MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

下田須崎港に関する記事

下田須崎港に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
大型キンメ!11月3日、下田須崎港の「宝栄丸」は満員御礼。この日の2船はトップ28枚、ほぼ全員が2桁釣り&1㎏前後を3~26枚で船中100枚!満足釣果と言えるだろう。本格シーズンを実感する好釣果。
新島沖のキンメダイはキンメの水揚げ日本一を誇り、最高級品として取引されている「地キンメ」ブランド。他と一線を画す脂の乗り=味覚。大型では60㎝、3㎏を超す魚体。梅雨時は海状も安定し、ベストシーズンだ。
「はい、やるよ。前から入れて」。「ほうえい丸」土屋忠宏船長の声に、一瞬で甦る若き頃の記憶。銭洲、御蔵、新島、利島、金洲に神子元…「忠兄ィ」こと土屋船長の元で繰り広げた、エキサイティングな釣りの数々が走馬灯の如く脳裏を過る。この日は忠兄ィと28年振りのキンメ釣り。
最近、思うような釣果を出せずウップンを溜ためている人に超オススメ! 南伊豆のイサキ釣りが夏場の最盛期・産卵前の荒食いを迎え、ただ今、爆釣モード全開で釣れまくっているのだ!!
毎年これでもか! ってくらい釣らせてくれる南伊豆のイサキ。今年も釣り人の期待を裏切ることなくたくさん釣れている。
ミヨシ2番の平間さんがアブラボウズとの息詰まるバトルが繰り広げている最中、ミヨシの小野寺さんが連ねた見事な緋色に湧き上がる歓声と溜息。新島沖の夏キンメを釣る。
南伊豆・下田エリアは、関東エリア随一の魚影を誇るといっていいほど超優良ポイントだ。ほぼ一年中楽しめ、サイズも30㎝以上メインに、トップ70〜80匹という高水準の釣果が並ぶ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読