MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

ウメイロに関する記事

ウメイロに関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
銭洲・御蔵島は4月の解禁直後から良型カンパチが回遊中。冬場でも水温が下がらずに安定しており、ゲストの定番、高級魚のウメイロが大発生。夢の大物、激うま魚が盛りだくさんの伊豆遠征釣りに行こう!
大物聖地 銭洲同様、金になる瀬という意味の御前崎 金洲。青物の泳がせ釣りと同時にコマセ釣りで五目釣りができるのが魅力。今後は状況に応じて近場の御前崎沖も五目&泳がせスタイルで狙っていくという。
大物&高級魚たちがひしめく大物釣りの聖地・銭洲が、今期も好調持続中。チビムロの泳がせで 良型カンパチが爆裂中!開幕から例年以上の釣果。高級五目も好調キープ。爆釣ワンダーランドの銭洲へGOだ!!
大物の聖地、銭洲がおもしろい! 4月に解禁したシマアジ五目好調からスタートし現在は例年通りカンパチが楽しめている。 昨シーズンのカンパチは絶好調だったことは記憶に新しいが、今期も同様の気配がしている。
欲張り派のアングラーはもちろん、グルメ志向の釣り師や大物師たちが大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイなどの高級魚を狙う静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
今期の銭洲は空前のカンパチラッシュでにぎわっているが、相手は魚、潮の流れ方や水温によって日ムラは否めないのも確かだ。しかし、この秘境にいけば、必ずといっていいほど、高級魚が釣れる。大物釣りの聖地を呼ばれる所以はここにある。
夏の遠征釣りがヒートアップ中の伊豆諸島海域。静岡県内からJGという限定近海許可を持っている遊漁船が行ける、もっとも遠い伊豆諸島のポイントのひとつがイナンバだ。
今年の春は乗っ込みマダイが釣れ盛っていた御前崎沖。春のマダイが一段落した5月半ば過ぎ、御前崎港「茂吉丸」はそれまで御前崎沖のマダイを狙っていたが、金洲狙いに変更した。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読