MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

久比里に関する記事

久比里に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
東京湾久里浜沖のアジが好調だ!カワハギと並びアジも周年の看板に掲げる久比里「巳之助丸」では束釣りもまじえ連日好釣果に沸いている!
久比里「山下丸」のカサゴ乗合が3月23日に開幕!トップ30匹前後と順調な釣果が上がっている。アタリが多く老若男女楽しめるのが東京湾のカサゴ釣り!ゴールデンウィークにぜひおすすめしたい釣りだ。
春本番が近づき、東京湾でカサゴ釣りが開幕。近隣でいち早く乗合船を開始した久比里「山下丸」にお邪魔した。前半は潮が流れず苦戦も、後半上げ潮が効きだすと大型のメバルまじりで良型カサゴが連発した。
剣崎沖のカワハギが絶好調!1月末に久比里「山天丸釣船店」のカワハギ船を取材。海況がよくなかったにもかかわらず、トップ釣果28枚。取材日の4日前にはトップ釣果54枚を記録!サイズも良型!今がチャンスだ!
水温の低下と共に、徐々に深場へ落ちて群れを作るカワハギ。東京湾も例外ではなく水深40〜50mの深場でキモを蓄えた良型の数釣りが楽しめるようになる。メチャ旨の良型が釣れる剣崎沖へぜひ釣行を!
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
「2019ダイワカワハギオープンが12月7日に開催された。優勝者経験者が多く揃うハイレベルな大会になったが、後半、驚異の伸びを見せた林良一選手が2度目の栄冠に輝いた。
東京湾口 カワハギ大乱舞中!いよいよカワハギの好シーズン!各エリアも上向き傾向でおもしろくなってきている。今回は飯田純男さんが基本ハウツーを解説。数にこだわるのもいいけれど、1枚ずつを楽しんで釣ろう!
横須賀・久比里出船のアマダイは初秋ごろに開幕。来春までとかなりロングランで楽しめる。剣崎沖周辺は50㎝オーバーが釣れるポイントで、今シーズンもすでに複数本ゲットされている。今年も絶好調の予感アリだ!
アマダイ船をスタートしている久比里「山天丸釣船店」。剣崎沖では開幕から連日、大型が取り込まれ、今後もしばらく大型ラッシュが続きそうだ。タックル、仕掛け、エサ付け、基本の釣り方&釣果レポートを紹介!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読