MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エサ釣り

エサ釣り

エサ釣りに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

エサ釣りの記事一覧

表示順:
いま、東京湾でめちゃくちゃうまいサバが釣れているのをご存じだろうか? 脂は乗り乗りで「トロサバ」の名に偽りのない、震えるほどのおいしいサバがじゃんじゃん釣れているのだ。
更新: 2018-06-21 01:55:37
8月に入っても依然、釣れ続く剣崎沖のワラサ、イナダ。7月中旬ぐらいからは連日のように爆釣し、多くの船が早揚がりするという状況が続いている。5時30分出船で9時に早揚がりでも、トップ30本以上や40本以上を記録する船もあるほどだ。
更新: 2018-12-12 02:20:15
新潟西港の「魁明丸」は全長21・4mと新潟県内最大級の遊漁船である。通年狙うオキメバルが釣り物の表看板だが、プチ遠征とも言える粟島沖の夜のマダイや、近場の夜アジも人気のあるターゲット。今回は夜アジを狙い釣行してみた。
更新: 2017-12-20 06:47:58
7月に入ると本格化した剣崎沖のワラサ&イナダ。今シーズンの開幕直後は、ワラサとイナダの中間サイズがメイン。それでも引きは強烈で、トップ10本以上は当たり前というような日が続いている!
更新: 2017-12-20 06:47:58
外房・飯岡沖のヒラメは6月から開幕している。夏場は好シーズンでもあり、ヒラメの活性が高く、数釣れることもしばしば。今シーズンも7月に入り絶好調が続いている。
更新: 2017-12-20 06:47:58
東京湾・走水沖は比較的シケに強いエリア。南西の強風が吹く日は、出船できるエリアが限られる。ブランドアジと言われるほど、走水沖で釣れるアジは美味しいことで知られている。走水沖は一年中美味しいアジが狙える。新鮮な美味しいアジが食べたくなったら、ここに釣りに行けばいい。
更新: 2017-12-20 06:47:58
夏の外房エリアでおすすめの釣りのひとつが、勝浦沖のカモシ釣りだ。カモシ釣りは、サンマミンチのコマセを使い、10㎏オーバーの大型ヒラマサや5㎏オーバーの大型マダイを狙う外房独特の釣法。例年、夏場はマダイ狙いがメインになるが、今シーズンは6月の開幕からヒラマサがまじって釣れている。
更新: 2017-12-20 06:47:58
夏限定メニュー! これはおもしろい!!  生きエサ釣って泳がす浅場の高級根魚五目釣り。ヒットする魚はヒラメはもちろん、カサゴ、アカハタ、キントキ、メバル、マハタなどよりどりみどり。みなおいしい高級魚ばかりだ。
更新: 2017-12-20 06:47:58
相模湾の沖釣りにおいて、夏の風物詩ともいえるのがカマス釣りだ。例年、7月中旬前後から本格開幕する釣りなのだが、今年は異例。いつもより1ヶ月も早く釣れ出したのだ。カマスは群れに当たれば多点掛けが連発。コマセの五目釣りでは多彩な魚種が顔を出し、まさにお祭り状態!
更新: 2017-12-20 06:47:58
今年の御宿~勝浦沖はマダイの魚影が濃いようで、カモシ釣りで出船している船は連日3~5㎏の良型含みで船中10枚以上がコンスタントに上がっている。これから本番を迎えるカモシ釣り、愛用のタックルを車に積み込んで向かったのは御宿岩和田港の「太平丸」。
更新: 2017-12-20 06:47:58

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読