エサ釣り&ルアー


エサ釣り&ルアーの釣り記事一覧

マゴチorマダイ?どっちを狙う?鹿島沖テンヤゲーム開始!(大春丸)

マゴチorマダイ?どっちを狙う?鹿島沖テンヤゲーム開始!(大春丸)

茨城・鹿島では6月にマゴチが開幕し、色々と「迷う」時期がやってきた。テンヤマダイ船ではにぎやかなゲストが豊富でアタリが活発だ。時折マダイもドカンと大型がやってくる。


銭州のムロアジ泳がせ釣り&五目釣りのタックルをご紹介(龍正丸)

銭州のムロアジ泳がせ釣り&五目釣りのタックルをご紹介(龍正丸)

伊豆半島の先端・石廊崎から南に75㎞。神津島からは南西36㎞に位置する絶海に、突如、頭を出す岩礁群がある。そう、その場所こそ、釣り人なら誰もが一度は訪れたいと思う魚の宝庫〝銭洲〟。字の如く、ここまで来れば銭(お金)になる大物、そして高級魚が獲れると漁師たちが命名したエリアなのだ。


相模湾のキハダ&カツオの釣り方&タックル編(庄三郎丸)

相模湾のキハダ&カツオの釣り方&タックル編(庄三郎丸)

多くの人が心待ちにしていた相模湾のコマセ釣りによるキハダ&カツオが、いよいよ8月からスタートする。すでにルアーでは20〜40㎏のキハダが取り込まれているほか、イワシエサのフカセ釣りではキメジやカツオの好釣果が記録されている。湾内に確実に魚はいるのでコマセ釣りも好釣果の期待が高まる。


昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

下越の間瀬沖では、アジが乗っ込み期に入り、大アジが数釣れている。昼間はむろん夜も好調だ。昨年からスタートした、夜釣りの泳がせでは大ビラメのほか、ワラサ、ブリが高確率でヒット中だ。


ルアー釣りタチウオ入門編! 釣り方&仕掛けまでご紹介(こなや)

ルアー釣りタチウオ入門編! 釣り方&仕掛けまでご紹介(こなや)

夏タチウオは指3本前後の中・小型が主体で数が期待できるというイメージだが、「こなや」のルアータチウオは大型を中心に、状況で数も狙っていくというスタイルだ。


エサ釣りタチウオ入門編! 釣り方&仕掛けまでご紹介(平作丸)

エサ釣りタチウオ入門編! 釣り方&仕掛けまでご紹介(平作丸)

5月後半からポツポツとルアーでは型が見られていた東京湾のタチウオ。6月に入ると上向いて、6月中旬には金谷沖でまとまって釣れはじめた。これにともなってエサ釣りで狙う船が多数出船するようになった。


初期はタナが浅く手軽に挑戦できる! 東京湾のタチウオ(平作丸)

初期はタナが浅く手軽に挑戦できる! 東京湾のタチウオ(平作丸)

東京湾のタチウオ釣り。エサ釣りも開幕! 取材当日の7月1日は前半こそ苦戦したが、終盤はアタリが途切れない絶好調が沖揚がりまで続く結果となった。


駿河湾・由比沖のタチウオをエサ釣りで釣ってみよう!(神栄丸)

駿河湾・由比沖のタチウオをエサ釣りで釣ってみよう!(神栄丸)

例年よりもちょっと遅れ気味でスタートした由比沖のタチウオ。ここのタチウオは名産のサクラエビを捕食しているので、身が甘くて最高に美味しいのが特徴だ。


浅いタナから深いタナまで神出鬼没! タチウオの釣り方(忠彦丸)

浅いタナから深いタナまで神出鬼没! タチウオの釣り方(忠彦丸)

今シーズンの東京湾のタチウオは、5月後半ぐらいからルアーで釣れ始めた。6月に入るとエサ釣り船が続々とスタートした。6月中旬の時点では、釣果にムラがあるが、トップ10本前後という船が多い。いい日にはトップ15本以上、または20本台もある。


食べごろ良型シマアジを釣るならここだ! 釣り方解説(銭州・舵丸)

食べごろ良型シマアジを釣るならここだ! 釣り方解説(銭州・舵丸)

大物釣り場の代名詞になっていて、沖釣り師なら一度は行ってみたい銭洲。今期も4月1日に解禁し、年末まで遊漁船で楽しめる。遊漁船では限定近海許可(JG)という国の厳しい検査を通過してその許可を得た船のみ、釣りが楽しめる海域のため、現在では数隻のみが行くことが可能。そのひとつが沼津「舵丸」だ。


