MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エサ釣り

エサ釣り

エサ釣りに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

エサ釣りの記事一覧

表示順:
上越沖のプレ乗っ込みマダイ。越冬のため深場にいたマダイたちが産卵場の浅場へ移動してくる途中のマダイの群れと考えられている。今期は名立沖水深60〜80mの岩礁と魚礁周りがメインの釣り場だ。
更新: 2019-04-06 12:00:00
伊東から出船のイサキは、例年3月15日に解禁となる初島沖から始まるのが常だったのだが、今年はその前に川奈沖で食い出したとのこと。川奈沖といえば脂の乗った特大イサキのポイント!これからの季節は期待大!
更新: 2019-04-06 07:00:00
神奈川・久比里「やまてん丸」のアジ船である「第二山天丸」。その船上は半数以上がビギナーだった。沖釣りの入門にうってつけとされるビシアジ。沖釣り入門にオススメで奥が深く、楽しめるのがアジ釣りだ!
更新: 2019-04-05 12:00:00
エントリークラスでも大ダイのチャンスがある〝ひとつテンヤマダイ〟。春は、乗っ込み期(産卵で浅場に入る)となり、各地でビッグワンが良いペースで浮上するが、ここ日立久慈沖でも、その傾向は強くなる。
更新: 2019-04-05 07:00:00
アラを釣るため「活きエサ=ヤリイカ確保」で臨んだヤリイカが予想以上の乗り&大型ぞろい。十分な土産を確保して、緊張感が緩んで「今日はダメかな」と思った終盤に「ちょっと違う」アタリが竿先を叩いたぞ!
更新: 2019-04-04 12:00:00
今年はシケの日が多く、出船できる日が少ないという片貝旧港「正一丸」のアコウダイ乗合。しかし、出船できれば、釣果はそこそこ出ているとのこと。今回は、そんな片貝沖のアコウダイに取材に行ってきた。
更新: 2019-04-03 12:00:00
ドン深の駿河湾最奥部に位置する由比漁港。サクラエビ漁で全国的に有名な同港だが、深海釣りではちょっとした穴場。ヒラメが解禁となる9月~12月を除く9ヶ月間、由比沖の深海に案内してくれるのが「龍神丸」だ。
更新: 2019-04-03 07:00:00
仙台湾のメバルはサビキ釣りが人気。そして、生きメロウド(イカナゴ)の泳がせ釣りも注目されている。仕様は、ハリス1.2〜1.5号20〜25㎝、幹糸3〜5号の6本バリが標準で、ハリス接続は回転ビーズと直結がある。
更新: 2019-04-02 12:00:00
今や手軽なターゲットNo.1といえるのが、東京湾のLTアジだ。周年を通して狙えるのも特徴。そのLTアジだが、昨年から好調に釣れ続いているのが横浜沖〜本牧沖。水深は10m台〜20m台と浅いので釣りやすい。
更新: 2019-04-02 07:00:00
全国屈指のマダイの好漁場として知られる上越沖。上越といっても広範囲だが、3月4月にプレ乗っ込みとして盛り上がるコマセマダイのフィールドのメインは名立沖と直江津沖だ。
更新: 2019-04-01 12:00:00
先頭 1 2 3 4 5 6 7 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読