MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エサ釣り

エサ釣り

エサ釣りに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

エサ釣りの記事一覧

表示順:
TEAM OKAMOTOが咲かせる大輪の緋花! アブラボウズまじりで今後も期待十分だ!!
公開: 2018-04-24 21:00:00
ライトでお手軽! エントリークラスでも大ダイのチャンスがある、ひとつテンヤマダイが、春の最盛期・乗っ込みを迎えようとしている。
公開: 2018-04-24 11:00:00
南伊豆海域もマダイの乗っ込みポイントとしては実績があり有名だ。このエリアも他の海域と同じく、今年は乗っ込み開始が遅れ気味だったが、4月中旬ぐらいから乗っ込みらしい釣果が記録されはじめた。
公開: 2018-04-24 08:00:00
例年、関東各地のマダイポイントよりも一足早く乗っ込みに突入する御前崎沖。東海地方に属するエリアだが、関東各地からも日帰りで行ける釣り場だ。今シーズンの御前崎沖は、関東各地のマダイポイント同様に乗っ込み開始が遅れた。それでも、3月末頃には「オモリ」と呼ばれる一級ポイントで本格化し、好釣果が記録され始めた。
公開: 2018-04-24 03:00:00
伊豆土肥沖のコマセマダイ釣り場といえば、コマセマダイ釣りの最高峰の釣り場のひとつと言える。ここでは、起伏に富んだ地形で生じるさまざまな潮の流れを読みながら、釣りをしなければならない。釣れるマダイは良型メインで、とても元気のある個体ばかりだ。
公開: 2018-04-23 22:00:00
今年はやや遅れ気味だった犬吠埼沖のメヌケ釣りがここにきて上向いている。銚子外川港から出船している「福田丸」では、3~4㎏前後の良型主体に5㎏オーバーの大型もまじりで6点掛けなど、「提灯行列」も見られるようになってきた。
公開: 2018-04-23 21:00:00
毎年安定してマダイの乗っ込みがある、関東屈指の大場所が剣崎沖だ。今年の乗っ込み突入は遅れ気味だったが、4月に入ると気配が見えはじめ、乗っ込みシーズン突入となった。
公開: 2018-04-23 11:00:00
「今度は思った場所に船が入りましたよ!」速潮と南風に阻まれ、思う様な操船が出来ていなかったという船長が会心の笑みを浮かべた。さぁ、釣ったるでぇ〜〜〜!
公開: 2018-04-23 08:00:00
4月29日、今回お世話になった船宿は横浜横須賀道路浦賀インターからすぐの鴨居大室港「五郎丸」。ここでは午前と午後のカサゴが出船中で、半日船とは思えない好釣果が続いているので期待に胸が膨らむ。また、ゴールデンウイークとあって、元気なちびっ子の姿も微笑ましい。
公開: 2018-04-23 03:00:00
毎年数々のメモリアルサイズが上がる鹿島沖のひとつテンヤマダイ。今年も4月に入り開幕。多少の波はあるものの、すでに5㎏級が何枚も上がっていると聞き、鹿島港(現在は鹿島新港より出船中)の「清栄丸」にお世話になった。
公開: 2018-04-22 22:00:00
先頭 60 61 62 63 64 65 66 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読