MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
最新釣果情報

伊東港に関する記事

伊東港に関連する記事一覧です。つりまるは沖釣り専門誌「つり丸」の編集部が厳選した釣り情報を配信中。釣行レポート、魚情報、船宿一覧、寿司ネタコラム、製品情報など、釣りに関する情報が満載。

表示順:
旬の良型イサキをメインに、シマアジやマダイの高級ゲストまじりで楽しめる!東伊豆南沖遠征五目!状況によってヒラマサやカンパチなどの青物が回遊することも!
東伊豆周辺の根魚が本格シーズン。伊東港「達丸」は浅場のカサゴ&アカハタ狙いで出船。カサゴは30㎝級良型まじり。アカハタは30㎝前後、時おり40㎝級がまじる。今回も44㎝という大型が取り込まれた!
伊東沖のデカ旨イサキ釣りが開幕!ここのイサキのウリは、見事なサイズと食味。40㎝級は普通!50㎝の大型も期待できる!「これがイサキ?」って驚くほど、脂の乗ったイサキが港から至近のポイントで釣れるのだ。
東伊豆川奈沖のイサキ釣りが始まった!狙っているのは伊東港「村正丸」半日船でトップ20匹前後の釣果!今年はこれにシマアジが加わり最強タッグを形成中だ!
東伊豆のオニカサゴが、好調キープ!数釣りも楽しめるエリア、伊東港「三好丸」へ釣行。オニカサゴ釣りとしては水深が浅いのでビギナーでも楽しめる。メチャうまの高級魚をイージーに釣るチャンス到来です!!
11月末から東伊豆のイカブリが開幕。一時は船中100本以上の釣果も報告され、食いが良いときは船中数十本の釣果もあり、3〜4㎏級のワラサが多いが8㎏級のブリも期待できる。
東伊豆・初島沖のワラサがようやく食いだした。11月上旬になってようやく回遊の報が届き、伊東港「村正丸」から出船。定員ちょうど10名の釣り人を乗せた船はベタナギの海をゆっくりと初島沖へと向かった。
東伊豆、伊東沖で秋のマダイが好調!今回の取材でも良型2.5㎏、2.4㎏、4㎏と型物が連発している。釣り場が近く、豊富なゲストも魅力で特大アジやカイワリはレギュラーゲスト。今後も爆釣の期待大だ!
東伊豆の伊東から川奈、赤沢周辺は、紺碧の海と切り立った崖の上の緑が入りまじり、風光明媚な海岸線の風景を作り出している。岸壁をひと目見て分かる通り、沖の海底は根が続いている。つまり根魚の宝庫だ。
伊東から出船のイサキは、例年3月15日に解禁となる初島沖から始まるのが常だったのだが、今年はその前に川奈沖で食い出したとのこと。川奈沖といえば脂の乗った特大イサキのポイント!これからの季節は期待大!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸定期購読