MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

ディープオーシャンに関する記事

ディープオーシャンに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
ディープオーシャンの詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
アオリイカのティップラン釣法を生みだしたルアーメーカー「クレイジーオーシャン」太田武志さんが、ケンサキイカの新釣法を生みだした。“メタルティップラン”。ケンサキイカ新釣法メタルティップランとは!?
福井県三国沖〜鷹巣沖、越前沖は、全国屈指のマダイ漁場。産卵期、いわゆる乗っ込み期には、多くの釣り人が訪れる。例年、5月、6月がシーズン。国内でも屈指のマダイ乗っ込み場であり、古くからマダイ釣りが盛んだ。
“タルイカ”。北陸で呼ばれている名だが、東日本では聞きなれない名前のイカだろう。標準和名はソデイカ。このイカが昨年、一昨年の秋から冬に、山陰から北陸にかけて大発生。大きくなると20㎏を超えるという。
「テレビゲームをしている感覚で操船してます」というのは、福井・茱崎港「ディープオーシャン」の浜野秀夫船長。彼はタテ釣り、関東では食わせサビキ釣りとよばれている釣り方で、ヒラメ、ブリ、ヒラマサ、マダイ、キジハタなど、マッチ・ザ・ベイトのイワシやアジで釣れるものすべてがターゲットである五目釣りを楽しませてくれる。
メタルスッテ釣法(ひとつスッテ)発祥の海、福井県越前沖でケンサキイカシーズンが開幕中だ。「今期のケンサキイカの沸き具合は例年どおり」と話すのは、茱崎港「ディープオーシャン」浜野秀夫船長。
沖釣りのイカメタルゲームを普及させた張本人が福井茱崎港「ディープオーシャン」の浜野秀夫船長だ。各メーカーの製品開発者たちが足繁くこの船宿に通い、多くのメタルスッテや専用ロッドが生み出された。
今年も日本海にケンサキイカがやってきた! 不漁だった昨年だが、今期は当たり年の気配。山陰エリアではすでに好漁の報が届いている。本場、福井越前沖はもちろん、金沢沖、上越〜中越沖でも釣れ始めた。今シーズン、最新釣法であり最高に楽しいひとつスッテ(イカメタル)釣法でケンサキイカを攻略しよう!!
ひとつスッテイカゲームの聖地、福井県越前沖がいまムギイカが釣れ盛っている。3年前より茱崎港「ディープオーシャン」の浜野秀夫船長が始めた、究極のライトゲーム、ひとつスッテ釣法による夜イカ釣り。
いま最も話題になっている最新のオフショアLT、ひとつスッテのイカゲーム。 元祖はいうまでもなく福井・茱崎港の船宿「ディープオーシャン」だ。7月半ばのケンサキイカ到来のタイミングにあわせて、ひとつスッテゲーム専門船で本格出船。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読