MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

波崎沖カンネコ根に関する記事

表示順:
不動のエース三沢氏のアカムツ仕掛けはいたってシンプル。ハリスのアピールアイテムはマシュマロボールLサイズを1ヶ付けるのみ。ハリは太字ムツ18号を使用。 中オモリは10号を必ず付けるのが、彼の仕掛けの特徴のひとつだ。
更新: 2018-10-01 01:12:23 公開: 2018-09-15 03:00:00
7月から開幕した波崎沖カンネコ根のアカムツ釣り。例年、9月10月がハイシーズン。今期も絶好調だ。
更新: 2018-08-22 00:58:34 公開: 2018-08-07 22:00:00
波崎沖約9マイル沖に広がる水深100〜150mの岩礁帯が“カンネコ根”だ。周囲は起伏が少ないなだらかな砂泥帯で、毎年9月10月にアカムツが産卵のためにこの根周辺に集結するピークを迎える。
更新: 2018-08-01 00:57:12 公開: 2018-07-25 09:00:00
波崎沖カンネコ根のアカムツは、今期6月に例年より1ヵ月ほど早く始まったがこれまではいつも通りの釣れ方をしていた。毎年、9月と10月がカンネコ根のアカムツの乗っ込み期。その本格化の合図は、40㎝前後の大型まじりで数釣りができること。1匹釣れれば御の字の激うま高級魚がなんとツ抜けしてしまうのだから、贅沢きわまりない。
更新: 2018-07-30 01:02:49 公開: 2018-07-22 09:00:00
今期もまずまずのすべりだしの波崎沖カンネコ根のアカムツ。開幕当初は、小さい個体が多く、これからどうなってしまうのだろう!?と心配されたが、8月になって30㎝オーバーはもちろん、40㎝前後の良型が頻繁に顔をみせるようになり、9月10月の最盛期間近の様相だ。
更新: 2018-07-18 00:31:30 公開: 2018-07-11 08:00:00
波崎沖から北東へ約9マイルに位置するカンネコ根。南北に広がる泥場まじりの広大な岩礁帯で水深は100m〜150mだ。ここに6月から10月にかけて乗っ込みのアカムツが深場から大挙して回遊してくる。これを狙うので波崎沖のアカムツ釣りは夏〜秋がシーズンなのだ。
更新: 2018-07-17 01:04:22 公開: 2018-07-07 21:00:00
お待たせしました! 今期も昨今のアカムツブームを牽引する波崎沖のカンネコ根が開幕。初日から数釣りできた船もあり、まずまずのスタートを切った。
更新: 2018-07-17 01:04:15 公開: 2018-07-07 03:00:00
波崎沖のカンネコ根が話題のアカムツのポイントだ。利根川河口から北東へ約10マイル。航程約50分の根だ。この根の水深は110〜150m。産卵のため深場から上がってきたアカムツの群れがターゲット。
更新: 2018-07-09 01:04:08 公開: 2018-07-01 21:00:00
7月の声を聞くころ、早くも波崎沖カンネコ根のアカムツ釣りが開幕した。水深140m前後のポイントで試し釣りからいきなりの良型数釣り釣果をたたき出したのだ。
更新: 2018-06-22 01:47:20 公開: 2018-06-16 22:00:00
食欲の秋。一般家庭の食卓での代表魚はサンマだろうが、ワタクシ個人的にはなんと言ってもアカムツ。アカムツを釣りたい! 食べたい! と思っていたところに、飛び込んできたのは波崎のアカムツの取材依頼。猫に鰹節、願ったり叶ったりで向かったのは、波崎港の「三栄丸」。
更新: 2017-12-20 06:47:56 公開: 2017-10-24 08:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読