MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

西伊豆沖に関する記事

西伊豆沖に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
西伊豆沖では食わせサビキがシーズンイン!イワシやアジ、サバなどをサビキで釣り、そのままそれを泳がせてフィッシュイーターを掛ける。今期は定番のヒラメのほか、マダイも多い。 高級魚を狙ってみよう。
夜ムギイカの釣りは2種類。竿釣りと手釣りだ。竿の場合はプラヅノ、ウキスッテをブランコ仕掛け、直結仕掛けで狙う。この地域独特のエサ巻き仕掛けで狙う人も多い。手釣りの場合はウキスッテメインの直結仕掛け。
西伊豆沖のオニカサゴ釣りの特徴は、派手な仕掛けが有効であること。石花海同様、世界に稀にみる海溝、駿河トラフに接しているのも、その理由のひとつかもしれない。派手な仕掛けとはなにか。エサを大きめに付け、ハリにはタコベイトなどのいわゆる光り物を各種装着。さらに、テンビン付近に水中ライトを付けるというもの。
食わせサビキ釣りとは何か!? イワシや小アジなどの小魚をサビキにかけて、その魚を回収せず、そのまま生きエサにして、ヒラメやカサゴ、青物などを狙う釣り方だ。エサの生きのよさはもちろんのこと、そのベイトに群がるフィッシュイーターたちを即座にターゲットにできる、マッチ・ザ・ベイトの優れた釣法なのだ。
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読