MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

走水港に関する記事

走水港に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
シ ケ気味の日でも出船率が高く楽しめるのが東京湾のビシアジ。走水港「関義丸」は午前午後の一日二便態勢で出船。半日でトップは20匹台~30匹台の釣果が続いている。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
東京湾のビシアジが絶好調!近年、大アジの魚影は抜群。半日もあれば、レンタルタックルのビギナーでもお土産十分の釣果を期待できる。今後はマダイやクロダイがゲストにまじる。ベテランも大注目の走水沖だ。
東京湾の走水沖は速い潮に揉まれて美味な大アジが育つ海。そこで40㎝超の瀬付きアジを狙って出船しているのが、走水港「吉明丸」11月はベストシーズン。魚屋には出回らない特別な大アジを釣りに出かけよう。
東京湾のアジ釣り一級ポイント走水沖は早くも絶好調!アジの数釣りが、例年より早く連日爆釣モードに突入した。走水沖のアジはサイズも魅力。40㎝を超える特大アジも夢ではなく、多くのアジフリークが訪れる。
春から夏にかけてが旬と言われるマアジ。今まさに脂が乗って美味しい時期だ。東京湾・走水沖は言わずと知れたアジ釣りのメッカ。速い潮が大型で美味しいアジを育んでくれるため、周年大型アジ釣りが楽しめるぞ!
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
真冬の東京湾のアジ。特に寒期は脂がのって極上に!刺身はもちろんのこと調理しても味はバツグン! 関アジに匹敵する東京湾 走水のビシアジ。釣りごたえも食べごたえもバッチリ!!
つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読