MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

ひとつテンヤマダイに関する記事

ひとつテンヤマダイに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
茨城エリアのテンヤマダイは、年内がベストシーズン!この時期は数、型ともに楽しめる。またゲストも豊富で、定番の根魚をはじめ青物もヒット。日立久慈港「大貫丸」でもアタリが多く、今後も爆釣が期待できる!
鹿島旧港「義心丸」では、現在2便態勢でひとつテンヤマダイに出船。ハナダイ、青物、根魚、ヒラメやホウボウなどゲストも多彩。テンヤ&タイラバタックル、釣り方の基本を押さえて「紅葉鯛」を手にしよう!
テンヤマダイが盛んな茨城、外房エリアは、いよいよ秋の好シーズンに突入。この時期は浅場で多彩なゲストがまじり、突然の大型のヒットもあるので侮れない。さあ、秋のテンヤマダイに出かけよう!
港の目の前一帯が好漁場。日立久慈港。究極のライト釣法「ひとつテンヤマダイ」で狙うターゲットは「3段引き」とも呼ばれ強烈に引くマダイ!夏はゲストが多彩でアタリ多く一日楽しめる!
【テンヤマダイ編】マダイファン待望の乗っ込みシーズンがやってきた!産卵を前に気難しい面を見せる乗っ込みマダイ。そんなマダイを食わせるには、ベーシックテクニックをマスターしておくことが重要だ!
真夏の飯岡沖では、ひとつテンヤマダイがおもしろい。ほぼ周年、数あるポイントのどこかでタイが狙える飯岡沖だが、今は水深10~15m前後の浅場のポイント中心に狙っている。浅場なので底ダチが取りやすく、ビギナーにも釣りやすい時期だ。
鹿島沖のひとつテンヤマダイは春から秋を中心にほぼ周年楽しめるが、夏のシーズンもおもしろい。鹿島港「義心丸」では、6月4日に7.84㎏の大物が上がった。「鹿島沖には春と秋にシラスの群れが来て、それを漁船が狙います。シラスがいるときはそれを追って魚の活性が高くなるので、マダイも大型が期待できる。
ほぼ周年ひとつテンヤでマダイが狙える飯岡沖だが、これから夏にかけてはポイントが比較的浅場になり、ビギナーでも底ダチが取りやすく、釣りやすい時期だ。このところ、大ダイはそれほど多くないものの、1~1.5㎏前後の「食べごろ」サイズを主体に、トップ3~6枚前後釣れており、日によっては2ケタ釣果も狙える状況だ。
年明け早々にはイワシに付いた大ダイフィーバーに沸いた外房・川津沖の一つテンヤマダイ。6月初旬の時点では、青物や根魚といった嬉しいゲストまじりで楽しめている。
冬場から好調が続いている鹿島沖のテンヤマダイ。4月に入ると大型、良型マダイの釣果が目立つようになってきた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読