MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

鹿島沖に関する記事

鹿島沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
12月1日茨城海域ヒラメ全面解禁日!ということで、すでに開幕している部分解禁エリアの状況を徹底分析し、さらに例年のパターンを融合させた攻略法をお届け!今後の釣りが有利になり、爆釣間違いなし!
イナダやワラサ、ヒラマサ、サワラといった青物たちが回遊中の鹿島沖で青物ジギングが好調だ!1セットだけの持参であれば、大型に備えてPE3号を巻いたスピニングリールをセットしたタックルをオススメする。
鹿島沖テンヤマダイが好調。タックルは専用竿に小型スピニングリールで仕掛け、ノット、エサ付け、釣り方まで詳しく図解。釣り場は浅場主体でアタリ多く大型も!ハナダイ、ショウサイフグなどゲストも豊富。
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
夏が旬といわれるマゴチが浅場で釣れている。ここ数年で確立した釣り方はテンヤにソフトワームを装着するというもの。簡単に言ってしまえばルアー釣りだが、いまやエサ釣り師たちのスタンダートな釣法なのだ。
鹿島沖のテンヤマダイは浅場で釣れる時期に突入! 「灘のほうでは乗っ込みマダイがいますが、口を使わず乗っ込みももう終了です。今後は灘では浅場、沖のポイントが楽しくなります」と「安重丸」の安重船長。
鹿島沖のマゴチは6月1日から解禁した。「テンヤ+ワーム」で狙うスタイルでは、多くのポイントでアタリがあり、まずまずの釣果!さらに上向いていることが期待される鹿島沖のマゴチ!パターンにハマれば連発もある!
鹿島沖の青物がようやく本格化して来た。まだ日ムラはあるものの、ヒラマサにワラサ・イナダがジギングで好調に釣れているのだ。
鹿島沖では4月から緋色したメヌケが好調!メヌケ以外にもマダラやアカガレイ‥‥等、まさに満開のお花見気分!百花繚乱咲き乱れる釣りを楽しめる。海況が安定する今後は入門にも最適。メヌケ釣りは7月まで続くぞ。
鹿島沖で好調なメヌケ&マダラ。通常の潮の流れなら中型電動にPE6~8号、350号オモリで狙う。水深300mで、狙うは4㎏前後!基本「数より型」だが、提灯行列も夢ではない!産卵後の荒食いがある5月はさらに期待大!
1 2 3 4 最後

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読