MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

新潟に関する記事

新潟に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
上越沖、春まで続く秋パターンのマダイシーズン開幕中!直江津港の老舗「第二八坂丸」では9㎏の大ダイキャッチ!大強烈な引きを味わおう!!
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
新潟県間瀬港「光海丸」の大アラ!夢の10㎏超級が最もリアルに感じられる釣り場のひとつだ!エサ釣りと同乗OKのスロージギングも含め、毎年高確率で「幻魚」が浮上する!
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
新潟県上越・直江津沖の初夏の2大乗っ込み魚であるヒラメとマダイ。早くもヒラメが乗っ込み中だ。全国的に珍しい夜のヒラメ釣り。直江津沖の水深20〜30mでアンカーをうってのカカリ釣りで狙う。
新潟 中越エリアでは、佐渡島沖の激旨オキメバル狙いに出船。間瀬港「光海丸」では、看板メニューの沖五目にも出船!大型マゾイ&アラがメイン!特にマゾイはタヌキメバルとも言われ、良型は幻級の高級魚だ!
上越沖のプレ乗っ込みがシーズンイン!直江津港「第二八坂丸」ではコンスタントに大ダイがあがり、2月21日には11㎏、翌日には7.7㎏がキャッチされている!
いよいよ日本海に春到来!新潟・上越沖のプレ乗っ込みマダイが開幕した。なんといっても、魅力は良型サイズ!ベテランもビギナーも基本釣法をおさらいしてシーズンを楽しもう!!
新潟県中越の寺泊沖のマダイに注目!自主禁漁が今期から解除!周年、マダイ釣りが行われるようになったのである。昨年から小ダイが多く、突如ドカンっと大ダイがヒット。このパターンが継続しているというのだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読