MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エサ釣り&ルアー釣り

エサ釣り&ルアー釣り

エサ釣りとルアー釣りに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

エサ釣り&ルアー釣りの記事一覧

表示順:
大原沖のテンヤマダイは、8月から水深が浅い場所で釣れている。水深10m台の場所から、さらに浅い10m未満の場所も狙っている。中小型主体に掛かっているが、ときに大ダイもまじっている。数はいい日にはトップ10匹前後を記録するときもあるのだ。
更新: 2017-12-20 06:47:57
8月の駿河湾は、コマセのカツオとルアーのキハダで盛り上がった。しかし、どちらも群れは見えるが神出鬼没。駿河湾の中央部を中心に回遊していたカツオとキハダの群れが、9月以降秋が深まるにつれさらに湾奥に回遊してくることを期待したい。
更新: 2017-12-20 06:47:57
8月1日の解禁以来、相模湾のカツオ・キハダのコマセ釣りが好調だ。小坪港「太郎丸」でも、カツオがいい日にはトップ20本弱、20〜30㎏のキハダもコンスタントに取り込まれている。
更新: 2017-12-20 06:47:57
今期の相模湾はカツオやキハダが好調だ。相模湾ではコマセ釣り、エビングなどのルアーでキハダ、カツオが釣れている。まだまだシーズンが続くので、このチャンスを逃さずモノにしよう!
更新: 2017-12-20 06:47:57
南房太海の「聡丸」はフラッシャーサビキのリレー釣りが看板だ。前半のフラッシャーサビキでは、ほぼ周年ムツをメインターゲットにし、後半は季節に合わせマルイカやオニカサゴなどを狙うが、夏場からはスルメイカが好機。このところムツ、スルメイカ共にトップ20匹以上の日も多いと聞けば、食い意地の張った釣り師としては見逃せない。
更新: 2017-12-20 06:47:57
昨年不調に泣いた駿河湾のカツオが、今年はシーズン本格開幕から好調に釣れている。これは見過ごすわけには行きません。だから行きましょう、駿河湾へ。
更新: 2017-12-19 09:35:36
血液沸騰、アドレナリン出まくり、今年の駿河湾は激熱だ! 難しく考えずにまずはチャレンジ、コツさえおさえればカツオ釣りは案外カンタンだ。
更新: 2017-12-20 06:47:57
石川県金沢沖で丸一日釣りを楽しむことができる「北龍丸」。船はフル装備最新鋭の遊漁船。昼はライト泳がせでヒラメ&キジハタを。夜は大ブレイク中のひとつスッテ&バーチカルエギングでアカイカ釣り。朝から晩まで最先端のライトゲームで遊べるのだ。
更新: 2017-12-20 06:47:57
アジ、サバでクーラー満タン! スルメはこれからジャンボ主体! オニカサゴもサイズがいい! リレー釣りが楽し過ぎる件について。川津沖より、お届けしまーす。
更新: 2017-12-20 06:47:57
河湾のナイトタチウオゲームが盛況だ。指6〜7本クラスのドラゴン級も狙えるとあれば、こりゃ〜もう釣るっきゃナイト。さあ、どっぷりと日が暮れた……いよいよ本番だ!!
更新: 2017-12-20 06:47:57

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読