MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

ヒラマサに関する記事

ヒラマサに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
ワラサフィーバー発祥の南伊豆でワラサが回遊スタート。今期は半月ほど早く開幕!良型のカンパチやヒラマサもまじっているのでドラグ調整とハリスとクッションゴムのキズチェックはしっかりとしておこう。
上越沖の秋ダイがアツい!近年は冬場もよく釣れ、周年マダイ釣りを楽しめる。現在は中ダイ数釣りモードだが、6㎏大ダイも浮上している。今期はまじりで5kgオーバーのヒラマサや7kgのブリもキャッチされている!
中ダイ以上のマダイにこだわり、今年から釣り方をテンヤマダイからタイラバ釣法にチェンジした外房 川津港「とみ丸」の釣果がグングンアップ中!ドテラ流しを理解して大ダイ狙いにイザ出陣だ!
ヒラマサ狙いで人気の千葉県外房沖。一般アングラーの足が遠のきがちな夏季も、時期ならではの魅力がある。夏から秋シーズンもジギング&キャスティングで狙うヒラマサを中心に、魚種多彩なゲストも楽しめる。
常磐、日立会瀬沖は夏秋のマダイシーズンに突入。これからの時期は5㎏オーバーの大ダイチャンス!テンヤ、タイラバ、タイジグもOK!マゾイ、クロソイ、ホウボウ、オキメバル、イナダなど豪華ゲストも豊富だ。
テンヤマダイが盛んな茨城、外房エリアは、いよいよ秋の好シーズンに突入。この時期は浅場で多彩なゲストがまじり、突然の大型のヒットもあるので侮れない。さあ、秋のテンヤマダイに出かけよう!
前回の奄美大島海域に続き、ロッドメーカー剛樹のテスターを務める金本俊哉さんらが向かったのは、高知県室戸岬沖。この海は黒潮がまともに流れ、カンパチの40㎏&50㎏という夢サイズが狙える極上エリアだ。
イナダやワラサ、ヒラマサ、サワラといった青物たちが回遊中の鹿島沖で青物ジギングが好調だ!1セットだけの持参であれば、大型に備えてPE3号を巻いたスピニングリールをセットしたタックルをオススメする。
外房のおすすめが、御宿沖のカモシ釣り。道糸にナイロン、遊動式テンビン、コマセも付けエサもサンマを使うことが主な特徴。御宿沖~勝浦沖はヒラマサ、マダイが回遊している場所。是非!このシーズンを逃さずに!
ご当地釣法は数あれど、その独自性で群を抜くのは外房のカモシ釣り。細いハリスでときに10kgを超えるヒラマサをキャッチすることもあるのがカモシ釣りの真骨頂。現在、ヒラマサと乗っ込みマダイが好調だ!
1 2 3 4 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読