青物や根魚ゲストも多く楽しめる! ひとつテンヤマダイ(とみ丸)

青物や根魚ゲストも多く楽しめる! ひとつテンヤマダイ(とみ丸)

年明け早々にはイワシに付いた大ダイフィーバーに沸いた外房・川津沖の一つテンヤマダイ。6月初旬の時点では、青物や根魚といった嬉しいゲストまじりで楽しめている。


テンヤマダイ&タイラバを攻略! 基本の釣り方教えます(安重丸)

テンヤマダイ&タイラバを攻略! 基本の釣り方教えます(安重丸)

冬場から好調が続いている鹿島沖のテンヤマダイ。4月に入ると大型、良型マダイの釣果が目立つようになってきた。


注目エリア・中越柏崎沖のルアーゲーム&コマセマダイ【中越柏崎沖】

注目エリア・中越柏崎沖のルアーゲーム&コマセマダイ【中越柏崎沖】

中越は柏崎沖に青物ゲームの季節がやってきた! だが、例年GWにはじまるワラサ&ブリの大回遊は今期遅れ気味。


沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

駿河湾奥部の千本浜前でタチウオが依然好調に釣れているという。それを確かめに行って来た。


ナイトゲームでドラゴンゲット!  タチウオ好調!【沼津沖】

ナイトゲームでドラゴンゲット! タチウオ好調!【沼津沖】

「ここのところ、特別デカイのは出ないけど、細いのも少ないし、1ヵ月くらいずっと楽しめているよ。指3本クラスが中心で4本くらいがまじるって感じかな」とは、静浦港「幸松丸」の松坂孝憲船長の言葉だ。


2大本命はキンメとクロムツ、相模湾の中深場五目!!【相模湾】

2大本命はキンメとクロムツ、相模湾の中深場五目!!【相模湾】

こうも毎日寒くては毎朝布団を出るのが本当につらい。しかし好きな釣りとなると勝手に目が覚めるから不思議だ。しかも、今回お邪魔した「浅八丸」が宿を構える平塚港は、東名高速と圏央道を利用すれば多摩地区の筆者の自宅からだと1時間もかからない。7時出船だから、5時前後に家を出れば間に合うので、非常に楽に布団を出られた。


あなたはショウサイフグ狙い? それともマダコ狙い?【常磐鹿島沖】

あなたはショウサイフグ狙い? それともマダコ狙い?【常磐鹿島沖】

テクニカル、そして美味なことで人気のショウサイフグ釣り。鹿島沖のフグはとくに良型ばかり釣れることで知られる。そこに、今期から突如サイドメニューが加わった。それはマダコだ。フグポイントでフグを釣りたい人はカットウ仕掛けでそれを。マダコがほしい人はタコ餌木を使って釣る。どちらを釣るかは釣り人の好み。


来たぜ、夜タチウオ最盛期! キロクラス続々だ!!【駿河湾・由比沖】

来たぜ、夜タチウオ最盛期! キロクラス続々だ!!【駿河湾・由比沖】

駿河湾のほぼ中央、由比沖のタチウオが、11月のスタート以来絶好調! 多少の上下動はあるが、おおむねトップ50~70本と釣れに釣れているのだ。サイズは指3~3.5本平均で、指2本のいわゆる“シラガ”サイズは数十本に1本まじるかどうか、という程度。写真にもあるように、大型クーラーはみな満タンだ。


東京湾口の美味マダイをのんびりと釣る【内房・富浦沖】

東京湾口の美味マダイをのんびりと釣る【内房・富浦沖】

マダイの一級ポイントで知られる富浦沖。東京湾口の千葉県側に位置し、一年を通して安定した釣果が望めることで、近年人気上昇中のマダイエリアだ。


東京湾のタチウオは魅力溢れる良型身厚【東京湾・金沢八景】

東京湾のタチウオは魅力溢れる良型身厚【東京湾・金沢八景】

ロングランで展開している東京湾のタチウオ。調子がいいのか、悪いのか? 日並み次第で大きく異なっているから分かりづらい。とりわけ、安定感のあるエサ釣りに比べ、ジギングはその傾向が強い。まさに幽霊魚の面目躍如、といったところだ。


ランキング


>>総合人気ランキング