MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

葉山あぶずり港に関する記事

葉山あぶずり港に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
立春も過ぎていよいよマルイカが本格始動した。今シーズンの相模湾はまだやや深場ながら良型も多く乗りは上々! テクニックを駆使してズンズンと乗り味を楽しもう!!
更新: 2019-02-28 12:46:23
キハダ&カツオのシーズンが終了すると、50㎝オーバーの大型に的を絞った「デカアマダイ船」を出船しはじめるのが葉山あぶずり港「たいぞう丸」だ。コンスタントに50㎝オーバーが取り込まれるようになった。
更新: 2019-01-22 17:00:00
竿はリレーで使うノーマルのアマダイ用がイシダイには最適(もちろんマダイ用でも問題ない)。仕掛けは、ビシはマダイもイシダイもサニービシLの80号。ハリスは4号6m2本バリ、マダイと同じで大丈夫。
更新: 2019-01-15 00:49:45
ヒラメとアマダイのタックルは同じでも分けてもどちらでもいいだろう。同じ場合は、1.6~2mほどのゲームロッドに小型電動リールを組み合わせる。竿は共通で使用するなら7対3調子が扱いやすい。
更新: 2019-01-08 01:08:13
「たいぞう丸」では、ノーマルタックルとライトタックルの選択が可能だ。使用する道糸がPE3号以上の場合はノーマルタックルに分類。その場合はオモリ80号を使用する。道糸1~2号はライトタックルに分類し、その場合はオモリ60号を使用する。
更新: 2018-12-21 01:03:27
「たいぞう丸」の「デカアマダイ船」の狙いは、50㎝オーバーの大型アマダイだ。だからといって、ゴツいタックルと太く頑丈な仕掛けで狙うわけではない。相模湾のアマダイ釣りで使われているごく標準的なタックルと仕掛けで狙っているのだ。
更新: 2018-12-10 00:59:20
8月に開幕を迎え1ヵ月ほど経過した相模湾のコマセ釣り。カツオはある程度数もまとまってきた。大型キハダは8月後半から少しずつ見られるようになっており、群れ自体はかなり相模湾に入っているようなので条件は整ってきている。
更新: 2018-09-18 00:51:05
葉山あぶずり港「秀吉丸」は、3隻態勢でキハダ、カツオを狙っている。2隻、3隻で狙う船宿は多いが、それぞれ狙いが微妙に異なってくるのでまずは最初に理解しておこう。今回取材で乗船した栗飯原力太郎船長の「第八秀吉丸」はキハダメインに狙っている。
更新: 2018-07-13 07:14:45
「今年は昨年とは比べものにならないほど難しいです」と話すのは、相模湾イチこのキハダ・カツオに熱い船長といっても過言ではない、葉山あぶずり港「たいぞう丸」山本真一郎船長。
更新: 2018-07-17 01:04:53
今シーズンの相模湾は早くからルアーで大型キハダが数多く取り込まれ、「今年はいる!」と多くのファンに期待されて8月1日のコマセ釣り解禁日を迎えた。
更新: 2018-07-17 01:04:24

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読