MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
魚情報

魚情報

魚に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

魚情報の記事一覧

表示順:
チャイロマルハタは、スズキ目・スズキ亜目・ハタ科・マハタ属の魚。インド洋や紅海、西太平洋などに分布している大型のハタで、国内では琉球列島などの南日本に分布している。
更新: 2018-08-24 06:02:08
キハダは、スズキ目・サバ科に分類される魚の一種。全世界の熱帯・亜熱帯海域に広く分布するマグロで、缶詰や刺身などに用いられる重要な食用魚である。日本ではキハダマグロとも呼ばれる。
更新: 2018-08-10 04:27:34
シイラは、スズキ目・シイラ科に分類される魚の一種。全世界の暖かい海に分布する表層性の大型肉食魚で、食用に漁獲される。ルアー釣りで人気の魚であり、釣りの対象としても人気が高い。
更新: 2018-08-10 04:27:56
ミズカマスは、スズキ目サバ亜目カマス科カマス属の魚。海水魚。沿岸の浅場。新潟県〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、北海道〜九州南岸の太平洋沿岸、小笠原諸島、瀬戸内海。
更新: 2018-08-29 01:45:58
タチウオは、スズキ目サバ亜目タチウオ科に属する魚類。回遊魚。頭はとがっており、一見獰猛そうな鋭く発達した歯が目立つ。体は全体に左右に平たく、幅は指4本などと表現される。
更新: 2018-08-10 04:28:10
ニベはスズキ目スズキ亜目ニベ科に属する魚である。ホンニベとも呼ばれる。シログチとともに関東では「イシモチ」、関西では「グチ」と呼ばれ混同されることがあるが、別属の魚である。外見上では、鰓蓋上部の黒色斑の有無 や体側の小黒色斑点列の有無で区別が可能である。
更新: 2018-08-14 06:30:47
エゾイソアイナメは、タラ目チゴダラ科チゴダラ属の魚。水深10m以浅の岩礁域およびその周辺の砂底域に生息するとされる。函館以南の太平洋岸に分布。
更新: 2018-09-26 04:19:20
マアナゴは、ウナギ目アナゴ科に属する魚類。浅い海の砂泥底に生息する魚で、美味な食用魚でもある。北海道以南から東シナ海まで分布し、浅い海の砂泥などの底質に生息する。
更新: 2018-09-05 02:45:59
ホウセキハタは、スズキ目ハタ科マハタ属の魚。体側の斑点は瞳孔よりも小さいか、または同じくらいの大きさである。尾鰭後端は丸くならず、オオモンハタに似ているが、尾鰭の後端の、淡色の縁取りがない。体長60cmを超える。
更新: 2018-09-05 02:40:27
オオニベは、スズキ目スズキ亜目ニベ科オオニベ属の魚。 千葉県外房・相模湾(少ない)、土佐湾から九州南岸までの太平洋岸、瀬戸内海(少ない)、東シナ海に分布。
更新: 2018-08-24 01:45:31

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読