマダイ豪華リレー、タチウオも開幕!【富山湾・新湊沖】

アカムツ&アマダイ豪華リレー、タチウオも開幕!【富山湾・新湊沖】

冬の富山湾内はぜいたくだ。港からほど近くのポイントでアカムツ、アマダイ、タチウオ、オニカサゴ、アラ、アオリイカ、キジハタなどが釣れるのだ。なかでもいま好調なのは、激ウマのアカムツ。アカムツをメインターゲットに、リレーでアマダイを狙い、ゲストも豪華で豊富。こりゃーもう一年を締めくくるにふさわしい釣行となること請け合いだ。


究極の高級魚シマアジを釣りに行こう!【伊豆諸島・新島】

究極の高級魚シマアジを釣りに行こう!【伊豆諸島・新島】

伊豆諸島、新島でシマアジが釣れている。引きが強く釣って楽しいうえに食味は絶品の〝超〟が付く高級魚。一年のしめくくりに狙う夢のターゲットにはもってこいの魚だ。


晩秋の日本海…昼マダイ・夜ワラサを釣る【上越・直江津沖】

晩秋の日本海…昼マダイ・夜ワラサを釣る【上越・直江津沖】

今秋、サメ被害に悩ませられた上越のマダイ釣り。特に秋マダイのメッカとなる有間川沖から名立沖のエリアで被害が甚大であったが、10月に入ってからは水温低下でサメの被害も減っている。うれしいゲストであるヒラマサも回遊し上越地域のコマセ釣りはヒートアップ中だ。


次なるひとつテンヤのブレイクエリアは片貝沖だぁ!【外房・片貝沖】

次なるひとつテンヤのブレイクエリアは片貝沖だぁ!【外房・片貝沖】

外房の大原沖、飯岡沖、そして茨城海域。ここ数年で外房〜茨城では、ひとつテンヤマダイがブレイクした地区が多い。そして、この冬、またまたブレイクしそうなのが外房・片貝沖だ。


日本海の極上の寒ブリを狙って釣る!【上越・有間川沖】

日本海の極上の寒ブリを狙って釣る!【上越・有間川沖】

「佐渡島でブリの水揚げがあったら必ずその一週間以内に上越沖に回遊してくる」と、地元の釣り人たちが口癖のように話す。というのも、ブリは新潟でもこの時期貴重な魚だ。全身霜降りのこの魚は年末近くになれば、縁起のよい魚として1㎏1万円という高値で取引きされるほどだ。


ランキング


>>総合人気ランキング