MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エサ釣り

エサ釣り

エサ釣りに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

エサ釣りの記事一覧

表示順:
遠征大物釣りの聖地「銭洲」。ムロアジの泳がせ釣りがハイシーズンを迎えているいま、この海域の状況は誰もが気になるところ。やはり銭洲でもエサのムロアジの釣れっぷりが釣果を大きく左右している。
更新: 2017-12-20 06:47:57
7月中旬すぎ、関東地方が梅雨明けした。暑い日が続くが、東京湾のタチウオがおもしろくなる。今回取材で乗船したのは久里浜港「平作丸」。当宿ではタチウオ専門船のほか、好調なアジとのリレー船もある。リレーで2魚種を狙うもよし、タチウオ専門で狙うもよし! 東京湾はタチウオもアジもオススメだ!
更新: 2017-12-20 06:47:57
夏が終盤を迎えるころ、海のなかはにぎやかになる。そう、泳がせ釣りのカンパチ釣りがハイシーズンを迎えるのだ。秋のベイトフィッシュはムロアジ。この大好物をエサにして、好敵手、カンパチをキャッチしよう!!
更新: 2017-12-20 06:47:57
真夏の遠州灘のイメージといえば、キハダやカツオ、シイラなどの青物ゲームだが、浜名湖沖では良型アカムツが好調に釣れている。浜名湖沖のアカムツは潮さえ流れていれば、周年釣れる。真夏はキハダやカツオ狙いになりがちだが、中深場は穴場的釣り物なのだ。
更新: 2017-12-20 06:47:57
今年も、ついにコマセ釣りのキハダ&カツオが開幕した。この釣りで、多くの人が釣りたいと思っているのがキハダ。嬉しいことに、今シーズンはキハダが多い。しかも20㎏を超すデカキハダがコマセ釣りでもヒットしだした。今年は大チャンスだ!!
更新: 2017-12-20 06:47:57
「遠征大物釣り」というと、ヘビーなタックルを用意して、お金も日にちもかけて南方海域の秘境へ…というイメージが強いが、日帰りで手軽に楽しめる遠征大物釣りもある。土肥港「とび島丸」の銭洲遠征だ。夜中の1時頃に出船し、半日たっぷり釣りを楽しんでその日の夕方に帰港。行き帰りはエアコンの効いた船室の清潔な個別ベットでぐっすりだ。
更新: 2018-12-12 02:52:48
史上最速と言えるほどの早い釣れ出しを見せた今シーズンの剣崎沖。2カ月を経た今でも、小移動しながらも相変わらずの釣れっぷりを見せている。ときにイナダサイズ主体だったり、ワラサ主体だったりと、一概に「今年はこう!」と断言できない釣れ方をしているのがこれまでの特徴だ。
更新: 2017-12-20 06:47:57
次から次へと群れ来たる! 東京湾中に群れが入っているぞ! 栄養をたっぷり取ってうまさ抜群。今後の展開も期待十分。どこでも釣れているからロングランは間違いなしだっ。
更新: 2017-12-20 06:47:57
まぶしい初夏の東京湾。八景島の際で船を止め、いっせいに仕掛けが入る。一人の竿にアタリが出て、注目のなか上がって来たシロギスは20㎝を超える良型!
更新: 2017-12-20 06:47:57
東伊豆の一級ワラサポイント初島周りで、7月下旬ごろからイナワラサイズ中心の数釣りが続いている。2㎏前後主体にトップ20本近く釣れる日もあり、大型クーラー満タンということも少なくない。
更新: 2017-12-20 06:47:57

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読