MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

富浦港に関する記事

富浦港に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載され内房富浦港「共栄丸」の乗っ込みマダイ釣り取材の様子を動画で公開。
東京湾周辺エリアの超一級マダイポ イント、内房富浦沖のマダイが乗っ込み本番を迎えている。少量のオキアミでマダイを浮かせて!!自己記録更新サイズの大ダイを釣ろう!!
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
千葉県側の東京湾口に位置する富浦沖では3月末より、マダイの乗っ込みが本格化。4㎏を超える大ダイがあがり始めた。乗っ込みXデーはこれから。富浦沖で自己記録更新サイズの大ダイをキャッチしよう!!
内房のマダイのメッカ、富浦沖の横瀬が乗っ込み本番!富浦港「共栄丸」ではハリス12mタナは高めで攻め、落とし込みの誘いが最大の武器!
気持ちいい新年を迎えた関東周年。富浦沖は、高水温が続き、すべての魚たちが高活性!ナイスボディの個体がそろう!冬の落ちのマダイシーズンはこれから!良型マダイを求めて富浦沖へ行こう!
前半はコマセ五目でお土産を確保し、後半のんびりアマダイを狙う。そんなゼイタクなプランが楽しめるのが内房・富浦港の仕立船だ。真冬の一日を仕立てで各種リレー釣りなど楽しんでみよう!
内房・富浦沖のタイ五目が絶好調!水深35mほどの浅場で多彩な魚を狙う五目釣りで、マダイ、ハナダイ、イナダ、大アジと美味しい魚ばかり釣れ上がる。LTタックルでも十分楽しめるのでおすすめだ。
各地でヒートアップしている乗っ込みマダイの終盤戦だが、内房・富浦沖も連日、良型が顔を出しているので要チェックだ。釣り方は上からのタナ取りで、マダイを浮かして仕留めるスタイル。良型連発で楽しめるぞ!
つり丸ちゃんねる
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸定期購読