MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エサ釣り

エサ釣り

エサ釣りに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

エサ釣りの記事一覧

表示順:
うだるような暑さの日々が続いている。こんな日はじめじめした陸よりも、海の上で潮風に吹かれていた方が過ごしやすい、といつも思う。学校は夏休みに入り、釣り船には親子連れのファミリーアングラーも目立ち始めてきた。江の島沖のカマス釣り、浅場のサビキ釣りで多点掛けが楽しめる、まさに夏休みのファミリーにぴったりなのだ。
更新: 2017-12-20 06:47:58
平潟沖の海面に白い影が次々と浮かんでくる。今の平潟沖は大型マダラの多点掛けのチャンス大! こいつをモノにしなきゃウソだぜ!!
更新: 2017-12-20 06:47:58
日立久慈沖のひとつテンヤマダイは、例年、お盆時期頃から大型が釣れるようになる。いままさにその大型シーズンに突入。高水温の今は豪華ゲストにも期待できる。いざ、釣行だ。
更新: 2017-12-20 06:47:58
魚の中で、最も美味との声もあるアカムツ。ジューシーな脂はくどすぎず、独特の香りを放ち、たくさん食べても食べ飽きない。一度食せば誰もが舌鼓を打つこと間違いなしだ。
更新: 2017-12-20 06:47:58
アタリはっきり! 食い込みもいい  飯岡沖のヒラメの釣果がスゴイ。冬より釣りやすい、という声も多い。基本を実行すれば、釣るのはそう難しくない。初心者には、ぜひオススメしたい。
更新: 2017-12-20 06:47:58
真夏の東京湾といえば、やっぱりシロギス釣りが楽しい。浅場に群れが多く集まり、食いも活発になる。だれでも手軽に数釣りができる時期だ。
更新: 2017-12-20 06:47:58
マゴチ釣りといえば、アワセに少々コツが必要なので(ここがこの釣りの一番おもしろいところ!)、初心者なら一日やって一本取れるかどうか、という「ある程度ボウズの覚悟が必要な釣り」だ。だが今年は、取材当日もそうだったが、初挑戦で複数キャッチできるほど絶好調なのだ!
更新: 2017-12-20 06:47:58
いま、東京湾でめちゃくちゃうまいサバが釣れているのをご存じだろうか? 脂は乗り乗りで「トロサバ」の名に偽りのない、震えるほどのおいしいサバがじゃんじゃん釣れているのだ。
更新: 2018-06-21 01:55:37
8月に入っても依然、釣れ続く剣崎沖のワラサ、イナダ。7月中旬ぐらいからは連日のように爆釣し、多くの船が早揚がりするという状況が続いている。5時30分出船で9時に早揚がりでも、トップ30本以上や40本以上を記録する船もあるほどだ。
更新: 2018-12-12 02:20:15
新潟西港の「魁明丸」は全長21・4mと新潟県内最大級の遊漁船である。通年狙うオキメバルが釣り物の表看板だが、プチ遠征とも言える粟島沖の夜のマダイや、近場の夜アジも人気のあるターゲット。今回は夜アジを狙い釣行してみた。
更新: 2017-12-20 06:47:58

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読